<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
金魚印の羊羹

おばあちゃんちに遊びに行くと、いただきもののお菓子を集め、アソートセットのように箱に入れてお土産にしてくれます。

そんな箱の中から、あまり意識せずに手につかんだ小さな羊羹をもぐもぐ食べていたら「お、おいしい!」捨ててあったパッケージを見ると「そりゃおいしいでしょうな」の「とらや」です。

次からは、そこらにある適当な飲み物を飲みながらではなく、ちゃんとお茶淹れていただます。とらやの羊羹、黒糖が大好き♪

匣入り筐体

白き、汚れなき、清らかな、あの子を守る盾をください!

子供たちはみんな3DSにカバーをつけて傷から守っているのですが、お歳を召したわたしにはその数十グラムが重い。重すぎる。でもバッグは重くても大丈夫。というわけのわからない体力のなさを鑑みて、わたし史上初の専用ポーチを導入いたしました。

ほぼ日手帳と一緒にテーブルの上に出すことが多そうなので、茶色を選んだのですが、さてこの茶色はなんでしょう?

 

答え。ダンボーです!可愛い。

奥の黄緑色のポーチはプチ花ちゃんのものです。「これずっと欲しかったんだー!うれしいー!」と驚くほど喜んでいて「だったら言ってくれればいいのにー」と基本は遠慮がちなプチ花ちゃんに母ながら萌えるのでありました。欲しいと言う前にプレゼントしすぎというのもある(笑)

青い空と白い波

台風一過。

激しい波打際で貝を拾いたいという母娘の要望と、台風明けにはじっとしていられないという大きなゲッシさんの要望がシンクロしたため、葉山に行ってまいりました。

まずはランチを食べて近くの漁港へ。写真は漁港の子猫。これが本当の(文字どおり)ウミネコ。小さくて可愛いのう。

18k2.jpg

 

漁港にはたくさんの人工物があって嬉しい。潮風にふかれて、極彩色がかすんでいく途中なのを見るのが好き。そして今日のような明るい青空の日には何もかもがカラフル。

18m2.jpg

 

漁港のあとはたくさん貝を拾った覚えのある海岸に連れて行ってもらいました。

しかーし!あまりに台風あとの海は荒い。波が激しすぎて貝もシーグラスも綺麗さっぱり流されていました。が、砂ならたくさん。プチ花ちゃんは泥だんごを作って遊んでいました。君が良いなら、それで良し。

18k.jpg

 

こんな波でしたが、たくさんの子供たちが海に入って遊んでいました。海辺の子供たち、強し!

貝がないのなら、と、海にはしゃぐ父娘を置いて、わたしは近くのカフェに避難していました。日差しが強すぎる。今年の夏は後頭部への日差し攻撃による偏頭痛を避けて通れたのに、秋になって頭痛を起こしてたまるか、という自らへの配慮です(笑)

ほど良くコーヒータイムをはさみ、ユニオンでお買い物して、葉山コロッケ買って幸せな夏の最後の日でした。秋になったら自然へのお出かけ増やそう♪

18m.jpg

 

科学と学習

わたしが小学生の頃、注文していると学校で受け取れる学研の「科学」と「学習」という雑誌がありました。前者は理系で、後者は文系。子供ないし親がどちらかを又は両方を選びます。わたしの場合「学習」を選んでいて、1歳下の弟が「科学」を選んでいました。学年違えど、お互いに相手の付録が魅力的だと骨肉の争いになっていたものです。たいていわたしが勝ちましたが(姉は弟に強し)w

そんなことを思い出す雑誌「子供の科学」を、嵐の中、お出かけした紀ノ国屋でプチ花ちゃんが買ってもらっていました。1946年創刊の「科学と学習」よりも古い、1924年創刊だそうです。時代と共に歩んできた雑誌だ!

17k.jpg

 

子供とはみんなそんなものかもしれませんが、プチ花ちゃんは実験が大好きです。

(写真は重曹・お酢・レモン汁・ハーブなどを使ったアルカリ性と酸性の実験風景)

17m.jpg

 

実験のみならず化石も好きです。

古代に思いを馳せる、恐竜が好き、生物の不思議に迫りたい、地面を掘りたい、考古学に興味ある、というのも微かにあるようですが、それよりも石に含まれるキラキラが好ましいようで、良くiPhoneで接写しています。

17m2.jpg

 

今でも「科学」のみならず、国語・社会が中心の「学習」のような雑誌があったら、どっちを選ぶのかな。プチ花ちゃんは成績でいうと断然に文系なので、得意なのは「学習」だと思うのですが、読み物としは発見が多い「科学」を好みそうな気がします。

学研ではないのですが、「科学」の流れを汲んでいるような雑誌「子供の科学」はこの実験スペースで見つけてプチ花ちゃんが食いいるように見ていたので、買いたいなーと思っていました。大きなゲッシさんも自分が好きで「定期購読しよう!」と言っていたので、プチ花ちゃんラッキーだね!

