<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
追加の球技

プチ花ちゃんの家こもりに対する耐性が強すぎて、若干、社会復帰のほうが心配になってきています。言い分としては、

日光はベランダで浴びればいい!

勉強はオンラインで教わればいい!

友だちとはあつ森やZOOMで会えばいい!

運動だって家の中でやればいい!

そうなんです。運動の幅がどんどん広がってきて、しまいには球技まで出現しています。単発で卓球の教室に通っていたこともあって、それなりに卓球は上手。

その昔、つい出来心でわたしも同じ先生に見てもらったことがあるのですが、「お母さんのほうは球をラケットに当てて打ち返しているだけで‘卓球’になっていません」という衝撃の発言をくらってしまいました。え!卓球って来た球を打ち返して相手のコートに入れるものではないんですけ!? そうではなくて、カッコつきできちんと‘卓球’しようとする場合、球はスピンしていないといけないそうなのです。いや、その時は衝撃と驚きで何言っているんだか良く聞いてなかったのですが、とにかく違うらしい。

そんなこんなで最初はわたしのほうが球を拾えていた卓球ですが、今ではプチ花ちゃんの本物の‘卓球’にボロ負けです。球がくるくる回っているらしい。

 

そしてバドミントン。

うちは廊下がまっすぐなので、下打ちであれば何とかできます。とにかくラリーになるようにふわりふわりとシャトルと打ち返し合うだけですが、これが妙に楽しい。

いつもこの妙に広い玄関と廊下を1部屋にできたら!わたしの小さな部屋ぐらいできそうなのに!と思っていたのですが、(海外のマンションの玄関入ってすぐにあるような、メイドさん用みたいな一室がいい)これはバドミントン用にあったのかと思うようにします。今までもボール投げはサッカーはやっていたけど、室内ひょろひょろバドミントン楽し♪

ところで、バドミントンって、一瞬バトミントンと間違えませんか?でも中高で「バド部」って言っていたのを思い出して「あ、ドだった」ってわかります。

家こもりスポーツ

常に運動している大きなゲッシさん、仕事もオンライン飲み会もオンラインと絶賛家こもり中なので、どうしても運動不足になってしまいます。そこで、家族みんなを何かと運動に巻き込もうと画策しています。

ナチュラルなカゴに入れ、茶色い革を一番上に置いてごまかしていますが、紛うことなきミット&グローブ家族分。大きなゲッシさんのトレーナーさんにZOOMでコーチしてもらい、3人でできるエクササイズを教えてもらいました。これがハード。毎回トレーナーさんが画面の向こうにいてくれたら外づらが良いわたしは頑張れるのですが、撮影した動画を大きなゲッシさん指導のもと繰り返すのがキツイw

14m2.jpg

 

そして廊下で反復横跳びする大きなゲッシさんのためにラダーを敷いてみました。

自分の部屋に行く時も反復横跳びをする大きなゲッシさんがちょっとアレな感じで面白く見ていたのですが、思うところあったか、自分なりの反復横跳には邪魔だったのか翌朝には撤去されていました。残念。

14m.jpg

 

階段の乗降がなくなってしまったので、プチ花ちゃんが使っていた踏み台で登り降りして鍛えています。

いや、鍛えるというほどやっていないけど気分転換に。これは股関節が弱いわたしが主に。

 

そして反射神経は、ジャンケンして買ったほうがピコピコハンマーで頭をなぐり、負けたほうはお皿で頭をカバーするゲーム。

このカバー、お皿じゃなくてレストランのキッズメニューについていたフリスビーなのですが、片面だけ真ん中に円錐状の突起があり、その面をうっかり頭の上に乗せてしまうと刺さる、刺さった上にハンマーでなぐられてしまったりするとさらに痛いという、むしろ頭を守らなければ良かったというスゴイゲームとなっています。ある意味、これが一番ハードw

こけだまーず

大きなゲッシさんが可愛いがっている苔玉です。

島のお友だちからもらって連れて帰ってきました。

わたしが長いこと使ってきたガラス食器がなぜか容器になっていることは、、、泣く泣く目をつぶります。多肉さんが可愛いから。

24m.jpg

 

そして今年の夏、連れて帰ってきたこが、こちら。

上からジャージャー水をかけてリフレッシュさせています。ほかのおうちでは枯れてしまった苔玉もあるそうで、さすが無駄に緑の手を持つ大きなゲッシさんが手塩にかけているだけあって葉がイキイキ。このまま元気でいてください、と、そっと見守るだけの茶色い手の持ち主でありました。

24m2.jpg

茶色のミット

ここ2回ほど、プチ花ちゃんが大荒れいたしました。

ほとんどが「時間に間に合わない」という問題に直面した時、責任をすり替えようとわたしに難問をふっかけてきて、叶えても叶えても更なる難問を出してきて、結局わたしが怒って全て台無し、という場面です。

で、これをクセにしてはいけないと思い、冷静になってから、その時どんな気持ちだったかを思い出しつつアンガーマネジメントについてとことんプチ花ちゃんと話し合って決めたこと。キレそうになったら「お母さん、その時はすみやかにミットを出して殴らせて!」「望むところだー!」

