<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
パーティとゲーム

大きなゲッシさんのお友だちの結婚パーティでした。

とても可愛いらしくて聡明で、それでいてオタクなお嬢さんだけに、お友だちも皆んなバリバリに働いている綺麗で面白い女の子たちなのが最高でした。業界の同年代の3人娘で良く飲んでいたそうで、その方たちと一緒のテーブルだったのですが全員がバタバタと数ヶ月おきに結婚したそうなのです。なんてラッキーなタラレバ娘たち♪と思ったのですが、恋愛相談とか「結婚したいー!」とか何なら彼氏の話をしたこともなく、ただ全員「実はこんど結婚するから」という事後報告だったそうです。で、話の内容はいつも趣味の話だったそうな。そうだよ、絶対にそういう子のほうが決めてくるんだよ、と全国のタラレバ娘たちに教えてあげたい。

写真は帰り道、教えてもらった美味しいパン屋さんの隣の雑貨屋さんで買った亀の子スポンジです。亀の寿命と同じぐらい、末永くお幸せに〜♪

20m.jpg

 

その美味しいパン屋さんの前で、プチ花ちゃん。

プチ花ちゃんは会場のお優しいオーナーさんの息子さんが同じ年で、以前いっしょにゲームで遊んだことがあり面識があったので、パーティの最中はご自宅に預かってもらっていました。ありがたい〜。

で、戻ってきてからシクシク泣きべそ。息子さんのお友だち男子が他に3人いたとのことなので、さすがに小学校では男子の一員みたいなプチ花ちゃんも知らない男子4人組は無理だったか、と思ったら「わたしが帰る直前に新しいゲームが始まった……!もう一度戻ってわたしもそのゲームがしたい……!」とのこと。お前の頭はゲームだけか!(笑)でも、仲良くしてもらえたようで本当に助かりました。ありがたさMAXです。

20k.jpg

絵を感じる

先週の4時間授業の日、プチ花ちゃんの友だちと一緒に草間彌生展に行ってきました。

写真は一応、軽く収集しているトランプです。自分へのお土産に買いました。

草間彌生さんの大きな絵は息苦しくなるほどに圧巻で、タイトルも深刻なものが多く、併せて観ているとだんだん空気が濃密になって身がぎゅうっとなりそうになってきたのですが、子供たちが「戦争」という名前が入った前で突然、連想したのか戦争ジャンケン「ぐんかんぐんかんハーワイ!」「ハーワイハーワイちんぼつ!」を始め、「おいおい、君たち、やめたまへよ」とおかしくなったら楽になりました。

19m.jpg

 

子どもたちは入口にあった丸いシールをもらって指定の部屋に貼ったり、顔に貼ったり、バッグに貼ったりが楽しかったようです。

シールを貼ってよい小部屋はどこもかしこも貼り尽くされていたので、顔に貼って外に出て、それを洋服やらお互いやら親やらに貼り替えて楽しんでいました。そんな楽しみもまた良し。またプチ花ちゃんと体感で味わう展覧会に行けて嬉しかったー♪

19k.jpg

 

手帖のなかみ

机に置き忘れそうになった、ほぼ日手帳。

最近、お仕事のことを書くことも多くなり、ますます活躍中。元ゲーム屋さんテレビ屋さんのママ友会社の件でいろいろと動いていたら、ぼちぼちとわたしにもお話をいただくようになり、それに伴って少しの方向転換を行いながらお仕事が始まっています。なんだかありがたいことだなあ。

わたしの人間関係と、働くママ友の人間関係と、大きなゲッシさんの人間関係が混ざることが多くて、とても新鮮です。いろんな方面の才能がマッチングしていくさまを身近で見られてワクワクします。プチ花ちゃんの親離れと比例するように、お仕事が少しづつ手元に増えていくと嬉しいな。ほぼ日手帳に見守っていてもらおう。

絹のショール

夕方、お出かけ先でプチ花ちゃんの宿題をするためにチョコレート屋さんに入り、うっかり冷たいチョコレートドリンクなぞ飲んでしまったせいか、日が暮れかかると同時に体が寒い。暑がりのわたしのくせに寒い。バッグに入れておいたと思い込んでいた薄手のカーディガンも忘れてきたもよう。ぶるぶる。

