<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
科学捜査の秘密

先日の科学捜査班ごっこがとても楽しそうだったので、他にも似たようなワークショップがないかな?と探したら、まさにビンゴなイベントを発見!三菱みなとみらい技術館の「科学捜査の秘密2」です。こ、これは求めていたもの、そのもの。

 

意気揚々と「科学で事件を解決するぞーーー!」とお昼過ぎに行くと、朝10時半には事件を解決するイベントの整理券配布は終わってしまったそうで……(涙)

ガーン!とショックを受けたものの、ちゃんと並べば入れる指紋鑑定ワークショップがありました。FBIで使っているアイテムを使って指紋採取をします。親もやらせてもらえるので、一層、嬉しい♪

さらには声紋鑑定・血痕分析・自然発火の実験・交通事故鑑定・足跡鑑定など、触れる体験型展示コーナーもあって十分、科学捜査を楽しめました。良かったー。

 

そして科学捜査だけでなく、他にも楽しい科学技術イベントが!明日で終了となってしまうという「スペース・プロジェクト」の最終回に参加してきました。月面資源採掘船「デカトロン」の開発プロジェクトチームになるのですが、おのおのの担当が違い、責任が重大。プチ花ちゃんは走行チームに配属されコックピットの設計を任されました。

手元におかれたタブレットで、広視界タイプなのか、操縦アシストタイプなのか、高軌道生タイプなのか、サイズや形状、取付位置で決定していきます。なんという新しい遊び!未来の遊びだ!

 

デザインが終わったら、全員の叡智がつまった月面資源採掘船を操縦させます。操縦時はコックピットの責任が重く、マリオカート等のレースゲーの経験が少ないプチ花ちゃんには厳しいものがありましたが、なんとか切り抜けられてホッ。

終わったあとは、機体をかたどった3Dプリンターの模型までいただき、プチ花ちゃん大感激。今まで通いつめていたわけでは全くなく、初めて触った「スペース・プロジェクト」でしたが、なくなってしまうのが惜しまれます。でもきっとまたここに楽しくて新しい遊びが登場するのだろうなと思うとワクワクも。

ビルを出ると目の前にはポケモンセンター・ヨコハマもあるし、横浜美術館でも申し込み制で子供の絵画ワークショップもあるみたいだし、今度ゆっくりみなとみらいで遊んでみたいです。でも早起きは無理なので前泊したいところw

消せるカラーペン

プチ花ちゃん、学校からもらってきた色紙にお手紙を書くという宿題を持って帰ってきたのですが、「可愛いお手紙にしたいのに、紙が1枚しかないから失敗が怖くて色が使えない!ムキー!」とお困りを通り越してお怒りであられたので、かねてから欲しいと思っていた(自分が)フリクションカラーペンセットを買ってみました。

これなら消せるから失敗しても大丈夫!新アイテムゲットだぜ!

1m.jpg

 

さて写真にiPhoneが写り込んでいるのをいいことにポケ森話に飛ばします。

最近のお気に入りはジュンです。くっそかわええ。おっと失礼。言葉づかいが荒れるほどにジュンは可愛い。愛らしい容姿の小熊なのに、口はへの字で目は絶対に合わせない。そんでもって好きな家具が「だらしない」シリーズというのが、ゆるくていい!

もはやレベル20以上で頭打ちとなっている本命アポロに隠れて愛でたい年下の小熊!しかもストリートミュージシャン。ギターケースに入っているベルはきっとジュン好きな年上の女が入れたに違いない!キー。というわけで、まだまだポケ森、楽しく遊んでおりまする。

1m2.jpg

ショップふたつ

「いえーい!わたしは誰でしょうー!」

ポケモンサンムーンの「カキの試練」に出てくる主ポケモン「エンニュート」かっていうポーズをとっているこのポケモン……でなはく、ドラクエモンスター……でもなく、ペットエコ港北店に描かれた動物さん。プレーリードッグにも見えるけど、イタチ系にも見えるw

そうなのです。今日は近くでプチ花ちゃんの参加したイベントがあったので、帰り道、ペットエコで従姉兄ちゃんたちと待ち合わせしたのでした。お姉さんと爬虫類コーナーで盛り上がるプチ花ちゃん。同じ血だw

28m.jpg

 

さて、イベント♪

キャラクターを粘土で作るコーナーです。終わるとそのキャラの着ぐるみさんが出てきて、彼にプレゼンする機会がもらえます。その一人に選ばれたのだけど、その着ぐるみさんが自分の真後ろに立っていたために気がつかず、ただ説明をさせられただけだと思っていたプチ花ちゃん。あとで動画で見て「やー!後ろに立って聞いていたんて知らなかった」と言っていました。そ、そっか。

28k.jpg

 

こちらはインクの実験。

同じ黒のインクを作る成分でも日本と外国は違うという実験はしたことがあったのだけど、事件仕立ての推理になっていたので楽しそうでした。楽しいワークショップもペットショップも満喫の楽しい日曜日♪

28m3.jpg

雪でかまくら

やってきました。毎年、プチ花ちゃんが楽しみにしている雪!

