<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カワイコ来訪

今日はウルトラマンイベントのチケットをお渡ししたいという名目で、とっても可愛い男の子のいらっしゃる家族に遊びに来ていただきました。もともとご夫婦ともに大きなゲッシさんのお友だちなのでランチの時だけ帰ってきてもらって、そのあとはおうちでゆるゆると。

家はほどほどにご近所さんなのですが電車に乗ると遠回りなので、いつもは中間地点で自転車に乗って待ち合わせてランチなぞをたしなんでいたのですが、バスを使えば一本ということがわかり、今後は行き来が楽になって楽しみー。

とはいえ、すっかりチケットを渡すのを忘れてしまったので、のちに後送となりました。さーせん。

演劇は美術カテ?

夏休み前にいくつかの予約を入れていた催しものがあるのですが、これまたすっかり忘れていて「あれ?いつだっけ?もう終わっている?」と不安になった演劇「ジャイアント・ピーチ」

あわてて調べてみると、過ぎてはいませんでした。他の予定も入れていませんでした。良かったー!

さて行ってみると……もう、わたしがかぶりつき。まずは主役が子供!小学校中学年ぐらいかな、の可愛いらしい子が出っ放しの主役という驚き。がんばっている。。。

そして音もダンスも色彩も下品じゃないディバインか、ジョン・ウォーターズか、はたまたフォービデンゾーンかというシュールさ。でも子供にはちゃんとウケるように作っている。プチ花ちゃんも爆笑。素晴らしいアート!開催中にもう一度、観たかったけど後半は旅行の予定だから無理かな。でもこの一期一会な感じも演劇っぽくていい。あうるすぽっとの毎年の演劇はとても安くて、満足度が高くて幸せです。

フレンチと和菓子

誕生日でした。

ちょうど今日、お友だち親子がイベントに誘ってくれたのですが「今日お誕生日でランチを家族で、お夕飯は実家の父と合同でお誕生日ごはんするから難しいかも」と返事したところ、「だったらプチ花ちゃんを預かるから、ランチ、旦那さんと行っておいでよー」とのこと。そ、それは嬉しい!なぜならご飯全般が嫌いなプチ花ちゃん、フレンチなんぞ連れて行った日には地獄に連れて来られたようなムードを醸し出し、ご飯がまずくなるのが必須。焼肉ならいいのかもしれないけど、食べられないとなるとどっしりしたフレンチなんぞが食したくなる不思議。

そこで、喜んでお願いすることにしました。からの、牛肉のパイ包み。

 

美味しいお肉。

 

美味しいお魚。すみません。すべて忘れました!落ちそうな頬っぺたを押さえているのに夢中で♪

 

その間、お友だちはプチ花ちゃんを和菓子作りの体験会に連れて行ってくれていました。ありがたい〜。

のちに聞いた話によるとプチ花ちゃんはずっとわたしの話をしていたそうで「お母さん、工作が大好きだから一緒に来たら絶対にやりたがったと思う。で2個同じのだったら、1個は絶対に型を無視して勝手に違う花を作っちゃう気がする」などを申していたそうですが、しないわ!いや、するかも!

 

そんなプチ花ちゃんがお誕生日に作ってくれた和菓子です。良くできてる!嬉しいお誕生日となりました。

 

さて、自分へのプレゼント……というより、ちょうど届いたのはSWITCHのバイオハザード リベレーションズ1&2です。3DSでプレイしていたのですが、どうしても同じ場所でつまづいてしまい、その主な理由はMAPが良く見えないから。なので、可愛いどうぶつの森バージョンの2DS LLを買うを諦めて、SWITCHで遊ぶことにしました。

ちなみにバイオハザードの歩き方は独特で、ひとつのキーで行きたい方向を向かせ、スティックで歩かせます。で、久しぶりにその歩き方をしてみると大変!SWTCHのコントローラーの場合、スティック2個を使うのですが、これがなかなかゲーム運動神経の鈍ってきているわたしにはツライ。けど、いつのまにか慣れてしまうのもバイオハザードシリーズの不思議で楽しいところです。久しぶりの大画面のゲームにワクワクです。

こども宇宙博物館

大きなゲッシさんが楽しみにしている年に一度の甲府昆虫採集ツアー。今年はなんと大きなゲッシさんの体調が今ひとつで不参加となってしまいました。朝からガックリが止まらない大きなゲッシさん。ずっと死んだ魚のような目をしてため息ばかりついています。以前、プチ花ちゃんが腹痛で遠足に行けなかったことがあるのですが、あの時にそっくりです。小学生か。