どこかで洋服を買おうかな、でも明日も学校だから早く帰らなくちゃと気が急いていてちゃんと服が選べる自信がないし、場所が青山なだけに洋服も高そうで1回寒さをしのげればいいや、という適当なものを売っている気がしない。と腕をさすりつつ逡巡していたら、目の前に絹専門の小さなお店を発見。

入ってみると、いろんな色の二重になっている絹のショールがふわふわー。わたしより先にプチ花ちゃんが目をキラキラさせていました。サイズ感を見ようと、サンプルのグレー&モーブ色のショールを羽織ってみると、思ったより顔うつりがいい♪他には少し緑の入ったネイビーのショールを買って、こちらはプチ花ちゃんの体に巻き巻き。(プチ花ちゃんはちゃんとカーディガンを忘れずにバッグに入れていたのですが、せっかく2枚買ったのに、色違いで巻いてみました)

週末には若いお友だちの結婚お食事会があるので、青いワンピースに羽織っていこう♪

16m.jpg

パンで起きる!

毎朝、眠ーい!

けど、美味しい朝ごはんがあるならば起きられる。「パンとエスプレッソと」のベルデというオリーブを練りこんであるパンに、クリームチーズや蜂蜜をつけて食べるのだー!と思えば何とか体を起こせます。

くどいようですが、得意ではない食材は美味しいものではないと特に食べたいとは思えず、パンもまたしかり。そしてトースターもカリッと焼くのではなく、バルミューダでほんのり温める程度が好きな生パン派です。

17m.jpg

クレイ洗顔

最近、泡で洗い流さない洗顔に凝っています。

LUSHが日本に入って来たばかりの頃、良く使っていた「天使の優しさ」を久しぶりに買ってみたら気持ち良くて、もう一段こってり油分の強い「毎日が晩餐」を朝と夜で併用してみたら、これがまた肌に合っていたようで、春なのに肌荒れ知らずの毎日。

毎年、花粉症の季節には肌が敏感になってボロボロのカユカユになるのですが、今年は油分を足す方向の洗顔料で乗り切れたかもしれません。いや、そのような外的要因ではなく、体内のもっと他の理由かもしれませんが、とりあえず肌にNO!と言われるまで続けてみようかなーと思っています。

それでも現状、オススメはオススメ。kojutoさんに話したら「あのラードにそっくりな洗顔料でしょう!」と言われ、思えばラードにしか見えなくなってしまいましたが、本当はトウモロコシだそうです。だからポップコーンがのっているんだ。なるほど。

15m.jpg

忙しい母の日

今日も今日とて、予定がたてこんでいるバタバタな日曜日。

まずは朝から友だちと実験教室です。4年生になってクラブ活動が始まったら科学部に入りたいと言っているほどの実験好きなので、機会があれば行かずにはおれません。毎週のように色んな場所でワークショップが開催されていて良かった!今日は印刷の3原色の実験でした。黒いペンのインクの配合を調べてみたりして面白い♪

その後はお友だち家族とランチを一緒に食べてから、午後から別のお友だちとバイオリンのリハーサル。

14m.jpg

 

その後は、大きなゲッシさんやうちの両親と合流して「母の日」お夕飯でした。

大変おいしいお夕飯をご馳走になったのは嬉しいのですが、プチ花ちゃんが生まれて初めて自発的に作ってくれた、わたしへの母の日のプレゼントが雑すぎて大笑い。

確かに虚礼廃止の我が家。特にプチ花ちゃんのお誕生日以外は何ひとつ祝うこともなく、欲しいものができた時に欲しいものを買ってもらえる権利を有するのだけがお祝いなのですが、このプレゼントは適当にもほどがある!けど、プチ花ちゃんらしくて楽しかったです。肩たたき券、誰からヒントを得たんだろう?たたいてもらったことなぞないのだけどw

14m2.jpg

小さなティーポット

覚えていらっしゃる方も少ないと思いますが、ピピハムビヨリを始めた2001年当初、わたしは紅茶にはまっておりました。紅茶そのものもですが、ティーポットやティースプーン、ティーコゼーなどの茶器類がとても物欲をそそってくれたものでした。世の中も紅茶と親和性が高かったのか、素敵な専門店があってあれもこれもと目移りが止まらなかったのに、もう広尾にLAWLEYS TEA HOUSEも下北沢にWEEK END TEA HOUSEもない悲しさよ。

ティーポットの中にティーポットが描いてあるLAWLEYSのポット、大切にしよう。

13m.jpg

 

LAWLEYSの一人用ティーポットを大切にするあまり使えません(笑)そのうえ、きちんとした淹れ方よりもっと気軽に飲みたいと思い、茶葉を多めに紙パックに入れて、熱々にしてある大きいカップにこれまた熱湯をそそぎ、お皿でふたをして蒸してみました。

写真のカップもお皿も下北沢のpecheのものです。メーカーを検索してみるとフランスの食器屋さんみたいなのですが、他に取り扱い店が見つけられず残念。LAWLEYSなき今、pecheに行かねば!

