<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
麻と綿の服

ここのところ、夏が近くなってくるとシャラシャラした素材の服が着たくなります。

だいぶ前のお誕生日にツモリチサトさんのクレプリという、とても可愛いシワ加工のお洋服をいただいたことがあって、それがなんとも涼しくて肌触りが気持ち良くて、その当時はその感触が忘れられずクレプリを買ってみたりしてはいたのですが、今はもうなくなってしまい、そのイメージの残像を求めて綿と麻の混紡の、良い具合の生地を見かけては試着してみたりしております。

で、こちらは紫色のスカートと、紺色のストール。この色の組み合わせが好きで好きで、プチ花ちゃんに良くこんな服を着せていました。こっそり合わせて自分もですがw

肌寒い春を感じぬまま、一気に夏になりそうな暑さなので、もう重宝しそう。スカートが長すぎて(いや、わたしが小さすぎるのだけど)お直しに出しているので、帰ってくるのが楽しみです♪

灰色の防寒着

今週末、夜まで屋外でぶるぶる寒さと戦う予定なので、我が家最強の防寒着を探していたら、ありました!

FREITAGの山の中にグレーの異素材のものが埋まっていて、「あれ?こんなバッグinバッグ買ったっけ?」と思ったら、懐かしのモンクレールさん。すっかり忘れていてごめん。買ったらすぐに毛玉ができて切っている最中に服を傷つけてしまったり、太ってしまってきつくなったりしてだいぶ着ていなかったような。

でも大丈夫!リバウンドしているとはいえ、また着られる!(物理的に)

でも大丈夫!良い毛玉取りを買ったから、また着られる!(見栄え的に)

今年もまた、どうぞよろしく♪

18m.jpg

ファースヌード

このノッペリした物体はいったい何でしょう。「ざんねんないきもの展」にいた、敵に攻撃されると内臓をひっくり返すナマコではなりません。フェイクファーのスヌードです。「ファースヌード」と書くと「ファーストヌード」みたいですが、ざんねんないきもの展にいた動物たちは、もちろんヌード。ファーはあったりなかったり。

先日、頭痛がするーとぼやいていたら「首から肩をぬくめておいたほうがいいよ」とアドバイスをもらったので、首まわりをぬくぬくさせるものを探してみました。

プチ花ちゃんと一緒に駅ビルの雑貨屋さんで小物をひやかしていた時にセールになっていたグレーと紺色です。いつもの色なので馴染みのないアイテムでも安心。頭からスポッとかぶるだけだから面倒じゃない。それでもってぬくぬく。冬の間は手放せなさそうです。スヌード、今さらながら開眼しました。

朝のクレーム対応

プチ花ちゃんが朝、寝起きに「眠い」「寒い」と言うようになってきました。

基本は理詰めな我が家。「眠いのは、昨夜あれだけ早く寝なさいと言ったのに、遊んでいて寝なかったプチ花ちゃんのせいでしょ」「毎朝リビングはちゃんとタイマーで暖めてあるのだから、お布団から出て寒いと思うなら何か上からはおりなさい」と言った具合に「眠い」「寒い」の文句を一切、受けつけておりません。が、それでもブウブウ言うようになってきましたw

なので「眠い」については「知らん!」ですが、ぬくぬく布団から出たばかりの「寒い」についてだけでも対応しようと、上にはおるバスローブを出してきました。おじいちゃんのドイツ土産のポストマンさんです。まだ入るなんて♪これを朝、パジャマの上に着れば寒くないはず。これにて朝の苦情はひとつ減る予定です。安心。

セールの季節

うさぎさん袖のフェイクスエードのワンピース。

 

そしてこちらはスカイブルー、ブルーグレー2色の青い布を使ったスカート。セールの戦利品です。

どっちも少し変わった服で、いつもの元値とセール品の差額をレシートで見ると天にも昇りそうな気分になる激安なファミリーセールではなく、あんまり安くはなっていなかったけど可愛くて気に入ったのでゲットしてしまったという類のお買い物です。

最近はどうしても紺と灰色と黒とアイボリーの適度にコンサバな格好で近所をうろつくことが多く、あんまり変わった服を買っていなかったので、なんだか嬉しいな。今年は少しオシャレしよう。いや、したいです。(希望)

鉱石ブレスレット

ホテルで朝、起きて。ビュッフェに行って「食べ終わったら温泉に行こうね」なんてプチ花ちゃんと話していたら、うちの父より入電。「いまホテルのロビーにいるぞ」えええええええーーーっ!!!!!

