<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Au Temps Jadis

最近、目にうつる全ての風景がHidden City ~Mystery of Shadowsに見え、全ての生けし生きとしものがフレンズに見えて仕方がないピピです。

そして、いま挑戦している(そして今後は入れなくなりそうな予感の)「トロールの市場」が可愛くてなりません。特に好きなアイテムが「バスケット」です。

28m.jpg

 

バスケットの中に入っているカラフルなドットのついた丸い謎の物体は何なのでしょう。

わたしには裁縫セットに見えます。昔、Au Temps Jadisで買った楕円のケース入り裁縫セットのような。または可愛い待ち針がささった針山でもいいな。でもカップケーキかな。イースターエッグも入っているし。

28m2.jpg

時には高い所

恒例♪お友だちとのポケモンセンター。

ポケ友によってはカードゲーム大会、ポケ友によってはショッピング、そして今日のポケ友はポケモンガオーレというアーケードゲーム目当てDAYでした。その後はサンシャインの59階でランチ。サンシャインはB1〜3Fにレストランがあるのですが、お昼すぎから午後遅い時間までずっとずっと大混雑。それに対して59階まで登ってしまうと、すばらしいパノラマ大展望な上に、それほど高くない値段で並ばずに入れるのです。なんという穴場!お友達に教わってからは、「焼肉が食べたいからトラジじゃないと!」みたいな場合じゃない限り、59階に行っています。「耳がキーンとする!」と子供たちが騒ぐのだけが面倒ですがw

でもタワーマンションの上のほうに住んでいる人は毎日こういう眺望で、家から出るたび帰るたびに毎日こういう登り下りして、それが普通の生活というのがすごいなーと思います。不思議な感覚。

27m.JPG

西麻布広尾中目黒

「こんなものが舗道に!なぜ!どうして!?」

底知れぬ西麻布の謎におののくプチ花ちゃん。

それは港区が酔狂だからだよ。酔っ払わせる場所多いしw 西麻布から広尾にかけて、昔ながらの路地にあるとても古い民家やアパートを愛でたり、「大使館?いや、民家!?」という豪邸を見て驚いたり、杖をつきながら散歩しました。杖さえついていれば、転ばぬ先の杖ならぬ、足が痛む先の杖になってくれるのです。

26k3.jpg

 

「こんな素晴らしい遊具が!なぜ!普通の公園に!?」

底知れぬ広尾の謎におののくプチ花ちゃん。

それは港区がお金持ちだからだよ。隣にある笄小学校の児童たちに「毎日、ロープウェイができるんだ。いいな」と垂涎の眼差しを向けるプチ花ちゃんを見て「また来ようね」とお約束。小さな児童公園なのに、そのほかのアスレチック的な遊具も充実していて、そしてハーフのカワイコさんが半数ぐらい、そして白いブラウス、紺のジャンバースカート、革の靴という正装チックな服の子も土だらけになっていて「さすが広尾」と思わざるをえませんw

26k.jpg

 

「こんなに警察官が!なぜ!駅前に集結!?」

広尾からは電車に乗って中目黒へ。駅前からして、既にとんでもない人混みで、警察の誘導も出ていました。びっくり!

でも桜は、と言えば全く咲いてなくて、木肌に咲いている、ほんのちょっぴりの桜にみんなが群がるように写真を撮っていました。外国からの観光客の方、カップルさん、お友だちグループ、そして我らが家族が顔を合わせて「いま、この木にみんなが救われていますね!」「考えていることは同じですね!」と言葉をかわしあうという、奇妙な咲いていない花見の連帯感に楽しくなりました。これはこれで面白い♪

26k2.jpg

 

「こんなにオシャレなものが冷凍に!なぜ!フランスだから!?」

その後は蔦屋書店でコーヒーを飲みながら本を読んだり、ヨハンでチーズケーキを買ったり、プチ花ちゃんが前髪を美容室を作ったり、噂のピカールでおフランスな冷凍食品を買ったり、中目黒を堪能して帰りました。楽しかった!

26m.jpg

生活のたのしみ展

金・土・日と六本木ヒルズで開催中の「生活のたのしみ展」を楽しんできました。

可愛いらしいファブリック、籠、チェコの雑貨、本、アクセサリー、ガラス、美味しいもの……たのしいものが魑魅魍魎のようにあふれ返る会場で、わたしとプチ花ちゃんはひびのこづえさんのお店で欲しいアクセサリーを発見しました。

そこで知り合いの方たちと色々な場所でお話している神出鬼没の大きなゲッシさんを召喚してプレゼントしてもらおうと思ったら「どこらへんにいるのー?」と着電。「ひびのさんのお店にいるから、すぐ来てお支払いをプリーズします!」と電話を切ったあと、ほく笑みながら「むふふ。大きなゲッシさんたら、飛んで火にいる夏の虫だね♪」と実地体験に基づいた学習としてプチ花ちゃんにことわざを教えておりましたw

 

