<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
月曜日の幸せ

月曜日。

プチ花ちゃんと大きなゲッシさんが出かけたあと、そこらへんにちょい置きされたふたりのグッズをそれぞれの部屋に戻し、リビングを片づけて掃除機をかけ、椅子をテーブルの上にあげて地球儀や道具箱までテーブルに乗せて床をあけてからの、真打!ブラーバ君登場です。

この時間のなんと幸せなこと。リビングをスッキリ綺麗にしてもらってからは、充電したり雑巾を変えたりしながら廊下からトイレ、玄関までくまなく拭いてもらってブラーバ君は1日がかりで家を掃除してくれます。

もしかしてゴム手袋をして自分で雑巾がけをしたら30分で終わるのかしら?と思いつつ、この健気にフキフキしてもらっている姿を見ながらソファに座ってコーヒー片手の小説を読んでいるのがたまらんのです。テクノロジーに寄与された怠惰な快楽。

amazonのセールと、それを教えてくれたお友だちありがとう!掃除機はmakitaでちゃっちゃか終わらせられますが、手湿疹が怖くてどうしても雑巾がけがしたくなかったので本当に嬉しい。ああ、静かだなあ。

新レイアウト

子年のプチ花ちゃんが住まうゲッシ部屋の模様替えをしました。

ロフトベッドと机を並行して配置していたのですが、どうにも床の面積の無駄づかいをしているレイアウトなようで、たくさんのものを広げて大きな工作するとき、少し動きづらそう。そこで奥に机をズズイと寄せてしまうことにしました。

うん、なぜ最初からこのレイアウトにしなかった?というぐらい、(狭い部屋ながらも)床が広くなり見た目もスッキリ。

5m.jpg


しかし、このレイアウトにできなかった理由はありました。それは昔から使っている白い鉄のゲームソフト棚。

これは倒れかかってくると大怪我必須の重さ鋭さなので、万が一倒れてくるようなことがあっても必ず何かにひっかかるような配置にしていたのです。
それが原因で何かと制限が多く以前のようなレイアウトだったのですが、ロフトベッドの階段の脇に白い棚より奥行きがあるママゴトキッチンを入れてもクローゼットのドアが開くことが判明し、並べて白い棚もいけるのではないかと計測してみるとビンゴ。ちょうどはまることがわかりました。しかも倒れてもクローゼットの扉でひっかかって倒れきれない。危険軽減!

そんなわけで、階段脇のコーナーをちょっぴり雑貨屋さんのようにして窓際の場所を作ったのでありました。ご満悦。

5m2.jpg

古いものの使い途

本当にバスルームのお掃除をプロにお願いして良かったー!

ピカピカにしてもらったのはもちろんのこと、その後、一家あげて水滴をつけたまま乾燥させないようモチベーションを保つことができるようになりました。どうしても、この状態を保ちたい。保たないと怒られる。(わたしに)

とにかく水がついた状態で乾燥するのが一番いけない、と言われたので、バスルームから出る前に壁や床をふくための専用・古いバスタオルを常に配置しておくことにしました。うちは震災の時、水槽から海水があふれて大量のバスタオルを使ったことから、体をふいたら傷つきそうなほど痛々のボロボロになったものでも取っておいてあるのです。それを使う機会ができて嬉しい。

とにかく来年の1月はプロの方を呼ばなくていい程度には保っていきたいです。それでかわりにキッチンをお願いするのです。楽しみー!

トランプとカレンダ

リビングに家族用の大きな壁掛けカレンダーがあるので、自分専用のものは使っていなかったのですが、父がフランスで買ってきてくれたものがとても可愛いかったので、机の横に貼っています。

今年のラッキーカラーを調べている時に手帳やカレンダーのことについても読んでいたら、所持した以上ちゃんと書いたほうがいい、日常的に使っていたほうがいいと書いてあったので、目に入った情報は1年ぐらい信じてしまうわたしはせっせと予定を書き込んで使っていますw

2020年用のカレンダーですが、最初の1枚目だけは2019年の9月から12月までの4ヶ月間分の日付が載っており、そのページの風景画を気に入り机の横に貼ることに決めたのですが、今年になってページをめくり1月のイラストを見て驚きました。

 

トランプ持ってるーーー!

