<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
和名:葡萄柚

さて。体重!

たんまり果物とナッツをいただき、

ひらひらと降る雪を見ながら2時間ほど都内の露店風呂に入り、

お夕飯を、ヒレ肉のチャーシュー、もやし甘味噌、きゅうりとスナップえんどうの塩麹和え、納豆&長芋サラダ、刺身こんにゃく、湯豆腐、餅グラタン(ほぼプチ花ちゃん用)にしてみました。ふー、お腹いっぱい!(違)

食べ物写真は自然光で撮るのが好きなので、ほとんどお夕飯は撮ったことがなかったのですが、すごーく難しい。そしてお友達から探し物の楽しい、とても素敵な鎌倉の和食器屋さんをご紹介していただいたので、今、和食器が気になって仕方ありません。ネットでの検索は和食器ばかり(笑)和食器と言っても色々あるので、自分の好きな和食器の方向性を探してみたいな。陶器なのか磁器なのか。素朴な感じかシンプルなのか華やかな柄ものなのか。深そうだけど、そこは軽やかにただ自分が直感的に好きだなと思うものを集めたい!

机のうえ

プチ花ちゃんの行動の理由をずばり謎解きしてみたり、未来予測してみたりして「お母さん、なんでわたしのことわかるの!?」とビックリまなこで驚かれた日には、したり顔で「だってお母さん、探偵でエスパーでスパイで忍者だからさ!」と自慢げに答えるものですが……。

FlyingTigerで「好きなものを1個だけ選んでおいで♪」と言った時に、嬉々として「これがいい〜!」とブンブン振り回しながら掲げてきたのがタコの足だった時にはさすがにビックリしました。可愛いもの、キラキラなもの、わかりやすくユニークなものが溢れた店内から君はタコの足を選んできましたか!?

わかっちゃいるけど、これほどまでに一緒に過ごして趣味をわかちあっているつもりでも、未知の趣味がまだまだたくさん。期待を裏切ってくれるプチ花ちゃんにこれからも大期待しておりますw

18m.jpg

 

で、もって。わたしが買いたかったのは、こちらです。なんというものなのでしょう。紙をはさんで台にするバインダー?プチ花ちゃんが「汚したくないから!」と透明のカバーをはずさせてくれないので写真にはテッカテカに写っていますが、とてもシックで素敵な紫色です。

なぜ、必要かというとプチ花ちゃんが寝転んで宿題をやりたがるからです。床の宿題の紙を置くとフローリングの木材の筋が書くのを邪魔しているようなので、このような古き良き文明の利器を導入してみました。これで宿題もはかどる……はず。

18m2.jpg

果物とリバウンド

寒い寒い奥の部屋に置いておいた果物たちを、そろそろ消化にかかりましょう。

朝からグレープフルーツをいただきます♪

で、もって。リバンド来ましたよー!ここ3日、じわじわと数百グラムづつ増えて、とうとう今朝、通常の体重の1kg増しとなりました。お友だちと寿司屋さんにランチに行って、「お腹すいた〜!きゃー、おいしそう〜!ちらし寿司1人前と、それとは別にアボガドロールを1人前頼んで半分こしない?」と腹八分目どころか1.5人前食べていたら当たり前の結果かもしれません。いや、かもしれないじゃなくて必然です!

逆に8キロ落ちてからというもの、そんな食生活を普通に続けていて、今まで良くぞここまで持ちこたえてくれたとも言えよう。と、イバっていうことではありません。ちょっとまたiPhoneアプリ、楽々カロリーとSimple Dietを始めよう♪

17m.jpg

ダンボーのおうち

昔、何かに取り憑かれたかのようにiPhoneケースを作っていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。

その時に作ったiPhoneケースにダンボーのモバイルバッテリーを入れてみました。布に含まれる甘ったるいピンクが、桃色ダンボーさんの棲家にぴったりな気がします。

それにしても、この布は本当に好き。万華鏡の中を覗いているようで不思議な気持ちになります。代官山のMerceria Pulcinaで買ったのだっけ。最近は布で何かを作る必要性がないので、すっかり布にさわったり模様を愛でたりする時間がなくなっていますが、美しいテキスタイルに久しぶりに埋まってみたい♪

小豆と目玉焼き

Macが不調なら美味しい目玉焼きが食べられる。

風が吹けば桶屋が儲かる、的な読み方をしていただけると嬉しいです。

写真は大きなゲッシさんが焼いてくれたカリッカリの目玉焼き。ほぼ日に載っていたツレヅレハナコさん流の作り方だそうです。たいへんに美味しい♪スナックみたいにサクサクしています。

 

と、カリカリの目玉焼きがわたしの口に入るまでには色々ありました。まずは大きなゲッシさんの仕事が終わらず、移動する時間が惜しいのでリビングでガーッと書き物をしていていました。が、Macが不調。とっても不調。そのせいで仕事も途中で滞るらしくガーッっとなってギャーッ!あまりにウルサイ……いや、書いている途中にマシンのせいで手が止まる苦しみはわたしにもわかる!ので、甘いもので落ち着いてちょうだいな、と先日煮た小豆を使ってお汁粉を作って差し入れしたのです。

そのお礼として作ってくれたのが、この目玉焼きでした。料理って気分転換にいいよね!