東京は昼すぎから降り始めたのですが学校から帰ってくるころ、ちょうど良い具合に雪が積もっていて、急遽、友だちの家のお庭でかまくらを作らせてもらうことになりました。使用したのは、金属製のちりとりと植木鉢の受け皿です。これで雪を運んで盛っていきます。

なぜ金属製のちりとりを雪という水分に変わるもので使っているかというと、それは錆びをつけたいから……ではなく、そこに壊れたプラスチック製ちりとりの破片が死屍累々と転がっていたからであります。まずは雪の重みに耐えられず取っ手がポキっと折れ、それでも使っているとすくう部分にもヒビが入って最終的にはプラスチックの破片となっていました。雪の日にその使命まっとうした也。

このちりとり、確か葉山の素敵なガラス張りの生活雑貨屋さんで買ったような気がするのだけど、うーん、確かお寿司屋さんでお昼ご飯食べたあと、まん前にあって。夢かもしれないぐらいと思うほど、遠い記憶だw

22m.jpg

 

大人たちは2階でヌクヌクと暖かい部屋で熱いカフェオレを片手に窓から声をかけたり、のぞいたりしているだけで、どんどん出来上がっていくかまくら。

しかも雪が足りなくなって、外の道を雪かきしてかまくらに使っていたので、近所の方々からお礼まで言われて嬉しそうです。お姉さんになったなあ。この雪なら、明日も楽しめそう♪

22k.jpg

 

 

お、と、お料理

書道が得意なお義父さんに教えてもらおうと書初めの宿題を残していたのに、浜松旅行バッグに半紙も見本も入れ忘れてしまったプチ花ちゃん。ええ、ええ、いろいろ忘れ物が多いのはわたしたちのデフォルトなのです。

昨日までさんざん遊んで、今日は天気が悪くて寒くて。明日からは週末&祝日だから大きなゲッシが家にいてリビングの床を大々的に使うのも面倒だし。というわけで、今でしょ!な本日こそ、カキゾメビヨリ。

で、試しに書いてみました。「お正月」の「お」。こ、これは!おではなく、汚!プチ花ちゃん「習字」を、「筆」に「墨汁」をつけて半紙に単なる字を書く作業だと思っています。字が汚いのは知っていたけど、お習字もか!(当然)

「見本を良く見て。トメやハネもあるし、細いところも少しだけ斜めのところもあるでしょう」と手で一緒に筆を書いて教えること1回。その後は、さよポニの新世界交響曲を歌い上げながら、ひとりで練習してくれました。そして小一時間。「お」が成長している!やればできるじゃん!ちゃんと習字していますw

 

とはいえ、4枚中3枚書いて力つきたプチ花ちゃん。

最後の1枚は毎日練習してお休みの最終日に書くのだそうです。本当だろうか。そんなわけで、書道セットはリビングに出しっぱなしです。がんばってくだされ。

 

そしてプチ花ちゃん、昨日、義理の妹ちゃんが作ってくれた長芋とタラコのグラタンが美味しかったそうで、うちで似たお料理を作ってくれました。タラコは苦手なのでしらす干しが代役です。いい仕事しています。

長芋の皮をむいて千切りにして、しらす干しと塩コショウにあえて、バター片とチーズと海苔をのせてオーブン弱火で9分。とても美味しかったです。また作ってほしい♪

おねだりお手紙

そろそろクリスマス。

幼稚園の頃から1年生ぐらいまでは張り切ってサンタさんへの手紙を書いていたプチ花ちゃんでしたが、小3ともなるとサンタさんなぞいない説がクラスでも席巻し始めているようで、なかなか質問が鋭くなってきていて怖いです。
とはいえ、今年ももくもくと書いていました。「君の名は」のエンディングテーマ「Sparkle」のオルゴールをご所望だそうです。「サンタさんにはもうお母さんからメールしちゃったから」と変更不可能なのは例年の仕様です。
20m.jpg