調べてみるとHansiさんと書いてアンシさんと読むフランスの絵本作家さんだそうです。さすがフランス!Hを発音しない!

パラパラとめくってみると可愛いイラストがたくさんあるので、またご披露しちゃうかもです。

父よ、娘の趣味をわかってくれてありがとう。というより、わたしが父に影響を受けているだけかもしれませんw

ポケ森の部屋

今日のカテゴリーは「お部屋」にしようか。「機械モノ」にしようか。

わたしとプチ花ちゃん。ポケモンにハマっている時にはポケ森はおろそかになり、ポケ森にハマっている時にはSWITCHには触れなくなります。そしてただ今、まさにポケ森のターンです。冬のポケ森のインテリアたのしーい。

 

ポケ森でインテリアを楽しめる箇所は3つです。

●屋外のキャンプ場。

●ワンルームのコテージ。

●2階建てのキャンピングカー。

このうちキャンプ場とコテージはどうぶつたちに住んでもらうことが可能ですが、キャンピングカーは自分だけの場所。というわけで、どうぶつの森の我が家気分で地味にクルマ内部のインテリアにはまっています。キャンプ場やコテージでのどうぶつたちのお世話がパブリックなら、キャンピングカーに戻ってきた瞬間からプライベート。

まずは1階、キッチンとダイニング。シチューとか、トーストとか、パンケーキとかフィッシュ&チップスとか自分が食べたいものばかり。

 

そして反対側には絶賛推奨中のリビングにもデスク!実家の父と同じようにライティングビューローにしてみました。1階ではシチューを煮込んでいる間、本は読むけどPCはしません。という設定。

また水は外から運んでくるとしても火が使えたほうが何かと便利なはず、というプチ花ちゃんの提言に従って、小さくて可愛いガスコンロを導入しました。今までの流し台やシステムキッチンは廃止。そしてもちろん毎日の生活にコーヒーは欠かせないので、コーヒーミルとサイフォンは必須アイテムです。

1階はヌクヌクと温かい雰囲気にしています。現在ではイベントでゲットした編み物のテーブルを使っていて、ますますヌクヌク。

14m.jpg

 

お次は2階へ。1階は人を呼んだりカフェのご飯を作ったり(という設定で)、少しはパブリックな要素を残していますが、こちらは完全なプライベートルーム。

暖かいストーブの横のソファで、本を読んだり編み物したりテレビ見たりノートPCでピピハム書いたり。

 

でも、たいてい寝てるw

毎朝、本気で起きるのがツライので、寝る前にキャラもベッドに寝かせておいて、目覚ましがなったらすぐポケ森を立ち上げて「いっしょに起きよう」と朝の活動を始めさせます。キャラを起こしてどうぶつたちに魚や果物を配ってもらい、ひと仕事終わったところで、わたしもベッドを出て朝の支度に取り掛かります。ああ、ベッド脇にこんな可愛い洗面台があったなら!

本当、現実とどうぶつの森の世界の区別があんまりつかない人間で良かった。しばらくはポケ森在住してまーす。ぐーすかぴー。

14m3.jpg

 

きょう何処行った?

連日のように「きのう何食べた?SP」のシロさん&ケンジ部屋と小日向さん&ジルベール部屋を流していたら、居ても立ってもいられなくなり、プチ花ちゃんが学校に行っているスキを見て詣でて参りました、池袋はPARCOの「きのう何食べた?展。

 

あれ?既視感が?昨日の写真に似ていませんか?それもそのはず。「きのう何食べた?展」では、原画のみならずシロさんちのリビングダイニングキッチンがパーツごとに再現されているのです!原作好き・部屋好きとしては最高の展覧会です。

こちらはデスク。シロさんが仕事中に何を必要としているか、本は何を読んでいるのか、知ることができて楽しいです。

9m2.jpg

 

これがあのテーブルです!

