<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ありがとう。

花ちゃんは自分が天国に行く前に、わたしを心配してポピコを連れて来てくれました。

ポピコも49日が済んで魂が空に行く前に、いろんな種を蒔いていってくれたようです。ここ数日で嬉しいことや、楽しいこと、新しいことが芽生え始めている気がします。

ありがとう。花ちゃん。ポピコ。ピピハムたち。

いつかまた再会できた時に恥ずかしくない生き方をしていきたいなと思っています。いや、今でも十分、恥だらけの人生ではありますが「楽しかったよ、人間も。だから安心して人間に生まれ変わりな」と彼女彼らに伝えたいです。それでは、一度さようなら。ポピコありがとう。

お供えの和菓子

ポピコのお葬式の翌日に大きなゲッシさんの祖父母、大叔母の法事がありました。

お寺でエア数珠を握りしめながら(そろそろ大人として数珠を必要に感じます)、大きなゲッシさんの祖先の皆さまには「どうぞ新入りのポピコを温かく迎えてやってください」、お坊さんには「すみませんが、ポピコにも読経をお願いします」とお祈りしながら、お経を読んでいました。

その法事のお土産にいただいた和菓子を花姉妹にお供えしました。

大きなゲッシさん一族はお茶の先生が多く、本家のおばさまもまた先生なのでいつも美味しい和菓子をいただきます。

ポピコがすんごいおばあちゃんになったら、一緒にあんこを食べたり、こってりした濃厚なケーキを焼こうと思っていたりしたのになーと寂しい気分になりながらも、濃いお茶を煎れて花姉妹の写真を見ながらいただきました。おいしゅうございました。ごちそうさまです。

香りの食べ物

どんちゃさんから譲っていただいたプレーリードッグのタンブラーにお水を、そしてお線香を焚いています。亡くなってからは香りが食べ物だと聞いたので。

花ちゃんとポピコへのお線香だからリスのお香立てを探そうかと思ったのですが、京都のお友だちのお香典返しでいただいた松栄堂の綺麗なセットをあることを思い出し、ひっぱりだしてきてみました。

このお線香をいただいた時、まさかポピコに使うとは思わなかった。

最後はほとんど食べてくれなくなっちゃったポピコだけど、今は良い香りを食べて、49日過ぎたら天国でみんなと美味しいものを好きなだけ食べてください。

ポピコのお花

もう一つのお花をいただきました。

じゅりがーZさんが編んでくださったお花のクッションです。

「ポピコちゃんの好きだった場所に置いてあげてください」と言っていただいたので、ポピコが良く日向ぼっこをしていた陽だまりになるところに置かせてもらっています。

いつもじゅりがーZさんの魔法のマッサージにうっとりしていたポピコなので、きっとクッションの上で気持ち良くくったりしているに違いない。素敵なプレゼントをどうもありがとうございます。とても嬉しかったです。

花束を花姉妹に

ポピコが虹を渡る時のベッドに入れたお花です。

いつも行っている仲良しのお花屋さんにポピコの特徴を伝えながら泣いてしまうプチ花ちゃんにも切なくなりました。お花屋さんにも、ほぼ寝たきりのペットさんがいるそうで、たくさんお花をサービスしてくださいました。ありがたいことです。

花姉妹だった、ポピーのポピコもお花、喜んでくれたらいいな。

 

こちらはchoiさんとまっこさんからいただいたお花です。

とてもシックで美しくて、ポピコらしいお茶目っぽい実や葉っぱも入った素敵なお花でした。ありがとうございます。

いただいたカードを読んで、プチ花ちゃんともども号泣。ツンデレの花ちゃんも可愛いかったけど、誰かまわずポピッとなついちゃうポピコもまた我が家自慢の娘でした。

(先日の写真と同じようですが、あちらはポピコにピントが、こちらはお花に合っている写真なので、実は違うのです。紛らわしくてスミマセン)

小鳥の食事

鳥さんのように、粟の穂や燕麦が好きなポピコ。

うちのゲッシたちは小鳥食な子が多いので、いつもペットショップで買い物をしながら「これはハムスターやプレーリードッグを飼っている人のチョイスじゃないなー。鳥飼いさんだと思われるだろうな」と思ってしまいます。

またペレットも食べ始めてくれているけどね。

立つ=焦る?

きょとん、と見上げた顔に見えますが、その実「抱っこ抱っこ!」「おやつおやつ!」と焦った様子で立っているポピコ。

確かに二足歩行の動物が「立つ」ぐらいだから、焦っているシーンなのでしょう。

走るとゼエゼエなってしまい、その後の回復に時間がかかるので、むしろ走らないことに決めているわたしが走っているようなものなのかな。

ちなみにそんなわたしを走らせることができるのは……もちろんプチ花ちゃん!ランチ後にお母さん友だち達と学校近くで待ちぶせをしていたのですが、先に帰ってきた同級生の友だちに「プチ花ちゃん、給食、食べられなくてまだ残っているよー」と聞いた時です。一瞬脳裏によぎったのは教室で泣いているプチ花ちゃん。気づいたら学校に向かって走っていたのですが、ヘラヘラと笑いながら学校を出てきたプチ花ちゃんに安心してへたりこみそうになりました。そうだ、プチ花ちゃんハート強いやつだった。先生も優しいしw

その後LINEやらメールで「プチ花ちゃん、大丈夫だった?」といただき、相当わたしも焦っていたんだろうなーと思いました。走るぐらいだし!ポピコが立っているのも、そんな焦りっぷり所以かもしれませんw

15年目のサボり

しゃあしゃあと書いてはおりますが、6月を丸サボりしてしまいました。

実は6月がpipihamを始めた月だというに。

2001年スタートなので、これで15年目です。嬉しいとか感慨深いというよりも、恐ろしいという気持ちのほうが大きいw

これからものんびりやっていけたらいいなあ。

そうだ、15周年記念に何か買っちゃおうかな。長財布が欲しい気がする。なんならBOTTEGA VENETAのネイビーかグレーが可愛い気がする。JIMMY CHOOもいいな。靴は似合わないけど、名前が憧れのチュウw いや、まだ気のせいだけど(ということにしておこう)

太・っ・た♪

やっとポピコの食欲が戻ってきましたー。

一度は生牧草にはまってくれたもののじょじょにまた食指が動かなくなり、痩せた姿を見てはため息をつく6月だったのですが、ここに来てやっと太り始めてくれました。

写真はわたしの膝の上で仰向けになってアメリペットを食べるポピコです。すっかり美しいウェストができちゃっていますが、少しづつ寸胴に戻していこう。

あ、もしかしてわたしの肉が落ちるのと反比例してポピコについたのかな。肉の世界でつながるポピコと飼い主。

痩・せ・た♪

pipihamを始めた頃に比べれば大増量キャンペーンは今なお実施中ですが、それでも5キロ痩せました♪

その名もクローズzeroダイエットw

通りすがるお母さん友だち達に「ちょっと!痩せたでしょ!」と言われるたびに「いやクローズzeroって映画があって、それ観ると興奮して交感神経が活発になってお腹が減らなくなるのよー!名付けてクローズダイエット♪」と喧伝しまくり「わかった。今度観てみる!」と言ってはもらっているものの、誰も観ていないに違いない。お母さんたち、優しいなw

しかしプチ花ちゃんから「もう、やめて!これ以上、痩せないで!」(注:全然、痩せているほうではありません)と娘ストップがかかったので、このあたりでやめておきます。あー、クローズって素晴らしい。