<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
80'sトランプ

トランプ熱が上がった時に頼んでいたものが、ぼちぼち集まり始めました。

こちらは任天堂プラスチックトランプのデッドストックです。

このデザイン。高野文子さんやさべあのまさんのような80年代の漫画の背景にあるような懐かしのイラストと、淡いピンクとベージュの組み合わせが何とも言えず好みです。可愛いうえにプラスチックなので日常使いトランプにしたい。しかーし昔の任天堂のパッケージに味がありすぎてもったいなくて開けられない。ああ、保存用トランプがまたひとつ増えた♪

あと増える予定なのは2つ。1個は保存用決定なので、もう一個を普段使いにしてあげられるか、悩ましい♪

買い替えor修理

いきなりプチ花ちゃんが大きな声で本を読み始めた。

「なぜ音読!?」と驚いてふりむくと、こんな姿になっていた。 退屈すぎて異能力ごっこ。目を隠していても指先だけで文字が読めるらしい。これを戦闘にどう生かすのかは、かなりの謎であります。

18k.jpg

 

さて、こんな風に窮屈な状態にされたからではないとは思いますが、プチ花ちゃんの眼鏡が壊れていました。

こうしてみるとそんなでもないのですが、完全に歪んでしまっていて右目と左目でレンズまでの距離が違うので、修理または買い替えは急務です。もうひとつ紺色の眼鏡があるのですが、それは度が低くて良く見えないそうな。

お店に行くと修理は不可能ということで、新しい眼鏡をひとつと紺色の眼鏡のレンズ交換をしてきたのですが、新しい眼鏡がとても可愛くてふたりして大のお気に入りになったので結果、良かった!

18m.jpg

 

さて、お次はiPhone6 plusです。プチ花ちゃんが落としてくれました。がーん。

プチ花ちゃん自身の電話は学校に持っていけるキッズケータイ。でもスマホのほうが便利なので学校以外のシーンではわたしの2機持ちiPhoneのひとつを貸しているのでありました。プチ花ちゃんが中学校に入った時点で解約の可能性が高いiPhoneなので機種変更をする可能性は低く、考えられる方法は修理、または現在家にあるGoogle Phoneを持ち込んでキャリアのSIMを差してもらう、のどちらか。

まずは修理工房へ行ってみました。純正のガラスを入れると13,000yen。眼鏡屋さんで散財した帰りにこれは厳しい。では、とGoogle PhoneにSIMカードを入れて番号を変えてもらおうということになりキャリアのショップに行ってみると、なんと通話ができるのにインターネットができない。なぜに(涙)1時間ほど頑張ってもらいましたが無理で結局はお手上げ。そこで再度、iPhone修理屋さんを探すと全面フィルター込み8,000円代で張り替えてもらえるお店を発見したので、それで手を打つことにしました。眼鏡もiPhoneの画面がピカピカになってプチ花ちゃんは大喜び。反省しなされ。

18m2.jpg

鉱石トランプ

またトランプ微熱が出てきたので、本屋さんの一角で開催されているトランプ・タロット展に行ってきました。

ネットで見ながらプチ花ちゃんが欲しいと言っていた鉱石のトランプを発見。塾が始まってしまったプチ花ちゃんの慰労の念を表してプレゼントすることにしました。

わたしもサンプル帳で絶版になってしまっているというネズミさんのトランプを見つけたのですが、ない。売っていない。ので、インターネットで探して注文してしまいました。ゲッシというだけでなく、小さなものたちが可愛いらしく暮らす小さな家の様子が描かれているものが好みです。届くのが楽しみー。

 

プチ花ちゃんはわたしと違って同じものを何個も欲しい人ではないので、ちょっと怒られるかしら?と思っていたら、喜んでもらえて良かったー。

さっそく開けて石をチェックしていました。他にも原石の時と磨いた時、どちらも描かれている鉱石のトランプがあるのですが、それは軒並み売り切れで残念な思いをしましたが、このトランプの絵もとても綺麗。全てのカードが違う絵柄のトランプって本当に贅沢だと思います。

