<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ミシンブーム

ミシンで怪我したのでミシンを嫌いになってほしくないなーと思い、昔つかっていたポピコの噛み跡がたくさんあるカーテン生地を使ってクロスを作ったり、プチ花ちゃんが選んだ布でいっしょに巾着を作ったりしました。

13m.jpg

 

作るだけでなく、手芸店に行って消えるチャコペン買ったり、プチ花ちゃんチョイスのラメ入りキウイグリーンのミシン糸をボビンに巻きつける作業をしてみたり。

わたしの座右の銘である「大胆にして的外れ、繊細にして無計画」をそのまま体現しているプチ花ちゃんだけに事件が起こった時のトラウマからの脱出法もまた変化球が有効であろうと思っているのですが、効果はまだ暗中模索。でも怖さよりやってみたさのほうが勝っているみたいで、これは大丈夫かな。

 

しかし、時々おこるお裁縫ブームがこんな形で復活するとは思いませんでした。で、わたしはハクスバーナのミシンが欲しくなったりして「いや、今いるこの子を生涯、大事にしないと!」と欲望に震える手を押さえつけています。ふたりして見当外れw

チョコか缶か

今日はバレンタインデー。給食にバレンタインメニューが出るので絶対に行く!と言い張って怪我での学校のお休みは1日だけ。

プチ花ちゃんが学校に来ていたと子供たちから聞いたお母さんや、見かけたお母さんたちから「さすがプチ花ちゃん」「鋼のメンタル」「鬼滅の禰豆子に似ているだけあって強い」(←このお世辞は、いま一番嬉しいw)と、いろんなお褒めをいただきました。

チョコレートの交換もあるから、怪我ぐらいでは休んではいられないのらしいです。すごいチョコレート愛。

さて手作り、おしゃれチョコ、レアチョコ、などなど色んなチョコレートを交換したプチ花ちゃんですが、写真に撮り忘れてしまったので、とりあえず自分用のチョコと大きなゲッシさん用のチョコを。言い換えれば、自分用の缶ふたつですがw

まずはオードリーのチョコ。というか缶です。

14m.jpg

 

そして大きなゲッシさんにプレゼントしたあと、わたしがゲットする予定の缶はこちらです。素敵デザイン。

今日はお友だちの家に行き来してチョコレートを渡したり受け取ったりしたのですが、一番おもしろかったのは家の前で違う小学校に通う幼稚園時代の男子友だちがポツンと佇んでいたことです。待っていたのか、そうでないのかわかりませんが、渡せるとは思っていなかったのでナイスタイミング!「待っててね!」とプチ花ちゃんを残し話していてもらい、プレゼントできたらしようと思っていたチョコをプレゼントできました。

その子のママから「プチ花ちゃんの家の前を通っていること自体があやしい」と言われていました。毎年もらいにきてー♪

14m2.jpg

チョコ夢と現

バレンタイン仕様のポケ森も明日まで。

去年の今ごろ集めていたショコラティエの家具が大活躍です。ケーキショップのイベントで出たこのガラスの衝立を置くと一気にお店っぽくなるから素敵。ないと吹きっさらしのカフェ。オープンカフェとも言う。

アプリの夢の世界だけでなく現実でも、早い時間に病院に行ったあと、すいてる時間帯のチョコレートフェアでたくさん試食させてもらってご満悦のプチ花ちゃんでした。

13m2.jpg

 

ポケ森のどうぶつたちの中からひとり選んでチョコレートをプレゼントできるのですが、今年はぶんじろうにしました。去年もぶんじろうだったかもしれないw

前はワシのアポロに夢中でしが、今はオオカミ!もちろんロボにも憧れていたのですが、どうしても和風なぶんじろうが好ましい。着流しとか着てほしいけど、我がカフェのマネージャーとして常駐してもらっているのでウェイターの服を着てもらっています。かっこいい。オーナーの特権w

 

気のきくマネージャーぶんじろうからは、もうお返しの準備が!義理プレゼント(涙)だけど、オーナーの顔はデレデレです。

ちなみにプチ花ちゃんは鶴のちとせちゃんにあげたそうです。親子そろって和風好き。
苦しいお裁縫

家庭科の授業中、大怪我をしてしまったプチ花ちゃん……。

この日は病院に行って治療と点滴をされてこんこんと眠っていましたが、とりあえず怪我の原因となったミシンを嫌いにならないように、お裁縫をしてみました。

メンタルが鋼と言われている(わたしにはメンタルがグミとかトコロテンとかスライムのように見えるけど)プチ花ちゃんであっても相当にキツイ出来事だったので、かなりのトラウマを抱えてしまうかもと思っていたけど、誘ってみたら「やるやるー!」と答えてくれたので良かったです。

