<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
葉脈アクセサリー

友だちのお姉さんがいる女子校の文化祭へ!

女子2人+男子2人の、いわゆるダブルデートのような状態で校内をまわったのですが、それを見ていたママ友のひとりが「ここに通ってきている子たち、みんな幼稚園からずっと女子校の子たちでしょ?だからチビッ子ダブルデートを見てキーッって歯嚙みしているよw」と言っていました。歯嚙みはせぬとも、気持ちはわかるw

でもプチ花ちゃんたちに言ったら「デートじゃないもん!」と照れていましたが。

さて、そんなデートもとい学校見学の一大目標はこちら。葉っぱの葉脈アクセサリーです。手前がプチ花ちゃん作・奥がわたし作。

19m3.JPG

 

すでに水酸化ナトリウム水溶液に浸けて水洗いまで済ませてある葉っぱの葉肉を歯ブラシでごしごし大掃除。

19m.JPG

 

とり終わったら、ティッシュに水気を吸い取らせて、

19m2.JPG

 

葉脈標本の上にUVレジンを薄く塗って、上からストーンやパウダー、ビーズ等でデコレーション♪

一番上の写真でもわかるように、プチ花ちゃんのほうが大人ぽいデザインなのには訳があります。今日、妹の七五三で来られなかった、いつものメンバーへのお土産だからなのです。男子だけどラブリー好きなかわいこさん宛て。

工作が終わったあともキッズ向けのゲームやドーナツ屋さん、お化け屋敷風のアトラクションなどにキャーキャー言いながら参戦し、午後にはお開き。待っている間、将来プチ花ちゃんたちもこんなお姉さんになるのかーと楽しみになりました。これから、いろんな文化祭に行ってみよう!

19k2.JPG

Z会の実

実験の興奮さめやらないプチ花ちゃん、Z会のポイントでもらったキットでバウンドボールを作ります。

子供用キットなので、全くわたしの手を借りずに材料を用意して作り方を見て自分で実験してくれるのはありがたいのですが、「あの、その容器は普段使い用のコップでして、その、何なら実験には紙コップを使って欲しかった……」というような小さな残念はしばしあります。が、洗って普通に使います。

横目で見ていたら、みかんの実のようなケースに、砂状のカラフルなバウンドボールの素を流して入れてたようです。水に入れて数分。さあ、できているかな?

30m.JPG

できあがりー!

スフィアができあがっておりました。良くわからないけど、思った通りのものが完成して、楽しそうで嬉しそうで、片付けをきちんとしてくれるなら全て良し!Z会(わたしが)がんばって良かったね。今、ここで実を結びましたw

30m2.JPG

理数ワークショップ

大雨の中、お友だち達と理数系ワークショップに行ってきました。

10ぐらいのワークショップの中からプチ花ちゃんが選んだものは「芳香剤作り」と「タングラム」。まさに理と数です。

一緒に行った男の子が「オレは男だから万華鏡だな」と言って選んだ時に、親たちは「なぜ?男だと万華鏡……?w」と面白がっていたのですが、本当に教室の中は男子ばかりで「やっぱり男子は万華鏡なのか!?」とビックリしました。選べるワークショップだったので、消去法の問題かもしれませんがw

プチ花ちゃんは「ゲーム」という言葉に惹かれてタングラムを選んだものの、内実はグループ戦の図形合わせで「うわ、かわいそうなものを選んでしまった!」とヒヤヒヤしながら送り出したのですが、たまたま芳香剤のテーブルで一緒だった子たちと同じグループに入れたみたいでチームワークが良く「おかげでビリは免れたよ!下から2番目だったーーー!(喜)」だそうです。良かった良かったw

タングラムはやっぱり男子が多く、そして強く、下位2チームは女子グループだったそうです。なんでもいいよ、笑顔なら。

ビーズや貝殻の入ったカラフルな芳香剤作りはことの他、楽しかったようで家でもやりたいと所望しておりました。わたしも見てみたいので、来年の夏の自由研究はカラフル芳香剤作りか、、、な?

29m.JPG

理科系グッズ

幼稚園の年中さんから始めたZ会、2年生でやめたのですが、溜まったポイントを眺めながら何を交換するか毎日のように悩んでいるプチ花ちゃん。「欲しいものが幾つもあってポイントが足りない」とお嘆きだったので、「サボってやっていなかったシートを提出すればポイントをもらえるんじゃない?」と提案したところ、1年遅れで2年生のテーマをガシガシとこなすこと5枚。

はたして満足がいくポイント数に達したらしく、長年憧れていた3つのアイテムを入手していました。バウンドボールキット、クリスタルの科学、ルームプラネタリム。ポイントで選べるものの中には可愛い洋服やバッグ、文房具もあるのに、気がつくと君は理科が好きな子になっているねw

22m.JPG

 