 

小豆は年はじめ、キッチンの棚を整理していて「富澤商店の小豆が中途半端に残っているー」と思ったその夜にじゅりがーZさんのブログで素敵なお善哉を拝見して「これは天啓!」とばかりに、夜中にコトコト煮て、残りを冷凍しておいたものです。小豆は他のお豆と違って煮ようと思った瞬間、給水せず、すぐに作り始められるから好き。

こんなに美味しい目玉焼きが食べられるなら、煮ておいて良かった。ちょっとわらしべ長者っぽい気分。

寒波と色彩

どうやら大寒波が来ているようです。確かに昨日、とても美味しい3日間限定のカレーうどんをいただきに日本橋まで行ったのですが、そこでもチラチラと雪が降り出していました。すぐにやんでしまい、プチ花ちゃんと一緒にしょんぼりしましたがw

そんな寒波が続いていてとても寒い。けれども空は青い。空気も澄んでいる。さあ、ふかふかのコートを着てお出かけです。写真はプチ花ちゃんのふかふかのコートで……は、ありません!新しいほぼ日手帳のカバーで……も、ありません!

15m0.jpg

 

お出かけ先である、原宿の喧騒にビックリして小径に逃げ込んだ時に見つけた増田セバスチャンさんのお店「6%」の前に飾ってあったお人形の一部です。昨日の手帳つながりで、一番最初の写真にしてみました♪

15k.jpg

 

それにしても原宿の混み方が凄まじいです。一目見ただけで「無理です。平日に出直します」と思った竹下通りはもちろん、表参道も人がたくさん。パンケーキ行脚をしていたのですが、どこも長蛇の列。伊藤病院の脇に入った「幸せのパンケーキ」なら、この間は並ばずに入れたよね、とプチ花ちゃんとテクテク歩いて目指すものの、長蛇どころか長龍レベルの並び方にガックリと肩を落とし「もう普通のカフェに入っちゃおうか」と一瞬思ったものの、この道を歩いて行った先にあるではないですか。とても美味しい昔ながらのホットケーキを食べさせてくれる喫茶店が♪

大混雑の原宿から表参道をカフェ難民し続けて、辿り着いた夢の地は外苑前の「香咲」です。プチ花ちゃんも大好きなお店なので、ふたりしてホッと落ち着くー。

定番のホットケーキには切れはしがついていて、それを見たプチ花ちゃんが「月と太陽みたい」とひとこと。「まあ、ロマンチック♪」と思っていたら、続いて言い放ったのは、「月と太陽のアローラ地方!」なるほど、ポケモンサンムーンでしたか!

15m2.jpg

しかも、ここでも増田セバスチャンARTが!ワタリウムの前です。

ワタリウムには新しいFREITAGがいっぱい!わたしが大好きな四角くて大きいトートのボブも、細長いリーランドも、取っ手のつけ方がオシャレになっているー。そしてボブやリーランドと言えばツィンピークス!5月からシーズン3が放送されるというニュースを聞いてウキウキしています♪

15k2.jpg

 

プラスチッキーな乳白色に閉じ込められた溢れださんばかりの色彩がたまりません。

今日も美味しいものが食べられて、綺麗なものが見られた休日になって良かった!寒かったけどw

15m.jpg

ほぼ日手帳話

じゅりがーZさんがほぼ日手帳を買われたそうです

色違い柄違いオソロが大好物なピピとしてはpipihamでもお祭りです。わーい。

そして毎度のことながら素敵に思うのは、同じほぼ日手帳でも「なるほど!そう来ましたか!」と叫びながらポーンと膝を打ちたくなるほどに、じゅりがーさんらしいものを選ばれることです。ブレないセンスがさすが!