そんなわけで、古くなっていたミットと本革製のおしゃれミットに買い換えました♪

 

こちらは15年ぐらい使っていたfranc francのグローブ&ミットのセットです。表面の劣化が進んでしまい、打てば打つほどボロボロはがれ床が白くなる仕様となっております。しかも粉なので掃除しにくく、新しく買い換えなければ!と鼻息荒く思っていたところだったので、渡りに船とばかりに一番好みで少し贅沢なものをゲットしてしまいました。

ミトンとかニットとかでストレス解消なら可愛いのですが、我が家はミット。反抗期と受験、茶色い革で受け止めてくだされ。

 

 

リハビリ追加

今日も整形外科 de リハビリ。とにもかくにも左足の筋力がないということで、レッグプレスというマシーンがメニューに追加されました。筋力ヨボヨボレベルなので負荷は25キロ。とても楽しくて、うちにも欲しい。

そして家でのメニューが2つ追加になりました。備忘録代わりに書かせてください。

(1)寝転んで胸で手を組み(手は使わないの意)片足だけでオシリを床と平行に浮かす。

(2)低いテーブルに体ごともたれかかるように両手を置いて、足を広げ、片足だけ曲げて屈伸。

すみません、本人はわかりますが、読んでも伝わらない表現力で。がんばろう。

そしてビックリしたのはわたしの四十肩を診てもらっていたリハビリの先生が筋トレの必要性について講演するらしくポスターが貼られていたことです。学校出たてのさわやか青年がすっかり立派になって……孫を見るおばあちゃんの気分になりました。筋トレの必要性かー、聞いてみたい。

リハビリは歩き方もみるのでスリッポンで。ボトムズは麻のゆったりしたパンツ。

 

筋力の備忘録

リハビリをしに整形外科へ行ってきましたー。

とにかく足の筋力が笑っちゃうほど弱いそうなのです。やっぱり!やっぱりー!だからいつも転んで足がアザだらけなんだw

そんなわけでリハビリの先生ご指導のもとストレッチについで筋トレも行うことになりました。はしから忘れてしまいそうなので、ここに備忘録らせてください♪

<ストレッチ>

●オシリの下にテニスボール

●寝転んで:動かないほうの片足まっすぐ + 片足を90度に曲げてべたっと床につくように。

●寝転んで:動かないほうの片足はまっすぐ+両手を広げ、顔の向きと反対に身体をねじる。

●寝転んで:動かないほうの片足はまっすぐ+片足を両手で抱え込む。

●座って:両足をたてて、その間に腕を入れる。そのまま前屈。

<筋トレ>

●腹筋:寝転んで、両足をそろえて30度をキープ。

●寝転んで:動かないほうの片足は縦ひざ+タオルで支えながら真正面、左、右、3つの角度をキープ(タオルでなくボディバランスボールがあるとベスト)

しまった。書いているうちに、どれがストレッチでどれが筋トレか忘れてしまいました。でもまあ、全部やればいっか。これで足がしっかりしてくれると嬉しいな。よぼよぼ。あとフラフープできるようになりたいな。

6m.jpg

MRIとボール

風邪で予定が飛んでしまっていた股関節痛のMRIに入ってきました。

ずっと「MRIは怖い!」と思っていたのですが、入ってみたら全然OKでした。あえて今日を締め切りとして明け方まで原稿を書いていたので、眠くてウトウト。懸念されていた爆音も、かえって電車の中で寝ているようで気持ちいい。この勢いで頭部MRIも受けたいところです。

で、結果。骨には異常がないのですが炎症を起こして水が溜まっていますとのこと。そして即リハビリルーム送り。

細かく見てもらうと、軽く足を引きずっているそうです。「本当は右足があと10cm前に出るはずなんです。でも左の股関節が開かないから前に出せていない」と言われ、やってみると確かに左足が痛くて一定の距離しか前に出せない……。

運動の基本は頭のてっぺんから軸が通り、左右の足にバランス良く体重がかかっていることなのに、どうしてもわたしは右にバランスが傾くクセがあるのです。それも全て左足をかばうためとか。治したい、ぜひとも。

そしてそもそもの原因は股関節・臀部まわりの筋肉が硬くこわばっていて、股関節のまわる遊びの空間が狭いのだそうです。てなわけで家でもリハビリスタート。3パターンあるのですが、ひとつはオシリの上にテニスボールを置いて身体の重みでマッサージすること。い、痛い。けど頑張る。

プロレス女子

手元にいただきもののボクシングのチケットが3枚。

しかし大きなゲッシさんは仕事。プチ花ちゃんは夏期講習。しかもプチ花ちゃんのお迎えがあるので最後の試合までは見れず途中で帰ることになる。こ、これは、ひとりで行けということなのでしょうか。

ボクシング好きの人に心当たりはあるものの「一緒にボクシング観に行きませんか?でもその後のご飯(感想会)もできないですし、それどころか、わたし途中で抜けちゃいますけどNE〜!」とはとても言えない。言えるわけがない。