 

作ったのは、かねてから貯めておいた使用済みの乾燥コーヒー粉を中に入れたピンクッションです。

うん、コーヒーの匂いがわたしの水筒と同じ匂いだねw コーヒー粉の油分で針が錆びなくてちょうどよいそうです。

このブログを書いているのは事件から数日後なのですが、友だちや先生、周囲の心配をよそに1日半で「スポーツ大会に出たいから」「給食が好きなメニューだから」「バレンタインのチョコを配りたいから(もらいたいが本当)」という理由で復帰して驚かれていました。事件がバレンタイン近くで良かったーと心から思いました。気分転換にチョコレートフェアに行ってたくさん試食もさせてもらえたし。親としての仕事は今からが山場ですが、プチ花ちゃんが強くて本当に救われました。あとチョコレートとコーヒー粉にも救われた。

キンドルキッズ

プチ花ちゃんはkindle kids modelを手に入れた!

「ぐふふふ」とても嬉しそうであります。

というのも、塾の問題に太宰治だ芥川龍之介だ中島敦だ文豪と名作が出題されてきて、これはいかんと「文豪ストレイドッグス」で対策に乗り出してみたところ、「やっぱり本物の羅生門や山月記も読んでみたい」と言い出したので、青空文庫が読めるのみならず、キッズ本1000冊がバンドルで入っているkindle kids modelをプレゼントしてみました。


さて、ここからはkindle kids modelの備忘録。

調べるのに時間がかかったので、ここにメモさせてください。

kindle kids modelはハードというより、ソフトの名称で、大人用のアカウントの中の「Amzon Frer Time」というスペースを子供専用としている。

<切り替え方法>

右上の3つの・・・メニューから。

●キッズから大人用アカウントは「Amzon Frer Timeを終了」をクリック。

●大人用アカウントからキッズへの移動は「Amzon Frer Time」をクリック。

プチ花ちゃんの名前の横に「本を読む」というリンクが出てくるのでクリック。

<ストアから書籍の追加>

(1)大人用アカウントで購入。

(2)本の画像を長押しすると「子ども用プロフィールに追加」と出るのでクリック。

(3)名前にチェックを入れて「ライブラリーをアップデート」をクリック。

→キッズページに行くと「ためしてみよう」コーナーに出てくる。

月曜日の幸せ

月曜日。

プチ花ちゃんと大きなゲッシさんが出かけたあと、そこらへんにちょい置きされたふたりのグッズをそれぞれの部屋に戻し、リビングを片づけて掃除機をかけ、椅子をテーブルの上にあげて地球儀や道具箱までテーブルに乗せて床をあけてからの、真打!ブラーバ君登場です。

この時間のなんと幸せなこと。リビングをスッキリ綺麗にしてもらってからは、充電したり雑巾を変えたりしながら廊下からトイレ、玄関までくまなく拭いてもらってブラーバ君は1日がかりで家を掃除してくれます。

もしかしてゴム手袋をして自分で雑巾がけをしたら30分で終わるのかしら?と思いつつ、この健気にフキフキしてもらっている姿を見ながらソファに座ってコーヒー片手の小説を読んでいるのがたまらんのです。テクノロジーに寄与された怠惰な快楽。

amazonのセールと、それを教えてくれたお友だちありがとう!掃除機はmakitaでちゃっちゃか終わらせられますが、手湿疹が怖くてどうしても雑巾がけがしたくなかったので本当に嬉しい。ああ、静かだなあ。

自転車と水筒

頭痛がやっと抜けてくれました。ああ、天国と地獄。

最近は人がたくさんいる建物や乗り物の中よりオープンな場所にいたいような気がして、自転車に乗ってあまり人のいない屋外に向かってしまう昨今です。

そんな中で大きなゲッシさんがスポーツタイプの電動自転車をゲット。カッコイイ。今わたしは子乗せアシスト電動自転車に乗っていますが、これを卒業したら普通のタイプの電動自転車にしようと決意しました。もちろん足が届かないのでスポーツタイプではなくママチャリですw