ここでシロさんとケンジがケンカしたり仲直りしたりしながら美味しいご飯を食べているのですね。ほかのお客さん達も「おおお!これが!」とニコニコで写真を撮っていました。わかります。

 

なんとうちと同じ野田琺瑯のバターケースです。

うちはニトリの体温で溶けるナイフを使っていますが、こちらは木のヘラ。おしゃれ度が高い!

9m0.jpg

 

あのジャム!苺とバターの組み合わせは最強に美味しいよね!漫画でのこの時の回も大好きです。

9m3.jpg

 

それでは、お待たせいたしました。一番気になるキッチンレポをします♪

まずが遠くから全景を。

実はこの奥にパントリーがあるんだけど、、、なぜ撮ってない?なぜシャッターを押してない?わたし!すごく可愛いかったのに!パントリー大好きなのに!

そういえば、角度的にシンクやコンロは撮れなかったんだっけ。こちらも写真がない。

9m12.jpg

 

気をとりなおしてまずはカウンターの手前から。

電話はFAXつきじゃない!必要ないのだろうか。そういえば、うちも電話を買い換える時、なんとなくFAXつきにしちゃったけど一度も使っていない。次は普通の電話でいいかもしれない。

9m6.jpg

 

このモスグリーンのデスクが可愛い。

そして書類入れには「光熱費」「食費」「賢二立て替え分」とシールが貼ってあります。細かい。

9m7.jpg

 

カウンターから奥を覗きました。

カレーのルウやお鍋、パンは非常に非常にシロさんらしいのですが、瓶に入った可愛いマカロニやカラフルなドラジェみたいなものはケンジが乙女心を発動してうっかり買ってしまったものだろうか。。。

9m8.jpg

 

目線を落としてトースターの下。パッドとミルクパン、スケールが置いてあります。

うちは基本パッドは使わずお皿で代用しているのですが、あってもいいかもしれない。でも、こうして戸のない棚に置いておいて埃だらけにならないってことは、あらゆる調理器具をまんべんなく使っているキッチンということなんだろうなー。

9m9.jpg

 

お次は食器棚のあたりに移動♪

9m5.jpg

 

お皿は本当にこれだけで足りるのだろうか。

と思ったら、下の引き出しにも入っている設定のようです。急須、ものすごく普通のを使っているのがシロさんぽい。

そして棚の上にはカゴ置くよね!うちもそうしてます!と喜んで写真を撮ります。

 

食器棚下部。炊飯器の置き方がもうここしかなかったからといった唐突な場所で、それが生活感を感じられて最高です。そう、普通に生活していたら全てがベストな場所に収まっていることはなく、「ごめん。とりあえずここで我慢しててね」という置き方をしているものも出てくるでしょう。

9m11.jpg

 

布類がカゴに入れられてるー!

そしてゴミ箱がふたつ。可燃ゴミと不燃ゴミかな。

子機が本機に思ったより近くソファ側にないのは、キッチンにいる確率が高いという設定ゆえでしょうか。細かい。

9m10.jpg

 

テレビ前のソファです。革のこなれ感とオットマンが快適そう。

 

ソファの横のサイドテーブル&空気清浄機。雫の形をした水が入った装置は小さな加湿器かな?

そんなシーンは覚えがないけど、ここにふたり座って映画なぞを観るのでしょうか。

キッチン奥のパントリーが撮れなかったことは無念ですが、これで「きのう何食べた?展」写真はおしまいです。何度もうっとり部屋を見直しできて嬉しい。

リビングデスク

ご飯作りは好きだけど後片づけが面倒でたまらない!