今回の熊氏もわたしには全くなかった選択肢にも関わらず「あー、確かにじゅりがーさんが持ったら似合いそう」と思うものを選ばれるところがとてもワクワクします。そしてじゅりがーさんが買うとやたらお洒落に見えてくる罠。版画の絵も素敵だし、内側の水色も瑞々しく、少し寒そうなところが熊さんの寂しそうな目を表しているようだし、ペンを入れるバタフライストッパーの銀色がぴったり。

写真はプチ花ちゃん's今年の手帳です。プチ花ちゃんは親なのでだいたいの好みは読めるものの、わたしが選ばないものを選んでくれるから、これまた嬉しい。

 

ほぼ日手帳が面白いのは、人それぞれの好みが出ることで、わたしが絶対に選ばない柄であればあるほど嬉しい。

大きなゲッシさんのお友だちでとても活動的に行動されている女性の方が、はじめてのほぼ日手帳にMOTHERのカバーを選ばれていました。わたしが「お、MOTHERファンで?」と聞くと、「いやいやいやいや!」と照れながら「布のカバーを持つ勇気がなくて、かといってお洒落デザインのカバーを持っている自分もイメージできなくて、このゲームっぽい可愛い柄なら照れないで使えるかなーと思って」という選択肢だそうです。なんて頭をクシクシッとしたくなるような’愛い選びかた!(年上の方ですが)

プチ花ちゃんの増田セバスチャンも今年1年の楽しい毎日を支えてくれますように!

黒革の手帳

悲しい哉、とても忘れやすい脳みその持ち主ゆえ。最終的な結論であるところの文章を書き始める前に、白いノートにあれこれ思いついたことを(超くだらないことも含め、というかほとんどw)、ずっとずっと殴り書きしながら着地点を考え続けるのがわたしのアウトプットまでの道のりなのですが、その書く場所も重要です。

ここのところ関わらせていただいている仕事が、久々にボリューミーだったので、かつて愛用していたmoutainmoutainの黒革アイディア帳を引っ張り出してきてみました。8年ぶり。

On Sundaysで買ったのは、いつのことだっただろう。On Sundaysでは取り扱いのなかったレフィルも、当時の家の近所(中目黒)でmoutainmoutainが土日だけ文房具屋さんをやっていて入手することができて助かった、ずっとゲーム業界時代に使っていた革のアイディア帳です。また、君と仕事できる日が来るとは!嬉しいなー。

ほぼ日手帳は毎年可愛いカバーが出現するので、ついつい新しいのをゲットしてしまいますが、このアイディア帳の代わりはなかなか見つからなかったので、ちゃんと年季が入っています。よかった。わたしだって革を成長させられぬこともなし♪

夢のお菓子

六花亭のお菓子が家にあると嬉しい。

もちろん味も美味しいし、パッケージも可愛いし、北海道出身の人からも道内の各お店にちがう可愛い工夫がなされていて全店舗制覇したい!って聞くからわたしも行ってみたいという憧れもある。そこがミックスされてなのか、全く別の次元なのかわからないほどに、六花亭にはお菓子を超えた素敵さがあると思う。夢みたいな、幸せみたい、ほんのりとした光みたいな。

なんて書きながら、いただきもののバターケーキをいただきます。ああ、うっとり。

椅子の色

今年に入って家のことでやりたいことがいっぱい。

まずはダイニングチェアの布の張り替えをしたいと思っています。結婚する時に目黒通りの家具屋さんで買ったこの北欧から来たアンティーク椅子さんたち、とても綺麗なビリジアンと灰色の布で組み合わせも気に入っていたのですが、わたしが(プチ花ちゃんではなく)盛大にコーヒーをぶちまけるわ、大きなゲッシさんが(プチ花ちゃんではなく)乱暴に座って(推定)布は裂けるわ、布だけが満身創痍な状態なのです。

プチ花ちゃんの幼児期が終わったら張り替えようと思っていたのですが、実は親のほうが椅子に迷惑をかけていたいう悲しい事実はさておき、今こそ!進化の時が来ました!

そんなわけで満を持してIDEEのシングルソファを張り替えてくださったお店に発注しようと思っているのですが、今回は何色にしよう♪日常に支障をきたさぬよう、まずは布の痛みが激しいビリジアンを2脚出して、後から灰色を出そうと思っています。さて、どんな組み合わせにしよう。

最初はモスグリーン&チャコールグレーという、いわゆるな感じにしようと思っていたのですが、大きなゲッシさんと話し合ううちにネイビー&辛子色もいいんじゃないだろうかという話になっています。でも今のビリジアンの感じも好きだし、深いブルーグリーンにも惹かれます。ソファの紫を持ってきたら、どんなイメージになるんだろう。ああ、色が決まらぬうちには発注ができない。まずは休みの日に色見本を見に行こう〜!