さっそくプラネタリムを組み立ててカーテンをしめきった寝室に夜空を展開させ、わたしと大きなゲッシさんを呼んでくれました。これは楽しい。わたしは理科タイプではないので、大きなゲッシさんにいろいろ説明してもらおう。

22m2.JPG

実験で自主学習

プチ花ちゃん、自主学習という、自分で何かを調べたり練習したりする宿題のために、よくいろんな実験をします。

写真は塩水に銅板と亜鉛板を入れて発生させた電気でオルゴールのハッピーバースデーを奏でる実験です。キットは塾の理科の時間にもらいました。一度、先生に教えてもらっているので、家では全ての材料を自分で用意して、プリントを見ながら思い出してひとりでやってくれるのはありがたい限りです。

でも塩水から生み出される電気があまりに弱いせいか、ハッピーバースデーという幸せな音楽が呪いの音楽のようになっていて母娘ともども「気持ち悪いねー♪」と大喜び。

そして塩水+銅+亜鉛ではヒョロヒョロですが、単一電池につなげると綺麗な音楽を奏で、そしてプチ花ちゃんが期待していた10円玉と1円玉では音楽が鳴りませんでした。成功、やや成功、失敗、この3つの実験ができて良かったね、と、自主学習ノートを見たら、そんな比較には一言も触れず、実験の方法と絵を事細かに書いてありました。うーん。頑張って書いていたから、助言すべきか、せぬべきか悩むー。

18m.jpg

サイズ確認

運動会が終わったら、すぐに学芸祭のオーディションという小学生の忙しさよ。

プチ花ちゃんは大人気の鉄琴のオーディションを受けるのですが、最初に聞いていたのは日程は「10月31日にオーディションがあるからね!」でして。1ヶ月もあるからゆっくり練習すればいいや、と悠長に考えていたのですが、運動会後の帰りの会でもらってきた10月3日(火)の予定を見ると「オーディション」と書いてあるではないですか。31日じゃなくて3日じゃないかー!なか1日で楽譜通り弾けるようになれと!それは無理だ……(涙)こうなったら受かることは目的とせず、たった1日でもいいから頑張って悔いなきよう練習をしましょう!

と、まあ、それはさておき写真のサイズを変えてみようかというテスト。PCで見るとそうでもないのに、iPhoneで見ると写真がぼやけていて見えるので、もしかしてスマホ版では画像サイズが小さくて拡大して表示されるのかなーと思ったのです。鍵盤の直線部分の線で判断できる、この写真で実験させてください。

左右400pixel

 

左右350pixel

 

左右320pixel

 

通常サイズ。

結論:確かにスマホで見てみると、400が一番きれい。で、すべて320pixelと同じサイズになっているので、250pixelの今までの写真は表示サイズより小さかったと推測されます。

ただデジ一眼で撮った写真ならいざ知らず、iPhoneで撮った写真がこの大きさに耐えられるかと言うと(見ている自分が耐えられないw)どうなんだろう。でもグチグチ言っていても仕方ない。明日から大きめの写真にしていみます。よろしくお願いします。

科学と学習

わたしが小学生の頃、注文していると学校で受け取れる学研の「科学」と「学習」という雑誌がありました。前者は理系で、後者は文系。子供ないし親がどちらかを又は両方を選びます。わたしの場合「学習」を選んでいて、1歳下の弟が「科学」を選んでいました。学年違えど、お互いに相手の付録が魅力的だと骨肉の争いになっていたものです。たいていわたしが勝ちましたが(姉は弟に強し)w

そんなことを思い出す雑誌「子供の科学」を、嵐の中、お出かけした紀ノ国屋でプチ花ちゃんが買ってもらっていました。1946年創刊の「科学と学習」よりも古い、1924年創刊だそうです。時代と共に歩んできた雑誌だ!

17k.jpg

 

子供とはみんなそんなものかもしれませんが、プチ花ちゃんは実験が大好きです。

(写真は重曹・お酢・レモン汁・ハーブなどを使ったアルカリ性と酸性の実験風景)

17m.jpg

 

実験のみならず化石も好きです。

古代に思いを馳せる、恐竜が好き、生物の不思議に迫りたい、地面を掘りたい、考古学に興味ある、というのも微かにあるようですが、それよりも石に含まれるキラキラが好ましいようで、良くiPhoneで接写しています。

17m2.jpg

 

今でも「科学」のみならず、国語・社会が中心の「学習」のような雑誌があったら、どっちを選ぶのかな。プチ花ちゃんは成績でいうと断然に文系なので、得意なのは「学習」だと思うのですが、読み物としは発見が多い「科学」を好みそうな気がします。

学研ではないのですが、「科学」の流れを汲んでいるような雑誌「子供の科学」はこの実験スペースで見つけてプチ花ちゃんが食いいるように見ていたので、買いたいなーと思っていました。大きなゲッシさんも自分が好きで「定期購読しよう!」と言っていたので、プチ花ちゃんラッキーだね!