と、そんなわけでこうしたプチブームの時にちょいちょいトランプを仕入れて、また忘れて、といった流れでコレクションは増えていきます。今回はねずみの他に、コーヒー、レトロなデッドストックのトランプが増える予定です。

ホワイトデー烈伝

今宵はホワイトデー。

来年の自分に向けて「これほどのものをいただいているのだから、ちゃんとこちらもバレンタインには素敵なものをお渡ししないとね」という注意をこめて備忘録代わりに今日までいただいたホワイトデーのお返しの一部を。

手作りマスク5枚セットとヘアゴム2つと携帯用消毒液。なんというタイムリーすぎるプレゼント。しかもマスクには全部、プチ花ちゃんのお名前テープが縫いこまれています。すごい。ありがたすぎる。

14m.jpg

 

そして、まさかのおませさんアイテム。

ヘアフレグランスや保湿パウダーを選んでくれたママたちもいました。ヘアフレグランスを見た瞬間「ヘアのフレグランスだから髪の香水でしょう?これが欲しかったのおーーー」をプチ花ちゃんが叫んでいました。本当かw

そして初めてのコンパクト、とても嬉しそうに洗顔後のお肌にパウダーをポンポンしていました。お化粧気分で嬉しいよね!

14m6.jpg

 

缶が可愛いくて絶対に捨てられないやつ。

中身は大好きなショートブレッドです。しょっぱくて甘くて最強のクッキー♪

14m2.jpg

 

これまた缶が面白くて可愛い。こういうキュートなおじさんが出てくるところがフランスぽいユーモアな気がしてしまいます。仏製の風刺トランプにこんな感じのイラストが多いです。

14m3.jpg

 

「プチ花ちゃんのイメージだけで選んじゃったの」と、なぜか申し訳なさそうなお言葉を添えていただいたクッキーです。うちではこういうちみちみとした可愛いクッキーはいただきモノ任せでわたしは買ってあげないので大喜びでした。

特にアイシングクッキーが好きなのに作っても買ってもあげていなかったので、その喜びようを見て少し反省。幼稚園時代に時々作っていた型抜きクッキーはかなり大変だった思い出が強く少しトラウマがあるので、アイスボックスクッキーとアイシングぐらいならキッチンを解放しようかな、今度。

14m0.jpg

 

缶ではなく紙製の箱だけど、まるで大きな宝石箱のよう〜。美味しくていろんな味が楽しいラングドシャです。ああ、はさんであるチョコが厚くて幸せ。

ちょうどプチ花ちゃんと大ゲンカ中に届けてくれたので、ふたりとも頭を冷やせて良かったです(笑)そろそろ塾が始まってほしい。いやでもあと数日で始まるけどw

今回、ここの載せたのは一部で、速攻で食べてしまい影も形もなくなってしまった美味しいチョコやクッキー、焼き菓子もたくさんいただきました。女子で良かったね、プチ花ちゃん。来年もがんばろー。

14m5.jpg

独歩の手帳

文ストに手帳が登場!

安吾のLeicaといい、独歩の手帳といい、なにゆえこれほどまでに好ましいイテムばかりが登場するのでしょう。第4期にはル・クルーゼのお鍋でも出てきてしまうのではないかと心配(期待)してしまいます。

と言っても改めて驚くほどのことでなくて、主要人物の異能力が手帳そのもので、しかもそのことは1巻発売当時7年前から知っていましたが、あえてネタがない本日、書かせてもらおう。

しかし探偵社・国木田独歩さんの「理想」手帳に書かれたこのスケジュール……過密すぎる……わたしの絵日記とは大違い……。

 

表紙はこちら。「さる職人が年間百冊しか造らない限定生産品」だそうです。それほしい。物欲が刺激されます。

とはいえこの数百冊、すべてが異能力者の手元に行くのでしょうか。そんなわけはない。なので限定とはいえ汎用のノートを異能力に使っているということは、もしかしたらわたしのほぼ日手帳もページに書けば何でも具現化されるかもしれない。

異能力「独歩吟客!」ならぬ「ピピ吟客!」ダメだ。ハムスターとプレーリードッグとプチ花ちゃんしか具現化できる気がしない。そこいらを齧ったり水浸しにしかしなさそうな能力w

 

そんな可愛い味方をページから具現化できるかもしれない手帳は、こちらになります。

そしてこちらも年間、何冊かしか造られない限定生産品であることも共通しています。それにしてもminaのpieceって限定何冊なのかしら。もしかして数百冊以下の限定品で、国木田さんの手帳の更に上をいくレアものかもしれない。能力が強そう!