そして同じく例年の仕様なのは、プチ花ちゃんのインタラクティブ性。さすがZ会の自由に描く絵にも先生へのクイズが欠かせないプチ花ちゃんであります。サンタさんが参加して、初めて成立するアート(笑)本当にサンタさんか試されている?
とはいえ、そこは小学校3年生。「誰々くんはサンタさんのどんな窓でも開けられる万能カギを見たことがあるらしいよ」「誰々ちゃんのお父さんこそがサンタさんらしい」等、情報が完全に錯綜中です。それをニヤニヤしながら聞くのが楽しいw
20m2.jpg
ツリー工作ふたつ

うちに泊まってくれていた従兄弟くんをお迎えに義理の妹ちゃんと中間地点のワークショップで待ち合わせ。

今日のワークショップは大人が絶対に口出しをしない好き放題できる工作がテーマで、材料もそこらへんにいろんなものが転がっていて、それを拾って作る楽しい雰囲気。

わたしは義理の妹ちゃんと椅子に座っておしゃべりできて楽しい時間。

17k2.jpg

 

こちらは先週のクリスマス工作。クリスマスツリーに自分が好きな模様を加えていきます。ポンポンを貼ったり、ラメを塗ったり、星をつけたり。

そんなに手間も時間もかからない簡単な工作で遊ばせてくれる場所が増えてくれて本当に嬉しい。いい時代だと思います。その間、わたしものんびり手帳を書いたり森に遊びに行ったりもできるし、工作最高♪

17m.jpg

壊れた宇宙人

プチ花ちゃんが新手の工作に勤しんでいます。シリコンで蛍光な粘土だそうな。子供に楽しいものがいっぱいの世の中で良かった。

粘土をこねて形を作って200℃のオーブンで10〜15分焼きます。

 

できた宇宙人はこれ。

と同時に家ではwiiUのカラオケが流行っていて、セカオワだの、SHISHAMOだの、ものクロ、さよポニ、スナックワールドOP、けもフレOPなどが鳴り響いているわけですが、そんな折、プチ花ちゃんが歌に夢中になっている時に何の気なく置いた本が、焼く前の宇宙人(右)に直撃してつぶれてしまったらしく号泣していました。

「とっても可愛くできたのに!」と、さめざめと泣いてはいるので「大丈夫。ちゃんと写真には撮ってあるから」とマイク片手に歌の合間になぐさめていたのですが、心の中で「あの目がいっちゃっている宇宙人か……」と、おかしくてなりませんでした。ごめん、プチ花ちゃん。確かに可愛いよ♪

ナイショの工作

プチ花ちゃんが家に帰ってきたとたん「部屋に入ってこないでね!絶対に!」と言い放り、女子部屋にこもって1時間弱。本棚から抜かれたアロマの少女小説、廊下に漂うラベンダーの香り、ジョキジョキ布を切る音。すべてがバレバレですが、サシェのクリスマスリースを作っていたようです。

5回ぐらい針で指をさしたようで、その不器用さが微笑ましいながらも、それから数日、机の上がこのままなのはいかがなものでしょう。片づけまでが工作と言い続けて6年。まったく効果がないことに気づかされます。いやはや、とほほ。

28m.JPG

組紐ニューウェーブ

新海誠展の興奮も冷めやらぬまま、組紐です!

わたしの従姉妹で同じく美大出身の(わたしは武蔵美で従姉妹は多摩美ですがw)とっても器用なお姉さんがいるのですが、前に冠婚葬祭の場で会った時に、プチ花ちゃんが組紐やっていてね、というような話をしたところ「わたしも習っているー!」と盛り上がり、通っているお教室に誘ってくれました。嬉し。

絹糸より先にまずは毛糸で練習です!伝統工芸をシステマチック&ロジカルに変換した手法で、教則本を見ながら家でできるのも素敵です。今日はジグザク編み。

26m.JPG

 

こちらは毛糸2色目。従姉妹がサンプルのために編んでくれたものを継いでいます。

伝統的な組紐教室では「今から始めれば人間国宝になれるかも!」なーんて冗談を言われていましたが、もちろんここでも最年少のプチ花ちゃん。おばさまやおばあさまたちにお菓子をいただきながら、楽しく編めました。この組紐もまた楽しそうです!(わたしは隣りで作業中の従姉妹とおしゃべりしたり、お茶しながら手帳を書いたり♪)

26k.JPG