<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
足だけ島風

ああ、まだ島にいるはずなのに……っ!でもやはり今日の船は着岸できなかったとの情報を得て、面倒なく帰ってこれて良かったなーと胸をなでおろしてもいます。

さて、今年は新たにデビューしてみたものがあります。それはギョサンとミサンガ。

まずはギョサン。島に来ている人のほとんどがギョサンだとは知っていたのですが、毎年ヒールのあるクロックスで行っていてデビューしないままここまで来ました。でもスポーツするようになってペタンコな靴にも慣れてきたこと、それから坂道の多い島でヒールのあるクロックスだと転んでしまいそうなこと、そんなことを理由にとうとう竹島桟橋の売店でラメ入りのネイビーを買いました。夜空色、のつもり。

そしてミサンガ。いつも泊まっているお宿の女の子の手作りです。写真には写っていないのですが、貝殻のチャームがついています。プチ花ちゃんは、わたしのと色違いでマゼンダ×ピンク×白。お仲間のとてもかっこいいハーフの女の子が手にも足にもたくさんのミサンガをしていて激しく素敵なので、お願いして結んでもらいました。きっと無造作な結び方にもセンスがあるに違いない!

とりあえず来年に向けての覚書。●フィンをもう少し短くて軽いのに変える●あご紐つきハットを買う●Leicaを持って行く●ペディキュアをする●ワンピースだけでなく、Tシャツ+短パンも検討(ギョサンに似合うから)

10m.jpg

ジミーなウェア

やっと咳がおさまって昨日から運動に復活できています。からだ錆びついてるー♪

この1週間「あー運動したい」と思いつつ、笑っただけで咳き込んでしまうような状態だったので、少しからだを動せばしばらく復活できぬほどの喘息状態。つまらん。

そこで毎日、何をしていたかというとネットのセールでスポーツウェアを探していました。カーキのクロップドパンツが欲しかったので、adidasでポチッと。

 

ついでに今のところ試着したトップスの中で自分の体型に一番合っている気がする同じくadidasのTシャツ2枚目いってみました。1枚目はヘビーユースすぎて毛玉がw

クロップドパンツはMがなくて「まあ、ウェストの紐で絞ればいいかな」とLを頼んでみたら、ただでさえ大きい上に構造上ポケットが横に張り出していて絶妙にオシリが大きく見える。当方おばさんであり洋梨体型が魅力のゲッシではないのでオシリが大きく見えて嬉しいことは何もない。けど、着る。

しかし写真に撮ってみると本当に地味な色使いです。そして普段着と色合いがまるで変わらない。時にはスポーツウェアで自転車に乗り知り合いだらけのご近所を通っていくので「あれ?ピピさんがスポーツ?何やっているの?」とつっこまれるのも面倒で、あんまりスポーツスポーツした組み合わせではないほうがいいのです。そしてできれば見つからないよう目立たぬ色がいいのです。そんなわけで黒とカーキの通常運転ウェアをゲットです。

CNPラボ

facebookでお友だちが超絶賛していた韓国皮膚科のドクターズコスメ「CNP Laboratory」を2つほどゲットしてみました。

ひとつはプロポリスエネルギーアンプル。

正直「いいよ♪」とオススメされたものを良く調べもせず直情型犯行でamazonにてポチッてしまったので、これが何だかは説明できませんが、ものすごくトロみがある美容液みたいなものかな?蜂蜜をそのまま塗っているみたい。

そして塗ってからの乾かなさ加減はエリザベスアーデンのエイトアワークリームばり。悪く言えばベタつきがあるわけですが、それが一晩中、水分を内包してくれていると思えば、うつぶせでは眠れませんw

 

2つ目はピーリングブースター。洗顔のあとに塗って、その後つける基礎化粧品の入りを良くするもの……でしょう、きっと!