国木田さんの手帳のことが知りたくてさっそく小説版の「太宰治の入社試験」をkindleで買いました。休校中、プチ花ちゃんが何かいいことをするたびに、うっかり文スト小説版をkindleにDLしてしまう甘すぎるわたしをお許しください。

休校とスーパー

出ましたね。全国の小中高臨時休校要請。ニュースが発表されるなりLINEでiphoneが鳴りっぱなしでした。昨日時点では「まだ要請だから東京都はどうなるかねー」なんて話していたのですが、休校が決定した瞬間、LINEに踊っていたのは「1日3食、ご飯を作らねば!」の文字。休校=外出控えろなわけで、外食が多いわたしたちには地味に大変。あとお昼の手抜きができない。

とりあえずプチ花ちゃんが休校の準備を整え、大荷物を持って学校から帰ってくる前に買い物にでも行っておこうかとスーパーマーケットに行くと、血相変えたお母さんたちが野菜を肉を魚をお米をパスタをカゴに入れていました。そうだよね。うちみたいに食の細いひとりっこ女子ならまだしも、食べ盛りの男子3人とかいたら1日でうちの1週間分の量を食べてしまいそう。

そしてマスクのみならずトイレットペーパーとティッシュペーパーがない!この時点でデマのせいだと知っていましたが、頭の中で我が家のストックを数えて、来週の月曜日ドラッグストアに供給されるとしてギリかも?足りなくなるかも?と判断し、トイレットペーパー探しの旅に出ることにしました。

スーパーもドラッグストアも軒並み売り切れですが、普段から自転車で4区をまたがって闊歩しているわたしの異能力「暇人」を発動。隣の隣の町のシャッター商店街に最近閉店してしまった薬局があり、以前は店頭にキャラもののトイレットペーパーが山のように積み上がっていたのを思い出して行ってみると……シャッターを半分だけ開けて臨時営業していました。でかした、異能力!当時、そこで良く他のお店にはないマイメロのトイレットペーパーを買っていて良かった!

そんなこんなでトイレットペーパーだけはストックがなくオシリの危機を感じて走り回ってしまいましたが、ティッシュペーパーとマスクは奔走していません。というか朝に弱いので薬局に並ぶとか本当に無理。

そもそもマスクは布のマスクを使っています。わたしは3つ、プチ花ちゃんは5つ持っているので、洗ってスチームアイロンをかければバッチリです。可愛いので、つける時、気持ちもあがるし♪

28m.jpg

大きさの罠

注文していた大量のポケモンノートが届きましたー!

待ちに待っていたプチ花ちゃん、ホクホクしてポケモンセンターオンラインならではの可愛いダンボールを開けたのですが、出てきたノートは……

 

ちっちぇーーーーーーー!!!!!

そうなんです。プチ花ちゃんが言うところの「渋谷PARCOで見たイーブイが寝ているノートが欲しい!」「これかー!」とポチったノートが小さい。とても小さい。可愛いけど、思っていたのと違うのはやっぱり悲しい。

でも怪我の功名か、ちょうどスタートさせた受験用漢字ドリルのできなかった問題を書いて、自分専用漢字テスト帳を作っていました。「帳」さえつけば、何でも夏目友人帳ぽくて好きなようです。

27m2.jpg

 

そして、わたしが頼んだノートはこちら。ポケモントレーナーのバッグの中身をイメージしたイラストのものです。リュックとハンカチを買って満足していたけど、ポケモンセンターオンラインでノート検索したら大好きなリングノートが出てきてしまい、こちらも堪らずポチッとな。