今日はプチ花ちゃんと高校生の実験屋台に行こうと思っていたのですが、そこには駐車場がなくて大きなゲッシさんはクルマで送っていくだけになってしまいます。なんだかそれは可哀想すぎる。かと言って科学的なものを欲しているプチ花ちゃんとの約束はふみにじれない。

そこで新しい提案をしてみました。横浜市にある「はまぎんこども宇宙科学館」にポケモンのプラネタリムを観に行こう!と。ここなら駐車場があるから大きなゲッシさんも一緒にいられるし、実験屋台は2回目だから観たことがないポケモンの日食の話のほうが観たいに違いない。聞いてみると、どちらも大賛成を得られたので決行の運びとなりました。

ポケモンのプラネタリムでピカチュウが10万ボルトを繰り出しているのを見たあとに、電気系の実物を見ると「ポケモンを怒らせるのはやめよう」と思います。

これは!電気グルーヴインスパイア!

ちなみに、はまぎんこども宇宙科学館はkojutoさんちの姪っ子ちゃんや甥っ子くんが大好きだった場所です。

行ってみると、プラネタリムが面白かったのはもちろん、宇宙が体感できる科学館で最高でした。見る、触る、だけではなく遊びで体感できる宇宙体験がとても素晴らしかったです。また行きたい、とプチ花ちゃんも大喜びでした。大きなゲッシさんもプチ花ちゃんと一緒に体を動かせて満足〜。助かったw

机の位置

すっかりハマってしまっている、お引越しされたchoiさん&まっこさんのリアルどうぶつの森日記。instaでリビングの窓際に置かれたまっこさんの机を拝見し、わたしの机と同じ場所で大喜び(笑)

すっきりと美しいまっこさんの机まわりに比べて、足元にはプチ花ちゃんの荷物が置かれたわたしのスペースですが(とはいえ机の上のポケモン・ディグダはわたしのw)でも、この場所がプチ花ちゃんから奪還できて良かった。

わたしは壁に向かっていると集中できるのですが、プチ花ちゃんはこっそり隠れた気分が盛り上がってつい漫画や小説を読んでさぼってしまうらしい。でも、わかる。この部屋にいながらにして篭っている感は横にも少しの壁があるから♪ゲッシの穴気分が味わっています♪

アリスの紅茶

本日うちにいらしたのは、浜松で大きなゲッシさんの実家の面倒を見て、お父さんお母さんを説得してたくさんの溜まったものを断捨離してきてくれたkojutoさん。本当にありがたい。

ちらりと写真に映っていたkojutoさんのおうちを思い浮かべていただけばわかるように、べらぼうに整理整頓能力が高くて、結婚して世田谷から高輪に引っ越した時も睡眠不足で倒れているわたしの代わりにテキパキと的確な場所に使いやすいよう配置していってくれて、本当に助かったのを昨日のように覚い出します。

そんなkojutoさん、素敵なお土産を持ってきてくれました。以前いただいて、すっかりファンになってしまった紅茶おTWGのアリスバージョン♪可愛い!缶も可愛いけど、箱も捨てられない〜。ペットボトルの蓋を捨ててしまって、工作ができずにプチ花ちゃんにがっくりされたので、箱のほうは暫定的にペットボトルの蓋入れにしよう。返す返すもありがとう。明日、海外に帰るので一泊だけですが、今日の夜と明日のお昼は美味しいものを食べに行きましょう♪

おもちゃ美術館へ!

お友だちと一緒に「東京おもちゃ美術館」に行ってきました。

写真は美術館の工作室で作ったおもちゃ。タツノオトシゴを追いかけているダイバーが楽しげ。手がドラえもんだけどw

 

幼稚園の時、一緒に行ったことを思い出しての、ふたりたっての希望でしたが、オムツが取れていないような幼児もたくさんいるおもちゃ美術館、本当に小4女子が楽しめるのか?と親同士はドキドキ。でもそんな親の心配をよそにビックリするほど楽しんでいやがりました。プチ花ちゃんたち。工作を楽しむのはもちろんこと、

 

オリジナルカラーのそろばんを作ったり、小さな子のためにおもちゃにゲーム性を持たせたルールを作って接待したり、やるな、君たち。

 

そして東京おもちゃ美術館は廃校になった小学校。 旧四谷第四小学校校舎を使っていて、どこもかしこも懐かしく素敵なのですが、特に気持ちいいのが工作室。天井が高くて、窓が大きくて、部屋が白くて入るたびにうっとりします。プチ花ちゃんよ、いつまでもおもちゃ美術館に行きたいと言っておくれ。

 

廊下もかわいい。

 

火星大接近!