17k2.jpg

奇想と万華鏡

もうすぐ終わってしまうずっと見たかった「ベルギー奇想の系譜展」と、1週間しか開催期間がなくて放っておくと間違いなく見逃してしまう「万華鏡展2017」を観に、bunkamuraへ行ってきました。雨の美術館日和。

bunkamuraに入るなり入り口近くで開催されていた万華鏡展は大盛況。ガラス張りの外から見ても、アートな万華鏡がキラキラしていて引き寄せられます。光る極彩色に弱いプチ花ちゃん、入る前から大興奮。

16m.jpg

 

万華鏡にiPhoneのレンズをつけて撮った写真です。ビーズの星雲。

16m2.jpg

 

「雑に、大きく、大胆に描いたほうが見栄えがいいよ!」

まかせてください。それでしたらプチ花ちゃんが得意な方向性ですから!プチ花ちゃんが薄いフィルムに描いた絵をなんと万華鏡にして壁に投影してくださいます。

16k2.jpg

 

こんな感じで!(お花の中とちょうちょの中が描いた絵のようです)

作家さんの作ったオブジェのような素敵な作品を楽しむだけでなく、万華鏡のショップでお好みの子を探すだけでなく、子供でも参加できる万華鏡の世界を用意してくれていて嬉しかったです。プチ花ちゃん、ますます万華鏡好きになりそう。

16m3.jpg

 

そしてお楽しみ「「ベルギー奇想の系譜展」♪

奇想だけに、絵には奇妙なモチーフが画面狭しと飛び回り子供としてワクワクする部分もあったとは思いますが、ダリ以来の食いつきに「興味なかったらどうしよう」という不安が吹き飛びました。オシリ丸出しいっぱいで楽しいよね!西洋の魑魅魍魎。ヨーロッパの百鬼夜行。

ちなみにプチ花ちゃんが興味を持った展覧会の場合には、わたしよりもずっと真剣に絵を見て、説明を読み、絵を知ろうとします。なのでちょっぴり「寄らば、斬る」みたいになるところが面白いです。また楽しい美術展、見つけたいな。

ポケオンリー本

ポケモンのホームページを見ていたら……どうやら……11月のポケモンウルトラシリーズの同発で……モンスターボールをモチーフにした2DS LLが発売されるって言うじゃないですカーーー……っ!!!!!(血涙)こういうのを待っていたんですよ。プリントだと削れちゃうから色が素材に練りこんである限定版を。しかもキャラじゃなくてボール。もういいです。買います。たぶん。

と、だいたいの心が決まったので、ポケモンのホームページで見つけたポケモンが表紙のフォトブックのお話でも♪

14m.jpg

 

じゃじゃーん。総ページ数・64Pのポケモンが表紙のTOROTのフォトブックです!

表紙は何種類かからピカチュウが選べます。わたしは寝るのが好きなので、ぐっすり眠っているピカチュウを選びました♪

14m2.jpg

 

64ページの中身はポケモンしばり。

ポケモンにはまった4歳から現在までのポケモン関係の写真をまとめてみました。iphoneのアプリで作って入稿するので、古くはiPhone4Sからサルベージし、PCに入っている一眼デジ写真もAir Dropで作業しているiPhone6に送って64ページのポケモンwithプチ花ちゃんフォトブックを作ってみたのです。夜中にちくちくiPhone片手にデータ作るの、楽しかったー。

14k2.jpg

 

本当、今も昔もポケモン好きだなあw

そして、いろんなポケモンにまつわるイベントに行ったなあ。ポケ友もたくさんいて良かった!良い思い出のフォトブックができました。ちなみに1冊1,000yen!安い〜。モンスターボール2DS LLの衝撃が癒される〜。

14k.jpg

火鍋ランチ

先週今週は連日ママ友との嬉しいランチ続き。今日は火鍋ランチです♪ビルの中に入っているお店に連れて行ってもらったのですが、内装がゴージャスで外からの光が入らず、ここが日本なのか今が何時なのかがわからない現実離れした不思議な場所でした。ちょっぴりデビッド・リンチっぽい。マルホランドドライブ中国風。大好きな雰囲気です。

そして楽しいのは、自分で作るタレ。本場に詳しい方に作り方を教わって色々ミックス。美味しかったタレを備忘録として残させてください。また行きたい。来週にでも行きたいぐらい美味しくて楽しかったー!