17k2.jpg

今年と去年の工作

残り少なくなってきた夏休み。毎日毎日お出かけしていたわたしたちはラスボス・自由研究と絶賛大戦闘中です。

3年連続して工作ベースなのですが、写真点数60点超え・50Pのレシピブックも提出するので、家はパニック状態です。

そんな戦場から現在の工作のことを報告する余裕はまだなくて。去年の夏はポピコの具合が悪くてpipihamが書けずに、アップしていなかった2016年の工作日記を書いてみました。と言っても写真だけですが。

2016.08 ←ご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。去年は石鹸だけで楽だったー(涙)

 

さて今年の工作は、ただ実験的に作りました、というのから一歩進んでエコロジーの観点から作りました。という上段から構えて見せてしまったせいでバリエーションを持たせなければいけず、点数が多い!異常に多い!

そんなわけで「用意する道具・材料」として用意した写真だけを集めてみました。工作内容は、入り口はひとつ、出口は大きく分けて3つです♪

用意する道具・材料(1)

22m2.jpg

 

用意する道具・材料(2)

22m.jpg

 

用意する道具・材料(3)

22m6.jpg

 

用意する道具・材料(4)

22m4.jpg

 

用意する道具・材料(5)

22m3.jpg

 

用意する道具・材料(6)

22m5.jpg

イトコと自由研究

さて明日に帰国を控えたkojutoさん一家。夕方から従姉兄全員集まってのお夕飯なのですが、それに先駆けて姪っ子ちゃんが午後から家で漫画三昧したいとのことで、我が家にお迎えしていました。

で、プチ花ちゃんは自由研究スタート。「まずはラフを描きなさい!」と強くわたしに言われ、ほぼ日手帳にオーナメントのデザインを描いています。

がんばれ、来月から始まる予約の日までに1ページでも多くほぼ日手帳を埋めるのだ。とはいえ、そんな真っ白けのページばかりでは来年のを買ってもらえる率はとんでもなく低いけれども(涙)

20k.jpg

 

そしてわたしのほぼ日手帳の受難とは、、、朝、起きたらバッグの中に手帳が入っていなかったのです!でもすぐに忘れた場所の見当がついたので、昨日ご飯を食べた物販&レストラン店の代表番号に電話するも「昨日は忘れものはありませんでした」と言われ真っ青。3つの鉄道会社に電話しても手帳は見つからず、パニック状態。お店以外考えられないのですガーーー!(号泣)

お店にもう一度電話して「本当にないのですか?」と食い下がりたいけれど、「ありません」と言われているのにしつこく粘るのもどうかと逡巡しつつ、いくら昨夜のことを思い出してもやっぱりお店に忘れてきたとしか考えられず、最後の手段!とグルメ系のサイトでレストラン直通電話番号を探し恐る恐る電話すると、なんとありました!諦めなくて良かった!久しぶりに血の気がひきました。大きなゲッシさんが取ってきてくれた、ほぼ日手帳のありがたいことよ。改めて大事にします。

 

今年の自由研究は使わなくなったクレヨンの再利用工作3パターンです。

幼稚園の時に毎年買い換えていたクレヨンを使えというに、色の綺麗な今からも使う海外のクレヨンを使うプチ花ちゃんよ。まあ、気持ちはわかりますが。

姪っ子ちゃんは漫画を読み、プチ花ちゃんは鼻歌まじに工作。それぞれが自由に過ごす風通しのよい午後です。お夕飯で合流したあとはうちに来てもらって、SWITCH大会。次に会えるのは春休みなのか夏休みなのかわかりませんが、いつまでも仲良しの従姉兄たち5人でいてほしいです。kojutoさん一家、お気をつけて!

20k2.jpg

紅の魔除け

毎日お出かけのプチ花ちゃん。今日はうって変わって女子らしいイベントに女子のお友達と一緒に参加しています。その名も紅のワークショップ。

紅花から紅色を抽出する実験を見せていただき、職人さんの技に感嘆し、紅で魔除けを作り、紅で唇や爪を彩り、紅の和菓子までいただき、そしてなんとお土産まで!なんという自由研究のためのワークショップ♪

今年の自由研究は既に内容が決まっていて紅ではできないのですが、自主学習や作文に使わせていただきます。綺麗な紅色が嬉しい。

 

別の場所で行われたワークショップにも参加したことのあるプチ花ちゃん。

2回目の魔除け作りだったので、今回はわたしの名前を書いてくれました。嬉しいです。一緒にいた女の子も風邪で来られなかったママに作っていました。これでしつこい夏風邪も吹き飛ぶといいね。

18k2.jpg

 

どこに行っても積極的な発言が目立つプチ花ちゃんですが、先生の「魔除けって知っていますか?」の質問に「はいっ!モン……あ、けものや、あやかしから守ってくれるものです!」いま、モンスター言ったな(笑)

でも紅で作った魔除け嬉しいです。まずは自分が除けられないように気をつけます!