昨日も書いた通り、わたしの家事モチベーションアップに『きのう何食べた?』は絶妙にちょうどよくて、さらに元旦の特別版はシロさんとケンジの家と小日向さんとジルベールの家がどちらもキッチンごと堪能できて最高でした。

またテレビに出てくる部屋というのはセットゆえ、設定以外の余計なものが散らばってないのがいい。『あなたの番です』を見て「ああ、キウンクエ蔵前のどの部屋でもダイニングテーブルの上には何にもないのに、うちのダイニングは人が帰ってくるたびにどんどん余計なものが置かれるんだー!ゴラア!」と思っていました。

ので、よくテレビで流しっぱなしにしては、大きなゲッシさんとプチ花ちゃんが出かけたあとの部屋を片づけているのですが、そこで気づいたのが、こちらです。写真内テレビ画面に映るシロさん&ケンジのリビングに注目!リビングに机があります♪シロさんが残った仕事をここでしているのかな。

 

なんだか嬉しくなってしまって自分のリビングデスクの写真を撮ってしまいました。シロさんのみたいに立派なデスクではなくちょっとしたスペースという感じですが、ここがとても好き。

ひと部屋は大きなゲッシさんの図書室に、ひと部屋はねずみ年の娘がゲッシ部屋を使い、ひと部屋は夫婦の寝室になり、わたしの居場所はここしかなーい!しかしそれを逆手にとってわたしにはリビングしか居場所がないのだから、わたしの許したもの以外プライベートなものをリビングに置くのは許さじ!という強硬な態度で通しています。(でも結構、許している気が……)

なにがともあれ、一番大きな部屋に机があるとすかーんと背中の後ろが空いている状態で作業ができて気持ちがいいです。しかも窓際すみっこというのがミソ。ゲッシの気分で集中できます。

そういえば父も本棚に囲まれた書斎があるにも関わらず、キッチンには常にライティングビューローを置いています。さらにそのライティングビューローを書類や本、PC置き場にしてダイニングテーブルで仕事をするという……なぜ?皆の衆、書斎がある人はそこにこもってくだされと切に願うのでした。あ、テレビがないから?

プロのお仕事

バスルームを本格クリーニングしてもらいました。

言い訳がましく手湿疹のせいにしてしまいますが、どうしても力をこめてゴシゴシ掃除するのがつらくて細かいところにまで手が届かず、うっすらとしかし頑固に水垢がたまってきていることを大掃除中に再認識。しかし自分の力ではどうにかできる気が全くしなくて、いろいろ考えた結果プロフェッショナルの方にお願いしてしまおう!もうプロの技と道具と強烈な薬剤にお願いしよう!と去年の暮れに心を決め、年末に予約を入れて年明けの今日が実行日なのであります!

バスルームにこもってもらって終わったのが、ナント4時間後。すみませんすみません。きっと大変でしたよね。で、見てみるとピカーーーン!!!!!!! 新品のお風呂ですか!?  そうだった。リフォーム直後は確かにこんなピカピカバスルームだった。

うちのマンションは古いので、だいたい同時期に「バスルームいきまーーーす!」「ガスコンロいきまーーーす!」「水道の蛇口いきまーーーす!」と相談しあってリフォームしたり、出来上がりを見学し合ったりしています。

中には家具はすべて1mm単位でこだわったイタリアの家具屋さんに特注した備え付け、家電はMieleの高級ライン、子供部屋は安いからと(安くない……w)Pottery Barnを個人輸入、そんな凝り性のお隣りさん(ちなみに凝り性なのは旦那さん)がいらっしゃるのですが、この方が作ったバスルームがすごかった。バスタブやシャワーヘッドが外国製なのはもちろんタイルまでイタリアで特注してもらって焼いていて、ホテルのスイートルームもかくやあらん目に眩しすぎるバスルームでした。

一緒に見学させてもらった同じマンションのママ友がうちに入った瞬間、わたしの肩に両手を置いて「ここは居心地の良いうちだよ!良い部屋だよ!安心するよ!」と涙目で言ってくれたのが忘れられません。ゴージャスすぎてふたりともフラフラ。同じマンション内でのリフォーム格差すごい(笑)

とバスルームリフォームの思い出話などを書いてしまいましたが、何がともあれプロの仕事すばらしい!6年間の汚れが取れているー。これをキープできるよう毎日少しづつ頑張りたいし、頑張れなくなったらまたお願いしたいし、とにかく素晴らしかったです。今度はキッチンの換気扇を……なんてw