胡麻油ベース:にんにく、麻辣醤、花ニラペースト、パクチーたっぷり

クリーミー胡麻ダレベース:マーラー油、ザーサイ、ピーナツ、小葱たっぷり

15m.jpg

 

その後は高級スーパーマーケットへ移動。もちろん自宅用ではございません。大きなゲッシさんのおうちへの敬老の日のプレゼントです。

義理の母は美味しい食べ物が好きでお料理上手なのですが、つい頑張りすぎてしまうところがあるので「手抜きをしてね♪」というメッセージを込めてレトルト食品詰め合わせを送ってみました。

レトルト食品なので、あえての老舗なお店や昔ながらのメーカーを中心にスープやカレー、炊き込みご飯のもと、あんみつ、お茶、コーヒーなどギッチリ箱に入れてみました。喜んでくれると嬉しいな。

15m2.jpg

まじめなアイス

本日は夕方から電車に乗ってプチ花ちゃんの歯医者さんに行かねばなりません。

そんなわけで宿題はさっさと終えてもらわないと困る!ちょっぴり懐かしい場所なので、きっとお夕飯はそこで食べたくなるはず。そこで宿題のお供はフザけずまじめにやって欲しいという願いを込めて、まじめなおかし「ミレービスケット」のアイスクリームでした。

……なのですが、蓋を開けるとアイスにビスケットがグサグサ刺さっているという意外にもおおらかな風景が広がり「これはまじめなのか!?むしろプチ花ちゃんとシンクロしている」と、おかしくなりました。いやでも、やはりこの可愛さはまじめかも。真顔のロボロフスキーハムスターが「こんなアイスクリームを作ってきまちた」と少し小鼻を広げて持ってきてほしい。

13m.jpg

黒蜜カバー

大きなゲッシさんがほぼ日手帳のバンドエイドをお土産にくれました。正しくは2018年版 手帳カバーの柄を使ったバンドエイドです。ああ、どのデザインも可愛くて悩みがますます深くなる……。

実は今年のデザインで最も目がキラーンと光ったのはシュタイフのカバーでした。黒いフェイクファーの、タグがポイントの、そして栞がクマさんのカワイコさん。キャンベルハムスターの黒い子といつも一緒にいられる気分。

ただ懸念事項があって、ほぼ日手帳はいつも持ち歩いているのですが、わたしの大雑把な性格ゆえバッグの中身が多くて中でお互いがガシャンゴシャンとぶつかりあい、1年間たつとだいぶ表紙がくたびれてしまうのです。そんな過酷極まりないバッグの中に黒フェイクファーカバー。キャンベルブラック……なんなら黒蜜と思い込んでしまいそうなのに、そんな嵐の船のような環境には置けない!

そんなわけでまだ悩みは続行中です。そして、その悩みが楽しくてたまらない毎日です。ぐふり。

手作りポーチ

待ちに待ったnew 3DSの導入を、わたしはよほど喜んでいたのでしょうか。その喜びが伝わってしまったかのように、プチ花ちゃんがお友だちに針仕事を教わって専用ポーチを作ってくれました。ピカチュウ3DSと同じ卵色で可愛い。

切りっぱなしの布、天地は3針で縫っている大雑把さ、ボタンは裏返し、ボタンつけは教わったのに反して激しく個性的な縫い方で、もうプチ花ちゃん作以外の何物でもない感じです。ポーチがプチ花ちゃんに見えるわ(笑)

でもお友だちに小声で「お母さん、3DS来て喜んでいるから作ってあげるのよー」なんて言っているのが良く聞こえて、それでいてバレていないと思っているのが可愛いかったです。気持ちも嬉しい。

 

新旧ふたつの3DS LL。データを移動中の図。

プチ花ちゃんのnew 3DS LLのABXYボタンが原色だったので、わたしのも同じかと思ったら、白ボタンで描いてある字が原色でした。これもまたさりげなくて美しい。

新しい3DS LLでドラクエをばりばり進めるぞー!