わたしがちょうちょのブローチ、プチ花ちゃんが偏光パールホワイトの指輪を買ってもらいました。

このイベントにいらっしゃっているナチュラルっぽい皆さまが素敵にファブリックを楽しんでいるのを見てわたしもストールなぞ試着して首まわりにフワリとさせてみたもの、、、似合わない(号泣)かといって、ママ友たちみたいなセレブ風のアクセサリーが似合うわけでなし、いったいどうしたら?との結論がグレー&ブルーグレーの蝶々ブローチです。さっそく着ていた紺のコーディロイPコート(A.P.C)の襟につけてみたのですが、可愛いらしいです。嬉し。

 

そして大行列ができていた三國万里子さんとなかしましほさんによる長津姉妹店でも「おやつミックス」をゲットしました。

帰ってからパンケーキにおかれましては一日の長であるところの大きなゲッシさんが焼いてくれたのですが、生地の味が本当に美味しい!なんですか、これは!こんなに粉からして味わい深かったら、何を焼いてもコクが出そうです。書くだけかもしれませんが、なかしましほさんのレシピで久しぶりにクッキーを焼いてみたくなりました。

25k2.jpg

 

おやつミックスを買うために大きなゲッシさんとプチ花ちゃんに並んでもらっている間に、わたしはコーヒーの列に突撃!熱いコーヒーを2杯テイクアウトして、ちびちびと飲みながらふたりの帰りを待っていました。肌寒いので、余計にしみます。

25m2.jpg

 

そら植物園さんでは、小さなお花見もできたので、その後はテクテク広尾まで歩いて中目黒にお花見に行くことになりました。が、その話はまた今度♪

25m3.jpg

大きすぎた工作

先日、プチ花ちゃんが着手し始めた大型段ボールで街を作るアート作品、ほんの少しづつですが、形になってきています。

そして2年前にkojutoさんと甥っ子くんと一緒に行った21_21 design sightの単位展でゲットした廃材たちが、今ここで役に立とうとしています。

「単位展」の入り口にあった廃材量り売りコーナー。キラキラと美しく、出自のわからぬミステリアスな廃材を前に大興奮して、いろんなものを買ってきてしまったものの「はて?どうしよう?」としまっておいたところ、プチ花ちゃんが工作用引き出しからひっぱりだしてきてくれました。クルンと丸まったカンナで削ったとおぼしきアクリルを雪に見立てるそうです。

娘よ、母の謎の物欲を昇華させてくれてありがとう!調べてみたら、廃材量り売りコーナーは「ナカダイ マテリアル ライブラリー」という、株式会社ナカダイによる「捨てるを使うにデザインする」企画だったようです。ワークショップも「基板でバッジやストラップを作ろう」「LANケーブルを使ってコースターを作ろう」等々、面白そう!

24m.jpg

 

しかし工作はあまり進んでいません。というのも段ボールが大きすぎて普段は大きなゲッシさんの部屋に置かせてもらっているので、リビングまで持ってくるのが面倒。そしてその大きさゆえ気軽な気持ちで始められず「さあ、やるぞ!」と気合を入れないとできないという面倒。

わたしもプチ花ちゃんもなにせ面倒くさがりなので、始めるまでが大変です。さらに手を動かし始めちゃうと止まらないので、まとまった時間の捻出が必要という、面倒の三連コンボ。ああ、ダメダメだ。春だし眠いし♪春休み、のんびりやろう〜。

24m2.jpg

Foil it!

プチ花ちゃんのお友だちが遊びに来たので工作アイテムをご提供。

先日、我が家の工作引き出しが溢れださんばかりにパンパンになっているのに気づいて整理していたら、外国製の工作BOOKが出てきました。型抜きしてある細かいシールを剥がし、その上に好きな色のキラキラシートをあてて転写するという、あまり日本では見かけない工作です。(ただ今、深夜なもので説明する気が薄くてスミマセン)

お友だちは可愛いらしい花や蝶を、プチ花ちゃんは動物をメインに作っていました。で、キツネさんを作っては「フォッコ!これ、ポケモンのフォッコだよね!」と大興奮。XYのスタート3匹のうちの炎ポケモン・フォッコはプチ花ちゃんの大のお気に入りですが、確かにフォッコだからフォックスかもしれない。

23m.jpg

 

幼稚園の頃はバカの一つ覚えのように「フォッコよ!フォッコの“まもる”(技名)!」と男子の中に混じってポケモンごっこをしていたものですが、今ではもう少しキャラも技名も増えたので、少しは成長したのかな。相変わらず、ポケ友とはポケモンごっこはしていますがw

ちなみに、この工作BOOKの名前は「Foil it!」amazonでも手に入るみたいです。可愛くて楽しいです。

23m2.jpg

ケースの話

そろそろプチ花ちゃんの春休みが始まります。休みに入ると当分、大人だけの会話ができなくなるので連日のママランチモード♪前倒しの息抜きタイム〜!