どちらも使って2週間ぐらいになりますが、たぶん良いような気がします。今週、肌に目ざとい友人と鍼灸院に行くので、その時に感想を聞いてみよう。

13m.jpg

憧れフーミー

まっこさんに憧れて、まずは雑誌の付録からひっそり裏口入門させてもらったイガリ風メイク。

とうとう本当に、本物の、おまけではないフーミーをゲットしてしまいました。もうパッケージからしてガーリー!こんなわたしがつけてもいいですか?というぐらいガーリーだけど、普段からエチュードハウスやBoricaなども使用しているので、そういう意味での心は鋼♪

お迎えしたのは、まっこさんが雑誌のふろくで買われていて「これと眉毛さえ描いていれば化粧しているように見える」とおっしゃっていたクリームシャドウみたいなアイライナーみたいなペンシルと、濃い赤のリップ、コーラルピンクのクリームチークです。

ローズ色のアイライナーは下のまぶたにも入れて目を囲んだ瞬間「あ、イガリさんのメイクだ!」となりました。赤いリップはごく薄く指でつけるととても綺麗な唇の色に。チークは伸ばさなくてもいいぐらい淡い色なので外で使いやすい。全員、外出用ポーチ入りの子となりました。

5m2.jpg

 

外箱のデザインも可愛くて、捨てる前に写真に撮らずにはいられません。

いやもう本当に「まっこが可愛いのであって●●が可愛いわけではない」シリーズなのかもしれませんが、でもね、持ってもつけても可愛いし、やっぱり知らなかったメイクするのは楽しい。まっこさんとわたしは肌の色も髪の色もイメージ(人形というぶっとんだ例えをするならフランス人形と市松人形ぐらい違う)も全部ちがうから、選ぶ色もきっと違うんだろうけど、新しいメイクをこうしたキッカケで試させてもらうのは本当にありがたいことだと思います。

プチ花ちゃんの友達のお姉さん(中3)にもプチ花ちゃんのお付きの者としてエチュードハウスに連れて行ったりもらったり、も。

5m.jpg

文化祭の座敷童子

さて、文化祭当日。

昨日書いた通り、宣伝の衣裳は幽霊風をご所望。学校で頭につける白い三角の布(天冠 -てんがん- というそうです)を作ったので合わせて幽霊風の白い着物を着たがっていましたが、学校で着替えている時間がないそうなので、白い楊柳のワンピースに赤い細い帯を後ろでリボン結びにすることに決定。

校内で飛びまわって宣伝をしていくと幽霊じゃなくて座敷童子に間違えられたようで、笑っていました。

また他のクラスでもお化け屋敷をやっていたそうで、そちらは洋風で魔女っぽい黒い服が制服だったそう。途中でそのクラスの宣伝の子といっしょになって「もうどっちに来てくれてもいいよねー」と、白と黒で「5年はお化け屋敷がいっぱいあるよー」「どっちでもいいから来てねー」とコラボしていたようです。楽しそうだな。

そんなお化け屋敷に大きなゲッシさんや他のママと遊びに行くと、まずはお化け屋敷の設定である「担任の先生が幽霊にさらわれた」という映像をipadで見せられます。凝っている!このデジタルネイティブたちめ!そして中で子供たちが出してくれるナゾナゾを解いて救出するのですが、そのナゾナゾが難しい。「とればとるほど増えるもの何だ?」の問いに大人たちは「借金!」「白髪?」と身も蓋もない解答をしていました。大人は世知辛いけど、子供たちが楽しそうで何より。

あ、答えは「カルタ」です。

お化粧の最後に

食べ物の話が続いています。そう。毎日、身体を動かしては美味しいご飯を食しております。

わたしは脂分を取らないとパサパサになっちゃう教の人間なので、なんでも食べ放題。でも少し痩せてきたー。筋肉がついてきているので体重はあんまり変わってないと思い体重計にすら乗っていませんが、フォルム、特に腰回りが変わっているので、たぶんw

で、食べ物ではない話、ということで最近お化粧の最後のシュシューとしているd Programのアレルバリア ミストのことなんぞを。その昔、高校生の時にニキビができてしまい何をやっても治らなくて、でもどうしてもデートの時は隠したい!と当時のプチプラでファンデーションを買って「ああ、ニキビができている肌をファンデーションで塗り込めて息できなくしてしまうなんて最悪なのに!(当時はそういう常識)」と思いながらも塗って出たら治ってしまったという出来事がありました。

皮膚科の先生に報告したら「きっと外からの刺激でできていたニキビだったんだね。あなたの場合、接触性皮膚炎を起こしているのかも」と教えてもらえてもらい、「そっか。わたしは外気を遮断したほうがいい肌なんだな」と解釈してン十年。アレルバリアと言われれば、ぜひお願いします!と手を差し出したい所存です。シュシューで守ってくれてありがとう。

