<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
甘い贈り物

家こもりの最中、大きなゲッシさんのご実家から美味しい贈り物を受け取りました。もとはお義母さんのお兄さん、つまり大きなゲッシさんの伯父さんが懇意にされている押し寿司やさんだそうで、以前いただいてとても美味しかったのでとても嬉しい♪

話が少し逸れますが、伯父さんの奥さんつまり大きなゲッシさんの血のつながらない伯母さんもお茶の先生なのですが、艶やかな銀髪で洋装の時にも下駄を履いている、ものすごくオシャレで美しい方です。わたしは自分が(仕事以外では)大きな声でマシンガントークなせいか、自分とは真逆の思慮深い喋り方をされる、静かだけどどこか迫力があって怖い女性が大好きで、まさにそのイメージ。

アニメに出てきそうなキャラなのです。しかも優雅で老練な暗殺者役とかで。

 

あんまり外食ができないムードなので(我が家のことなので外食ゼロではありませんがw)おつゆと副菜でも添えれば立派なお夕飯になる押し寿司は本当にありがたいです。

パクパク食べて、すぐなくなってしまいました。美味しかったー。押し寿司って、なんでこんなに甘いんだろう。不思議。

朝食の心配

マンションの駐車場を見たらほとんどクルマが出払っていました。わたしも外出は公共の機関を使わず人のいない海に貝を拾いに行きたい。が、うちのクルマは大きなゲッシさんが実家孝行のため浜松に乗って帰っているので在庫なし。そこで、プチ花ちゃんと自転車でお散歩です♪

いつも北に行こうか南に行こうか西に行こうか東に行こうか悩みますが、今日は東へ行ってみました。この辺りを舞台にした小説があるので、あの人はこんなマンションに、あの人はこんな家に、などと想像しながら自転車を漕ぎ漕ぎ。

大きなゲッシさんから浜松の農協でたくさん野菜を買ってきてくれると電話が入り、頭の中で「農協、農協どんなところなんだろう、農協……」と考えていたら目の前にco-opがあったので入ってみました。農協じゃなくて生協だけど、この際、協つながりで。

で、驚いたのが棚の貼り紙「シリアルはおひとりさま1個でお願いします」。シリアルが品薄!確かにパン屋さんを何軒かハシゴしたのですが、菓子パンお惣菜パンの棚が空になっていました。残るは食パンのみ。で、シリアルも大人気。と、なると推理できます。フルタイムで働くお母さんの明日の朝ごはんへの叫びが。

「いつもはわたしが家を出る前に子供たちを起こして朝ごはんを食べさせている。が!学校が休みとなると朝7時(だいたい推定)に子供たちは起きてくるわけがない。でもわたしがお勤めに行った後ちゃんと食べるか怪しい。なんならトーストさえしないでバターもつけずに生パンをかじるに違いない。だったら最初からカロリーがある菓子パンや栄養がある惣菜パンを置いておいたほうがいい。またはシリアルーーー!」

みんな大変だけど、今は地球規模の危機的状況だと思っているので頑張り時ではないかなあ。

写真は大きなゲッシさんが買ってきてくれた安くて新鮮な農協のお野菜。美味しくいただきます♪

 

 

 

 

週末の喫茶店

週末になるとブランチは大きなゲッシさんが作ってくれます。

というのも起きなくていい朝はわたしがお昼まで寝ているからなのですが、それが美味しくてわざと寝坊をしているわけ……ではありません。そんな大きなゲッシさんが得意なのが、わたしがあまり作らない喫茶店のようなメニュー。

純喫茶・大ゲッシ、今日のブランチはナポリタンです。冷蔵庫に入っている材料を聞かれた時に「ナポリタンを作るならピーマンがない」と申告したところ、変わりにきゅうりが入っているのが面白い。

バターでじっくりケチャップを炒めると酸味が飛ぶそうで、まろやかでちょっぴり表面がカリッとしたナポリタンがとても美味しかったです。起き抜けナポリタン最高。

22m.jpg

 

今日はナポリタンでしたが、普段はオムライスのほうが多いです。

昨日から、今日の朝はプチ花ちゃんが「鯛茶漬けを食べる!」と決意してくれていたので、ナポリタンが好きではない娘の顔色を伺うことなく、ふたりでナポリタンをいただきました。写真はいつだかの週末オムライスです。