そんな中でiPhone7 Plusに変えた友だちがいて、ケースについての話で盛り上がりました。やはりケース、大事!でもケースによってiPhoneのせっかくのピンクが見えなくなるのが残念ですが、ほんの少しのチラ見せを眺めて溜飲を下げます。

22m.jpg

 

そういえば、iPhone4Sまでは後ろ側だけのカバーで全く不安はなかったけど、plusになると大きさとの比例か薄さが際立ってしまい、手帳型ケースでないと怖くて持てません。カバーなど何もつけずに持っている人を見ると(大きなゲッシさん)「すごい度胸だな、きみ!」と尊敬してしまいます。

とはいえ、iPhone7に変えた大きなゲッシさん、どうやら大きくてすべりやすいらしくボヤいていたので、シリコン製のすべりにくい背面だけのケースをプレゼントしよう。

22m2.jpg

ゲッシアプリ

Hidden City ~Mystery of Shadows」の絵がツボでツボでたまりません。(と、Macを横からのぞきこんでいるプチ花ちゃんに「ツボでツボで、って何?どういう意味?」と聞かれました。そろそろブログをやっているという行為がバレそうで怖い)

このスクリーンショットは「サンタクロースの作業場」にいるリスさんです。クリスマスの雰囲気全開ですが、もちろんMystery of Shadowsだけに、サンタクロースは行方不明だし、登場人物たちがお願いした玩具は全て錆び、壊れ、お酒はお酢になっているという不気味な場所です。ジャン=ピエール・ジュネの「ロスト・チルドレン」に出てきたようなサンタクロースが突然、現れても不思議はありません。

21m2.jpg

 

そして、こちらが「トロールの市場」

夢や幻想が現実になる場所だそうですが、可愛く古びた雑貨が多くて、わたしの一番のお気に入りの場所です。そして、こんなに可愛い琥珀ちゃんが覗いています。奥にはヒヨコも!こっち見んなーーー!(涙目)

そんなわけで、相変わらずハマっています。世界には同じような趣味の人がいっぱいいるのですね。いったい幼少期のどこでどういうフラグが立つとこのような趣味になるのでしょう。違う国で、違う人種で、違う文化で育っているはずなのに不思議です。開発者の方々に市川崑金田一を観てみてほしい〜。

21m.jpg

海のフレンズ達

「春眠暁を覚えず。って本当デスヨネ!」と毎年思うほどに、いくらでも眠れる春の朝。1年通して眠れる自信はありますが、春は特に眠くて眠くてなりません。そこでどうしても午前中かなり遅い時間まで寝入っているのですが、それでも突然「そうだ。油壺に行こう」なんて思ってしまいます。

20m.jpg

 

小さな旅に出た気分で、途中の駅で美味しいインドカレーなんかも食べちゃうために、到着するのは15時過ぎなんてテイタラクですが、プチ花ちゃんともども電車の旅が楽しいので到着時間は関係ないのです。

プチ花ちゃんはゲームを、わたしはほぼ日手帳かiPhoneを京急の旅行風の座席にすわって遊ぶのこそ目的なのでw

で、油壺マリンパークに到着するなり最終のイルカ・アシカショーへ。なんと今回は「ロッキーホラーショー」ならぬ「イルカホラーショー」。ホラー仕立てのイルカショー、、、なんて前衛的な!温泉と迷ったけど、こちらに来て良かったー。

20m2.jpg

 

終わったあとは「カワウソの森」へ。可愛いコツメカワウソがいっぱい。とんでもなく元気が良くて落ち着きがないカワウソさんに「あなたは落ち着きのないフレンズなんだねっ!」と話しかけるプチ花ちゃん、完全にけものフレンズにやられているw

その後も鮫やイソギンチャクとのふれあいコーナーを通りがかった時に「手を洗うのは最後にしたいから、鮫にさわるのは帰りにしなさいよー」と言っているそばから、水槽にズボ!と手を入れて鮫に触っているプチ花ちゃんに「あなたは言うことを全く聞かないフレンズなんだねっ♪(怒)」と言えば、「あなたはイヤなことを言うフレンズなんだねっ♪(怒)」と返ってくるという、親子喧嘩もフレンズ仕立てになってきましたw

20m4.jpg

 

カルフォルニアアシカさんたち。一番大きいボスが水の中にいると、黒くて大きくて水の中にいるとクマみたいで恐ろしかったです。そんなボスから餌をかすめとるのが上手な臆病者のパンさん、という説明がありましたが、それ絶対に臆病じゃないと思うわけです。

水辺のフレンズが見られて楽しかったー。でも今度はもう少し早く起動しよう!

20m3.jpg

進化した洗顔料

おじいちゃんとおばあちゃんと一緒にデパートへ。

プチ花ちゃんは進級記念に(なんでも記念にして何かとプレゼントしたいおじいちゃんとおばあちゃん)Miitopiaだのコナンの漫画だの買ってもらっていましたが、わたしも進級記念にwお小遣いをもらったので、LUSHでお買い物。

そういえば、ハム友さんたちと自由が丘のLUSHに行ったのを思い出します。まだペットショップのBAMBIがあった頃でHIさんに美味しいチーズ料理のお店に連れて行ってもらったっけ。もう15年ぐらい前だー!

わたしはいつものクレイ洗顔料をプチ花ちゃんはスライム状のボディソープを買ったのですが、パッケージはグレードアップしているし、洗顔料にはラベンダーの花がそのまま入っているし、いろいろな変化が!月日がたつのは早いものですな。

19m.jpg