少しおフランスなデザインがあればいいなー。電動自転車は本当に足代わりなので、何かあった時どこでも修理をしてもらえる大手ドメスティックがいい!と思っているので、本場おフランスの自転車ではなく、おフランス風で大丈夫。タイヤがベージュでカゴを籐に、サドルを茶色い合皮にでも変えれば、わたしのフシ穴なんぞすぐに騙せます。

そんな自転車ツアーのお供、熱いカフェオレを入れた水筒です。やっぱり香りが水筒について取れなかったのでコーヒー専門になりました。繊細な淡い香りのお茶とコーヒーを同じ水筒で共存させようというのは無理だった!これはお茶用に他の水筒を探せとそんなミッションなんでしょうか。そして、わかった。わたしにとって茶色やベージュの塗装はおフランスなんだろう(笑)

 

チョコドロップ

一番、おニューな小さいふ、なぜかご紹介していなかったことに気づきました。

この間、まっこさんがゲットしたミニ財布をキッカケにじゅりがー Zさんと各々の財布を見せあって楽しんでいた時に、pipiham内で検索をかけてみたら、最初に買ったオリジナルのピンクの羊さんマークのものと、赤と白のものと、遠鉄オリジナルのものしか出てこない。えーーー。なぜ。

そんなわけで改めて、いま一番お買い物に同行してもらっているお財布をご紹介♪たしか限定の「今日の小さいふ」だったと思います。

チョコレート色の革が今までのピンクや赤白と違って汚れが目立たなくて良いです。そして内側の地がベージュでマルチカラーが全て黄みがかったパステルカラーなのがとっても好み。そしてドロップみたいに三角形なのが妙に80年代ぽくて多面的にたまらん!

普段は巨大かつ重たいバッグ持ちですが、近所に行く時は小さいバッグなのでとってもお役立ちさんです。ういやつめ♪

カメラの幻覚

「おはよう……あれ?」目をごしごし。

わたしの偏頭痛&緊張性頭痛MIXは起こってしまったら、薬を飲もうと寝ていようとジワジワ3日続く面倒なやつで今日はちょうどその2日目。抜けるのは日曜日の朝かな。

そんな頭痛のせいか、朝からリビングのテーブルの上に幻覚を見てしまいました。ソニーのミラーレス一眼がのっているよ。へー不思議な幻覚が見えるものです。触ってみると実体がある!ああ、わたしの頭痛もここまで来たか。そっか、今までOM-Dが2台あるように見えたのも幻覚かもしれないし、GR機がどんどん増殖されているのも幻覚なんだ。そうだ、そうだ。そうに違いない!

なーんて、そんなわけがありません。大きなゲッシさんがまたカメラをお迎えしていました。うーん。ここ数ヶ月、確かに「ソニー、ソニー」言っていたもんな。

結婚する前はふたりともPENTAX派だったはずなのですが、プチ花ちゃん誕生のCANON MARK II 5Dを皮切りにリコーだのオリンパスだのLeicaだのどんどん増えてとうとうSONYが我が家に。もはやカメラ魑魅魍魎の館になっています。大きなゲッシさん、恐ろしいわ。

ちなみにプチ花ちゃん、中学にあがったら写真部と科学部をかけもちしたいそうです。ぜひ家のカメラたちを使ってほしい!わたしのLeicaQは貸さないけどw

小さいネズミ

晴れの日が続きますが、わたしは偏頭痛です。

前々から気づいていましたが、わたしは低気圧より高気圧に弱い。頭がいたーい。

とはいえプチ花ちゃんのお世話に休みはなし。特に昨日今日のように尋常ではない寒さの日に冷やしてはいけないと、外出には気をつかいます。ああ、こんな時はクルマで送り迎えをしているお母さんたちがうらやましい。

でもわたしには強い味方がいます。それは待ち時間に寄るカフェの熱いカプチーノ。そしてAir Mac!外でも仕事(または遊び)がしやすいようにミニミニマウスを買ってみました。小さなマウスを使っていると嬉しくなってしまうのはハムスターのようだからかな。でもマウスを使う民は我が家ではわたしひとり。今に「マウス使っているよ。ぷ」と笑われる時代遅れな人になるのでしょうか。いや、もうなっていたりして。