使い道ができたとはいえ、そしてその小ささがとても愛らしいとはいえ、箱を開けた時のショックは大きくてふたりして悲壮な気分になってしまったので、気持ちを切り替えて楽天でイーブイのノート5冊と下敷きを注文してしまいました。ポケモンノート合計19冊。がんばれ(笑

27m3.jpg

娘と強盗

ポケモンセンターオンラインでノートをたくさん買いました。

渋谷PARCOでは見たけれどamazonでは売っていなくて売り切れかと思ったノートも発見し大喜びするプチ花ちゃん。「お母さん、ありがとう!ありがとう!」と盛大にお礼を言われたので「お父さんのカードで買ったんだよ」とプチ花ちゃんに報告すると、こう返ってきた。

「え?そうなの?悪くない?でもまあ、強盗に奪われるより娘のノートに使われるほうがまだマシか」

プチ花ちゃんの中では、強盗と娘、だいたい同列の存在のようです。

学校ではキャラクターノートは禁止されていますが、塾や家庭学習用ならポケモンも可。ちょうどお友だちからもらったポケモンノートを使いたいけど1冊しかないからもったいなくて使えないというジレンマに陥っていたので、それならポケモンノートにどんなのがあるか調べてみて気に入ったのがあったら買おうよ、という流れになりました。もちろんわたしのポケモンリングノートもゲット。届くのが待ち遠しいです。

24m.jpg

5マーカーズ

これだけ勉強しました時間を記しているバーチカル手帳、最初は国算と社理で分けて2色のマーカーを使っていたのですが、やっぱりそれだと基本、勉強するつもりのない理科と国語が抜け落ちていてもわからないシステムなことに気づいたので、4教科ごとの色分けにしました。そしてもう1色は塾を表す色。

赤、黄、青、緑、紫と、だんだんプリキュアとか戦隊モノっぽくなってきましたが、戦うマーカーたちなことには間違えありません。がんばれ、プチ花ちゃん。勉強するフリして手元にiPhoneを置いてYouTubeで漫画を読んでいる時間にマーカーを塗るのはやめてくれ(笑)

しかし本を読んでもアプリをしてもゲームでもkindleでも指を動かさないといけないのでサボっているのがバレるけど、動画で漫画を読んでいるなら気づきにくい。とにかくサボるための工夫ならマメだということがわかった新6年生の冬。

16m.jpg

チョコか缶か

今日はバレンタインデー。給食にバレンタインメニューが出るので絶対に行く!と言い張って怪我での学校のお休みは1日だけ。

プチ花ちゃんが学校に来ていたと子供たちから聞いたお母さんや、見かけたお母さんたちから「さすがプチ花ちゃん」「鋼のメンタル」「鬼滅の禰豆子に似ているだけあって強い」(←このお世辞は、いま一番嬉しいw)と、いろんなお褒めをいただきました。

チョコレートの交換もあるから、怪我ぐらいでは休んではいられないのらしいです。すごいチョコレート愛。

さて手作り、おしゃれチョコ、レアチョコ、などなど色んなチョコレートを交換したプチ花ちゃんですが、写真に撮り忘れてしまったので、とりあえず自分用のチョコと大きなゲッシさん用のチョコを。言い換えれば、自分用の缶ふたつですがw

まずはオードリーのチョコ。というか缶です。

14m.jpg

 

そして大きなゲッシさんにプレゼントしたあと、わたしがゲットする予定の缶はこちらです。素敵デザイン。

今日はお友だちの家に行き来してチョコレートを渡したり受け取ったりしたのですが、一番おもしろかったのは家の前で違う小学校に通う幼稚園時代の男子友だちがポツンと佇んでいたことです。待っていたのか、そうでないのかわかりませんが、渡せるとは思っていなかったのでナイスタイミング!「待っててね!」とプチ花ちゃんを残し話していてもらい、プレゼントできたらしようと思っていたチョコをプレゼントできました。

その子のママから「プチ花ちゃんの家の前を通っていること自体があやしい」と言われていました。毎年もらいにきてー♪

14m2.jpg