13m2.jpg

 

たっぷり蜂蜜を入れたキャンブリックミルクティーにしてみたのですが、濃く淹れられて大満足。薄く淡い複雑な味が楽しめるような舌ではないのです。濃い深煎りのミルクコーヒー、焼肉、餃子、タルタルソースが好物なわたしは、紅茶好きな方にとっては邪道なほど濃く甘くするのが大好きです。日差しが強くなってくると熱いコーヒーより、熱い紅茶のほうが美味しく感じられます。

13m3.jpg

枯れた薔薇

ふとテレビをつけっぱなしにしておいたら、外に咲いている薔薇を切って家の中で飾っても、日光が足りなくてすぐに枯れてしまうという番組が流れていました。

確かに、それなら実家のお庭からつんできた薔薇の花がすぐにダメになるはずだ。そこで日当たりの良い出窓に薔薇を置いていたところ……そのまま忘れて、結果、やはり気づいたら枯れていました。

でも、枯れた薔薇はいい!まさに薔薇の後ろに写っているiPhoneで遊んでいる、hidden cityの探し物を見つけた気分!

 

禍々しいアイテムの中、枯れた薔薇もまたそのひとつ。

こちらは収集家の家。ゲーム内の説明一部抜粋「収集家は姿を消してしまいましたが、まだ彼はここにいます」

どこにいるんだ!?収集家!怖い。そして薔薇はバケツに刺さっています。部屋の雰囲気は収集家というより探偵の部屋のようで、とても好みです。わたしはここに住みたい!(姿が見えない収集家がいなければ)奥の部屋にあるに違いない破けたソファで寝起きして、でもとびきり熱くて美味しいコーヒーを朝から淹れます。あ、行天が淹れてくれるはず。いや、行天は淹れてくれないから、俺が淹れないと!それじゃ探偵事務所じゃなくてまほろ駅前にある便利軒だわ!

12m2.jpg

 

こちらは、邸宅の門。ゲーム内の説明は「邸宅の謎の女主人のために、多くの人がここに贈り物を置いていきました。それらの贈り物はまだここにあります。明らかに、誰かが望まれていない訪問者を呪おうとしたようです」

呪うなよー。収集家の家とは真反対の、そのモテモテっぽい女主人に贈られたプレゼントとおぼしき宝石やアクセサリー、化粧品やチョコレートやお花がちらばっている女性らしい場所です。甘ったるく腐敗している。キラキラが錆びて埃がかぶっている感じ。ここの薔薇は枯れていませんが、その鮮やかな紅色がまた怖い。と、相変わらずHidden Cityに住みついている毎日なのでありましたw

12m3.jpg

 

赤いシリーズ

机の引き出しを整理していたら、1999年から2000年初めぐらいに使っていたシステム手帳が出てきました。赤い革の手帳だー♪

pipihamを始めたぐらいにも使っていたようで、フチを花ちゃんにかじられているのが愛おしい。ボロボロだけど、この手帳も好きだったなー。だいぶ前だけど、ルギア爆誕のポケモン映画を見に行った時、働くポケモン好きお姉さんの会で撮ったプリクラが入っていて笑いました。相も変わらずポケモンポケモン大騒ぎな自分に驚愕。ポケモンは進化しても自分は進化せず(涙)

そんな悲しみを吹き飛ばそうと、今年のほぼ日手帳と、小さいふと一緒に並べてみました。今年のラッキーカラーと聞いた赤シリーズです。

 

毎晩9時に日替わりデザインが出品される「今日の小さいふ」で買った、このカワイコちゃん。

9時ジャストに売り切れるものも多い中、よくぞわたしを待っていてくれました。でももったいなくて、まだ使えていません。もう1個前に買ったピンク色の小さいふを愛用中です。ちょっとそこまでバッグに、いつも入れてあります。なにかの区切りにこの子も使い始めよう。