 

ちなみにピカピカのバスルームを見てプチ花ちゃんも大きなゲッシさんも大喜び。(プチ花ちゃんに至っては大はしゃぎ)

【バスルーム専門のハウスクリーニング屋さんからのアドバイス】

●ピピ家の汚れはほとんど水垢。

●原因は水滴が残っている状態で「乾燥」をかけたこと。

●これからは、タオルで壁や鏡の水滴をぬぐった後、「換気」(強)をかける。

徹底しまーす。

暮れのプチ掃除

大きなゲッシさんが奥の部屋を片付けるそうで、何やら買い出しに出かけたすきに現状をカメラに押さえてみました。

あのリビングの次に大きい部屋が、本当の名は主寝室という図書室が、もうゴミ屋敷ならぬ本屋敷。職場にも同じぐらいの大きさの部屋をもらっていて巨大な本棚も展開しているというに……。「本、職場の部屋に持っていくから半分以上減るから!」って言っていたけれども、空いたら空いただけ買うのはニンゲンの本能。なので収納する場所があればあるほど物を増やしてしまうのだと思っています。いや、そんな根本的な話はどーでもいー。今は目先の掃除だ!

そんなわけで、わたしもリビング掃除です。長年、見て見ぬふりをしてきたサッシの桟を今年は掃除します!

用意したのは、家のお掃除なんでもござれなウタマロさんとゴム手袋、そして100円均一で買った便利グッズです。ペットボトルに装着すれば、水を流しながら細い箇所を掃除することが可能なニクイやつ。がんばろう。

 

お菓子隠し場所

皆んなが寝静まってからも仕事をしている大きなゲッシさん。夜中、頭を使っていると甘いものやスナック類が食べたくなるようで、キッチンのパントリー(という名の木の棚)に置いてあるお菓子を片っ端から食べてしまいます。それはプチ花ちゃんが大切にとっておいて名前を書いておいても目に入らない様子で食べます。冬眠前のリスのようなものかもしれません。(それで体脂肪8.3%の体質がニクイ)

それはそれでわたしとしては微笑ましいものですし、仕事が佳境に入ると人のお菓子だろうがお構いなしになる感じは理解でます。でも学校から帰ってきておやつの時間に食べようと、親に頼んで買ってもらった、そして大事にしていたお菓子がない!と泣くプチ花ちゃんの気持ちもわからなくもありません。

そこで、対策を練ることにしました。その対策とはプチ花ちゃんのベッドの階段下に置かれた六花亭の箱のことです。

20m.jpg

 

開けてみると……ジャーン!お菓子が入っています。

ばしこさんからいただいたお菓子はちょびっとづつ出して自分の采配の下、おすそ分けしてくれます。メロン味のパチパチキャンディが入っているチョコレートは大人気だそうで、塾でしているお友達とのお菓子交換にも使わせてもらっているようです。ありがとうございます!

20m2.jpg

 

わたしのお菓子避難場所は、この缶です。まっこさんとオソロ気分でリビングに置かれた机に座っていることが多いので、ここに独り占めしたいお菓子を入れています。

プチ花ちゃんの理由「せっかく買ってもらった大事なお菓子をお父さんに食べられたくない」に比べて、わたしの理由「好きなお菓子を選り好みして隠しておこう(プチ花ちゃんが苦手なお菓子に限る)」が醜いことをお許しください。

ちなみに入っているのはウエストのヴィクトリア、ゴディバのクリスマスサブレショコラの抹茶味、そしてkojutoさんからいただいた甘くて辛いスナックです。頂き物の箱から抜いて最初からなかったことにしてしまってスミマセン。

父がイギリスで買ってきてくれたハロッズのビスケットの缶、そろそろ20年ぐらいたつので錆もだいぶ良い感じ。そして花ちゃんやポピコのお菓子が入っていたこともあるので爪と歯の跡がまたよろし。そんな缶を横目に見ながら今日も机に座っています。

20m3.jpg