確かに父も2駅先の甲府に同窓会で泊まっていました。でも今日もバスを貸し切って同窓会のツアーだったはず。あわててロビーにかけつけると、そのバスの行き先のひとつに近かったから寄ってもらって降りちゃったとのこと。両親におつきあいを反対された彼女が家出してボストンバッグ片手に(いや、ここは両手で持ったほうが雰囲気か)大雨の中アパートの前で「来ちゃった……」じゃないんだから、もう。

というわけで、お風呂も早々に切り上げて、プチ花ちゃんが行きたがっていた宝石のちりばめられた足湯に行きましょう♪この足湯、綺麗な石がたくさん埋め込まれていてキラキラに美しいのですが、痛い。ものすごくツボを刺激してきて痛い。とても効きそう。見た目は華奢で優しげな美人整体師さんにゴリゴリと体を治されて痛い、そんな気分。

12k2.JPG

 

足湯の奥には天然石のお店があります。そして父の参入によって得たもの。それは初めての石のブレスレットです。プチ花ちゃんは自分が選んだ石でブレスレットを作る気まんまんでいましたが、わたしまで買ってもらえることになり、まさかのつい(笑)

石の持つ力を考えてしまうと、あれもこれもと欲張りたくなってしまうので、いろんな石を見てまわって自分が普段つけても違和感がなさそうな、そして素敵だと思うものを選んだら黒瑪瑙(オニキス)と黒トルマリンでした。めっちゃ邪悪から守ってくれて健康に良いっぽい(笑)

12m.JPG

 

プチ花ちゃんが手作りブレスレットはこちらになります。先にピンク色の大きな石を選んでいてお店の方にハラハラされていましたが、自分で決めるとなったら決めるので、ここは手出し無用で。甲府が産地の水晶が各色たくさん入っています。

帰ってネットで天然石についていろいろ調べていたら、横からMacを覗き込むプチ花ちゃん。石を浄化するのに、水晶のクラスターの上にのせるのがいいと書かれているを見て「わたし、これ持ってるー!」とミネラルフェアで割った水晶を持ってきてくれました。これでいいのか?と思いつつも、置いてみました。しかもふたつあるから、それぞれ専用に。ギザギザしているのなら、紫水晶があるけど、そっちのほうがいいのかな。今度またミネラル系のフェアに行った時に聞いてみよう。

12m2.JPG

 

寄宿舎の服

プチ花ちゃんはあまりお洋服に興味がなくて、いや、あまりどころか全然興味がなくて(涙)お洋服屋さんよりビックカメラのゲームコーナーに行きたいし、お洋服屋さんに行ったとしても「レジの横でゲームして待っていていい?」と聞いてくる始末。いやいや、君の服だよ……orz

そんなわけで「お母さん、今日の服を選んでー」「はいはい。今日は体育あるの?(着替えが簡単なものに)図工は?(絵の具がついても目立たない濃い色の服に)」毎朝、こんなやりとりがあって面倒くさい!そこでプチ花ちゃんに「お洋服選びなよー」と言ったら「無理無理。組み合わせがわからないもん!」と言われたので、毎日の洋服の組み合わせを写真に残しておくことにしました。2~3週間続ければ、今季はプチ花ちゃんもその写真を見て勝手に着替えてくれそう。

とはいえ、こだわりがないことには助かっています。わたしが色の地味な外国の寄宿舎風(わたしの中でのイメージ)の服を着せても文句言わないし!今日もチャコールグレーと黒のタイツや靴下を買ってしまいました。もう、わたしがこういう服を着たら町の若人たちに「ちょwwwやばwww」とスマホで写真を撮られても仕方ない所業ですし、なんなら寄宿舎のシスター気分で飾りの少ない紺・チャコールグレーのワンピースを着るとお受験ママにしか見えないという、とんだ事態となってしまいましたので、プチ花ちゃんに時々は着てほしくなります。

9m.JPG

ハロウィンの日

Happy Halloween!!!!!