でもたったひとりだけこの無茶ぶりをできる相手がいました。それは中・高時代からのプロレスマニアなお友だち。格闘技全般嫌いではないはずなので、ボクシングも見てみたいかもしれない。それに旦那さんのお帰りに合わせてさほど遅くなれなかったはず。

果たして「今日いまからボクシング行かない?でも●時ぐらいに抜けないといけないんだけど」という気心知れた相手ならではの失礼なメールを送ったところ「オッケー!ボクシング観てみたいから行く!わたしも同じぐらいの時間に帰らなくちゃいけないし」という快諾のお返事が。助かったー(涙)

 

後楽園ホールでお出迎えしてくれたのは、愛しのアブドーラ小林パイセン!わたしのようなにわかプロレスファン、しかもプロレスの向こう側ファンのわたしと違って、小学生時代からの生粋のプロレス&相撲ファンの友だちは「大日本プロレス!後楽園ホールに来たって感じするわー」と喜んでいましたw

そして格闘技を見慣れているだけあって目がいいので動きが追えるし、専門用語も理解しているし、試合の流れや、デビュー戦の大事さなどもすぐに飲み込んでいて、観戦中、隣にいてくれる人としては最高の相手でした。

で、一緒に帰りながら出た言葉が「今度、一緒にプロレス行こう!」でした。意義なーし!思いがけず楽しい夜をありがとう♪

 

恐怖の体脂肪率

この恐ろしい数字を見てください。

In Bodyが出した大きなゲッシさんの体脂肪率です。8.3%って、なに!

もともと運動してようがしていまいが、細いのに筋肉質な大きなゲッシさん。なのでパパ友たちから「かっこいいっす!どんな筋トレしてるんすか!?」と言っていただけているのですが、答えは「いや、なんも……」
普通に体を動かすのは好きなようですが筋トレはしていないのです。しかも常に超絶激務なのでさほど運動に時間がとれるわけではなし。自分の体にも興味なし。で、体脂肪率8.3%とは……!ナチュラルボーン筋肉マン。

わたしがしている運動は大きなゲッシさんの10数年来の居場所に入れてもらっているので、そこの現プロ・元プロの先生たちに「大きなゲッシさんの体脂肪率8.3%なんだって!」と言いふらしたところ「自分の現役時代の体脂肪率と同じ。すごい!」「今日イチの驚き!」と感動されていました。や、8.3%っておかしいもん。

そういえば以前もほかの先生から「旦那さんのような筋肉の逸材みたいな人っているんですよ」と言われたっけ。でもそれを聞いた大きなゲッシさんが「筋肉は重いから、本当はオレ柔道のほうが向いているんだよ」と逆に落ち込んでいました。

なのに、わたしは……!くうう。見た目よりずっとずっとずっと脂肪率が高いのです。それはもう20代の痩せていた時代から会社の検診で「測り間違いじゃない?」と言われるほど高い。In Bodyで見てもらうまで「この数字はきっと内臓脂肪があるからなのね」と思い込んでいたのですが、違ったようです。それはそれで大問題。

まあプニプニなことは自分としては好ましいのですが、こうも数字に出されちゃうと挑戦状をつきつけられた気分になります。動きが良くなるようにするため筋力は増やしたいけれども、見た目はあんまり筋肉質にはなりたくない。顔にもキャラにも合わない。今は「かくれ肥満」ですが、がんばって「こっそり筋肉質」になるのが目標です。

In Bodyに乗って

ぐぬぬぬぬ。

この世にIn Bodyという人間の体組織をほんの1分でさらけ出す恐ろしい機械があるということを知ったのは、遥か数年前。キッズ向けメディカルイベントの時でした。

その時は「わたしはいいからプチ花ちゃん乗っておいでー」と難を逃れたのですが、今回は自分からその地獄の機械に飛び乗ってみました。運動を始めたので自分の体の内部がどう変化していくのか、もしくはしていかないのか記録しておくためです。

で、この数日は確かにカロリー控えめに生きておりましたよ。ウェストのサイズが落ちていたので体重がさして減ってなくても心配はしていませんでしたよ。そんでもってわたしは家族性の脂質異常な上にカルビも食べましたよ、つい最近。

ええ、もうこのフテクサレっぷりを見ていただけばわかりますように「かくれ肥満」でした。体重もBMIは問題なし。内臓脂肪も問題なし。筋肉と脂肪の左右のバランスもOK。でも体脂肪だけが平均をややオーバーしていて、大問題なのは体内の水分もミネラルもタンパク質も全然足りてない。「体重はそのままで、筋肉5キロ増やして脂肪5キロ減らしましょう」とアドバイスいただきました。

あえて世界の片隅から叫ばせてもらおう。「ど う や っ て だ よ !!!!!!!」

とりあえず「3食きちんと食べてください」と言われました。朝、ヨーグルトと果物だけなのがバレたかw(↓バナナにカスピ海ヨーグルト、蜂蜜とチョコレートフレークをトッピング)恐るべし、In Body!