プチ花ちゃんが楽しみにしていた科学実験教室の「火星大接近」!

望遠鏡メーカーが主催だったので、プラネタリムっぽい感じの時間になるのかなーと思っていたら、がっつり火星について学ぶ理科の時間のようで、わたしとしては「プチ花ちゃん、楽しんでいるかな?」とドキドキしていたのですが、いろんな知識を教えてもらい火星の小冊子ももらえてとても楽しそう。

わたしのほぼ日手帳を借りて、じっくりとノートをとっている姿が頼もしい!

 

終わったあとは友だちと卓球だったのですが、そこでも火星の話を一所懸命しているのを見て、こうやって好きなものが増えていくんだなーと嬉しくなりました。夜はもちろん、外に出て天体観察。暑いけど、星が出ているのが夜で良かった!それにしても、わたしは天文がとても苦手だったので不思議です。

写真は科学教室に行く前に、いつものランチ。玄米に金山寺味噌が美味しい。しかしこの時点でプチ花ちゃんはわたしに怒られることをしていたので、本当に火星大接近の教室に行けるか不安だったに違いありません。でもイイコにしてないとヤバイという恐怖から文句を言わずご飯をもぐもぐ食べてくれて遅刻せずに済みました。良かった、というべきかw

白いVitantonio

じゃじゃーーーん!白いVitantonioです。猛暑にやられてうっかり爽やかな北海道バージョンを買ってしまいました。嘘です!

……なんてわけありません。それどころか全然ホットサンドも肉まん焼きも作っていなくて今は箱の中に。ごめんなさい。でも後悔はしていない。なぜなら、あのタイミングで限定色の水色をゲットできる可能性はとても低いから。いや、できるかもしれないけど怖くてネットで検索できない。

では、なぜ新Vitantonioくんが家にあるのかというと。

 

それは海外にお住まいのkojutoさんのものが家に届いたからでした。

大きなゲッシさんの実家である浜松に帰省しているkojutoさん。たった1泊ですが東京に来られそうということで、日本で買いたい荷物をうち宛てにしてもらっていたのでした。しかし荷物が届くと同時に「なんじゃ、こりゃー」とワクテカな感じで段ボールをあける大きなゲッシさんとわたし。

そして開けてみてVitantonioだと知っても「あれ?なにかの懸賞に当たったのかな?なんの懸賞にも出した覚えはないけどw」と幸せな想像にひたっていたのでありました。とはいえすぐに気づいて大ショック!人さまの荷物を開けてしまったー。でもkojutoさんは全部ばらしてバッグに入れて持ち帰られるそうで、良かった!安心しました。

夢のまた夢

プチ花ちゃん、男子ふたりと待ちに待ったポケモンセンター。先日の映画の時は夕方から用事があって心ゆくまでゲーム対戦ができなかったので「今日こそは!」と思っていたようでしたが、我が家の長男・大きなゲッシさんが「遅くなってもいいから今日は絶対に海へ行く!」と決めてしまったので、午後2時ぐらいまで。

夏休みなのでどのレストランも長蛇の列ですが、待ち時間以上にゲームに適している時間はなし!そんなわけで子供たちが苦にならない以上、親もずっとおしゃべりできて大満足。ありがとう、3DS!

 

写真はお友だちではありません。どこかの小さい子供さんですが、よりそって漫画を読んでいます。

今、サンシャインではポケモンセンターのある2階だけでなく、地下でもポケモンの茶の間のような場所が展開されていて、そこが可愛くて。今では売っていない廃番の商品もたくさんあって目に毒です。ああ、こんな部屋に住みた……くはないけど、7LDKぐらいあったらポケモン部屋を作りたい。

1.リビング、2.わたしの部屋、3.プチ花ちゃんの部屋、4.大きなゲッシさんの部屋、5.図書室、6.ペット部屋、7.寝室……しまった!7LDKでは足りない!10LDKぐらいあったら、って、もはや来世でも無理そう(笑