今年は偶然、飲み会で土曜日に渋谷にいたもので、大変な大人たちのハロウィンに出くわしてしまい驚いたのですが(主に外人さんたちのゾンビの本物っぽさに!)低学年キッズのハロウィンは単なるコスプレで安心。

プチ花ちゃんはお約束の「けものフレンズ・サーバルちゃん」と「ポケモン・ピカチュウ」でした。今年もまだ楽しめて良かった。ちなみにお友だちと行ったハロウィンイベントはうちも含めて大きなゲッシさん含めお父さん達にお付きの者をお願いしたのですが、ボディペイントやピエロなどのサブイベントに一切、寄らせてもらえなかったようで(たぶん、目にすら止まっていないに違いないw)お母さんたちの「楽しむなら全て楽しませたい」というきめ細やかを思い知るが良い!

31m.JPG

 

お友だちからいただいたハロウィンのお菓子。

こちらのお裁縫上手なママからは数年前にヒョウ柄のシッポをもらったことがあって、それが今年のサーバルちゃんコスプレで大活躍しました。ヒョウ柄耳は100円ショップで、蝶ネクタイやスカートはインターネットで、アームとレッグウォーマーは外国の子供用ヒョウ柄コスプレキットからそこだけ抜いて使って(これが高額!)という組み合わせでしたが、シッポだけはなかったので助かりました。お裁縫、できるといいね♪(すっかりできない人にw)

31m2.JPG

灰色の王

子供たちがバッグにつけて使っている、ビヨーンと伸びるsuica入れ。

多摩動物公園に行った時に、ついうっかりオオカミ王ロボバージョンをゲットしてしまったのですが、これが便利この上ありません。いつもバッグからお財布を探して出して、また入れてという面倒なアクションがゼロ!毎日バッグを変えるのでつけ忘れが懸念されますが、なにせ存在感が大きいので忘れるのもまた難しいw

そしてグレーがたいていわたしの身につけている色に合うのでありがたいです。本当はタスマニアンデビルが欲しかったのだけど、商品としてなくて残念。でも色でいえばオオカミで正解だったかも♪

17m2.jpg

 

プチ花ちゃんの多摩動物公園みやげは、こちらのチーターさん。相性チータン。

わたしがタスマニアンデビルのsuica入れが欲しかったように、本当はサーバルキャットのぬいぐるみが欲しかったプチ花ちゃんでしたが、同じく商品としてない。ネットで調べてみてもサーバルちゃんぬいはない。シンガポールの動物園にはあるみたいなので、いつかkojutoさんちに遊びに行った時にゲットしよう〜。

17m.jpg

用途はふたつ

プチ花ちゃんの習い事の待ち時間に、ふらりと立ち寄ったJINSで眼鏡の衝動買いをしてしまいました。2本目からは10%OFFというキャンペーンにうかうかと乗ってみました。2本ゲット。

JINSはコンタクトの数値で言うところの-9.50という超ド近眼にも対応しているレンズを常備してくれているのでありがたいです。こちらはソリッドなフレーム。持ち歩き用の、コンタクトレンズの上にかける、いわゆるアレです。老眼鏡です。もう暗いと小さな文字がなーんも見えません。鳥目ではなく、老眼です。確定です。

 

もう1本は近眼用です。こちらは、つややかフレーム。でも結果、紫がかった茶色の四角いフレームが好きという、自分の趣味を見せつけられたような2本でした。丸いのもボストンもメタルフレームも可愛い色も似合わない……orz

そして面白かったのが、プチ花ちゃんを習い事に迎えに行ってから一緒に眼鏡を取りに行ったのですが、数あるケースの中から「どの2つを選んだと思う?」と聞いたら、上下の2個をピタリと当ててくれました。グレーのチェックと黒のツィード。「なんでわかったの!?」と聞いたら「わかったんじゃなくて、わたしの好きなのを選んだだけ」と言われ、親の影響って怖いと思いました。教えようとしてなくても、親が選ぶものを子は良いと刷り込まれてしまうのね。わたしですまんかった、プチ花ちゃん(涙)