27m.jpg

パッケージ祭り

ここ数年、朝の洗顔は泡で洗わない!皮脂は油分で落とす!を自分のテーマとし、LUSHの「天使の優しさ」か「毎日が晩餐」で洗っています。冬は2種類のトウモロコシパウダーがスクラブとして入ったコッテリ「毎日が晩餐」、夏は中世のレシピというのが素敵なアーモンドオイルでしっとり「天使の優しさ」をメインとしているのですが、ふと気づくとたんまりとパッケージがたまっています。

LUSHはパッケージ5個とフレッシュフェイスマスクと交換してくれるので、(小学校で集めているベルマークのせいか)交換大好きなプチ花ちゃんと、いそいそと袋に詰め込んでお店に行ってきました。

 

そして本当にパッケージ10個はフレッシュフェイスマスク2個に変身しましたー♪

選んだのは海藻が水分補給をしてくれる「人魚姫」と、毎日が晩餐を使っているなら「ご褒美の週末」も使うべき、と名前で選んだその2個をお持ち帰りしました。どちらも気持ちいいー!

ちなみにフレッシュマスクはフレッシュなだけに使用期間が短く、2個のフェイスマスクを短期間で使いきるのは至難の技。今度は5個たまったらすぐに行こうと思いました。(備忘録)

 

黒革のミュール

黒の革のミュールを買いました。

底が高い靴を履いて身長は偽証したい。でも、いわゆる細いヒールはもう体が悲鳴をあげるようになってしまいました。足が痛い。そこで採用したるはウェッジソール♪

このタイプのミュールは今、着ている感じの服にとても合うことがわかったので白も買うことに。セールで買った白のバッグと揃えたら夏っぽいかな♪今年はこのミュールと厚底スニーカーで闊歩してまいります。

5m.jpg

塗った感Zero

母親世代の女性から「とにかく手の甲のシミは防ぎなさい。なぜなら、ずっと目につく場所だから見るたびに気持ちがどんよりするのよー」とありがたい教えを授かりました。確かにわたしたち世代はおばあさんになってからもPCをするに違いない。キーボードで文字を打つ時、手の甲はとても目につきやすい。そんな時、手の甲のシミをずっと見せつけられたら本当にしょんぼりしちゃいそうです。気をつけよう!

顔はDプログラムのアレルバリアエッセンスBBに入っているUVカットで守られているし、日差しが強い歩きの日には日傘だって差している。しかーし!顔以外はすべて無防備。どのぐらい無防備かというと、まだ6月に入ったばかりだと言うのに既に半そで焼けしているほどです。とほほ。

というのも、どうしても日焼け止めは皮膚が苦しくなっちゃうような気がするんです。顔はもともとファンデーションを塗っているので平気なのですが、腕は何も塗ったことがないので、なんだか気持ち悪い。毎年、勢い込んで子供と一緒に使える低刺激の日焼け止めを買うのですが、1回か2回塗ってすぐにお蔵入りさせてしまいます。でも今年は違います。将来の手の甲のシミが本当に怖い。なので、できるだけサラサラの日焼け止めを探しに行ったら……ありましたー!NIVEAのゼロフィーリング。まさに塗った感じがZero!これはすごい。今年の夏はこれで頑張ります。

3m.jpg

白と紺で夏準備

Saleでお買い物しに、中目黒へ行ってきました。

今年の夏でダメになっていい!合皮の白いバッグと、ネイビーのTシャツ、薄手の丸首カーディガンをゲット。地味ながらもがっつり使えそうで嬉しい♪

恵比寿で待ち合わせとか、恵比寿でひとりご飯というとつい筑紫樓でフカヒレが多いのですが、実は先週も知り合いとランチしたばかり。なので憧れ脂質爆発ランチをSHAKE SHACKでいただくか、チーズラーメンにするか、野菜のビュッフェにするか、うーんと悩んでいたら「もうすぐプチ花ちゃんの帰りの時間だ!」

そんなわけで駅ビルのDean&Dlucaでサラダ2種とコーヒーのランチをいただきました。さっくり食べられて美味しい。最高。そして紙袋の中もお洋服とバッグが入っていて幸せ。Saleは嬉しいなー。

24m.jpg