ナポリタンよりさらにオムライスのほうが作れる気がしないので、いつも外で食べていたのですが、家でも気軽に食べられるようになってラッキー。卵の扱い、難しいー。

 

そしてお夕飯のデザートは焼きプリン。

大きなゲッシさんのお友達にとても頭の良い理屈が伴った行動をされる方がいるのですが、その方の得意料理が検証に検証を重ねたオムライスで、最近これまた検証に検証を重ねているのがフルーツパウンドケーキなのです。きっと賢く実験好きな脳みそにちょうど合う食材が卵料理とお菓子作りなのではないかと思った次第です。

プチ花ちゃんは「チーズケーキにしか見えない!」と言いながらも、夫婦してカメラでプリンを激写しているのも待てずに美味しく召し上がっておりました。自分で作るまでは食べられなかったプリンですが、好きになってくれて良かった。

しかし全部、同じお皿……。喫茶店の名前はさしづめ「blue」ですか。

今週のおべんと

またお弁当が週1回に。というか「作ろう!」と思い立ったのが木曜日で、金曜日は大きなゲッシさんはお弁当をいらない日なので結果的に週1回に。来週は頑張りたい。けど頑張らないかもしれない。

鮭の粕漬け、紫キャベツのラペ、茄子の煮浸し、半熟卵の醤油漬け、玉ねぎとキャベツのバターソテー、きゅうりのナムル、塩昆布です。定番ばかり。

19m.jpg

米ねず君登場

日曜日に行ったナショナル麻布スーパーマーケットの2階、日用雑貨品・文房具売り場からお迎えしたゲッシさんです。

軽量カップなのですが、ライススクープという名前がついているので、米びつの守り神となってもらうようお願いしました。あだなは米ねず君。いま作った。

4m3.jpg

 

 

お米の中にキリリと立ち、米に結界を張る米ねず君。

米は日本の礎ですから(桃鉄)がんばっていただきたい所存。

4m2.jpg

 

米びつに身を寄せるまでは、まずうちの先輩ゲッシたちからしきたりを教わっています。上司のジュラルミンは相変わらずの遠き目をして他人事だし、もうひとりのねずみくんは遠巻きにしています。新人教育感ゼロ。

そんなやる気のない面々でありながらも、来たばかりの米ねず君にはプレッシャーとなっているのか、新人さんらしくビシーッと直立不動しています。律儀そうで、いかにもお米を守ってくれそう。

4m.jpg

 

プチ花ちゃんにも「欲しいものがあったら1個だけ買うよー」と言ったので、海外製の素敵文具かバスグッズを選ぶかと思いきや、風船を選んんでいました。

ボトルに入った風船は1個単位で売っていて、そのお値段は110yen、そしてヘリウムガス代が165yenだったかな。足して消費税入れて400yenばかりで、「さすが海外の風船、よきお値段なり」と思っていたのですが、前回ここで買ったピンクのイルカバルーン4年間ももっていたので、長いことプカプカ浮いて楽しめるのだろうと思っていたら次の日には地に落ち3日目にはしぼんできていました。

驚いて調べてみると、世界的なヘリウムガスの供給不足により以前と入っているものの内容が違うとinstaで発表があったようです。なるほど。ならば仕方ない。浮かべ、泡沫の夢よ。

4m0.jpg

蒸しパン作り

肺炎の感染が怖くてあまりおうちから出られない……と言いながら、昼間は義理の妹ちゃんや姪っ子ちゃんとご飯に行ったりして楽しい時間を過ごしましたが、やっぱりお夕飯は家で作って食べる率が上がりました。

さて、お夕飯ではなくこちらはプチ花ちゃんが作ってくれたサツマイモ蒸しパンです。

29m3.jpg

 

前は食わず嫌いで食べない宣言していた蒸しパンですが、混ぜあわせる行為をこよなく愛すプチ花ちゃん。買ってあった蒸しパンミックスを自分で作ってみられるとあっては「食べてみたい」と言うしかなく、そして食べてみたら美味しかった、また食べたいという流れは母親の陽動作戦です。

なにかを「蒸す」のも初体験。蒸し器を出してーとお願いされて出したのが銀色のパーツで、これをル・クルーゼに装着するとお鍋が蒸し器に変身することに驚いていました。わたしも買った時には驚いた。

 

粉にミルクをくわえて練ったものをカップに入れてみたらちょうど5個分。でも蒸し器に5個は並べられない……ので、上に重ねて蓋をしめたら、当然の結果ながら上がつぶれたペタンコの蒸しパンができあがりました。責任をとるために「上にのっけちゃえばいいじゃん」と言い出したわたしが食べたのですが、蒸しパン特有のフカフカさはなくギッチリ重くて美味しくない。

今度からは横着せずに2個と3個に分けて蒸します♪

29m2.jpg

 

美味!鍋カレー

雪の予報が出ているほどに寒い。

そして新型肺炎が怖い。

というわけで、今日は家こもり。

先週からウィルスを恐れて外食も控えているので、お夕飯も昨日の豚のお鍋の残りでカレーを作ってみました。まっこさんがいつぞやか豚しゃぶの残りで白菜入りのカレーを作っていらして、それがとても美味しそうだったので「いつか、うちでも!」と思っていて、今日がそのチャンス!実はお鍋の残りスープを見ながらうどんにしようかスープにしようか悩んでいる時に思い出したので、ぎりぎりセーフです。

しかし、いつものルーが足りない。コスモカレーの甘口が袋に半分ぐらいしかない。代わりにあるのが中辛のルー。うーん。甘口と中辛のミックスだとプチ花ちゃんに「からっ!」と言われそう。しかも玉ねぎを甘くなるまで炒めていないから甘みが足りない。

というわけで、ジャガイモの代わりに甘いサツマイモを、そして林檎をすって蜂蜜を入れて甘くしてみました。さらに牛乳を入れてマイルドに。

 

……美味しい!

鍋の出汁スープでカレーを作るとなると、いかにも美味しそうで、でも想像が大きくなりすぎて逆にそれほどでもないと期待ハズレになってしまうかも、と、できる限り平常心で味見してみたのですが、美味ーーー。プチ花ちゃんもおかわりして食べてくれました。ああ、良かった。

鍋カレー、いいですね。あえて白菜も追加してみたけど、甘くて美味しかったです。うちも、またやります!ありがとう、まっこさん!

蕎麦とラー油

痩身方向に気がむくと、なぜだかお蕎麦が気になります。

なんてことを実家で話していたら生そばセットをもらってしまいました。ラッキー!これでお昼はさっぱりとお蕎麦をいただきヘルシーな感じで♪と思っていたのですが……

 

そんな折も折、ラー油でお蕎麦を食べるのにはまってしまいました。

以前も違うお店でいただいたことがあったのですが、また他のお店で食してみるとインパクト大!特に最初の一口がすごい。ビックリするほどのジャンクで背徳な味が舌を突き抜け脳天まで達し、一瞬でノックダウン。B級グルメ、最高。

ただ、このコッテリとしたお蕎麦をこの時期をいただいていいのだろうか。否、いい!(のか?)

 

この美味しさを家でも大きなゲッシさんに味わってほしいと、食べるラー油で作ってみたのですが……とても今いちでした。大きなゲッシさんには美味しいよと言ってもらったものの、こんなん別物!というぐらいインパクトのないお蕎麦ができあがりました。ラー油があまり辛くないのが敗因か?いや、きっとそれだけじゃない。

ラー油のお蕎麦が食べたい時にはちゃんとお店に行こう♪

本気出してないだけ

ああ、今年もまたお弁当を作っていない。

習慣的にお弁当を作っていると冷蔵庫に野菜の常備菜ができるので、いまの食生活にピッタリ。そろそろ重い腰をあげて頑張りたい所存です。来週から復活するかな。いや、したい。

大きなゲッシさんはランチミーティングも多いので「さあ、明日は作るぞー!」と意気込んでお弁当を作る前提でお買い物をし、いろいろ仕込んでいる時に「あ、明日はお弁当いらないよ」と言われることも多く、そうなると一気に心が折れてその1週間お弁当が作れません。こんな時だけ折れやすいわたしの心。なので、絶対にお弁当がいる日を確かめてから準備をしなくては!

さて、今月たったひとつだけ作ったお弁当はこちらです。

鮭の粕漬け、パプリカのマリネ、紫カリフラワー、卵焼き、塩昆布キャベツ、無限ピーマン。

大きなゲッシさんのfacebookでカラフル、美術と食の融合などなど嬉しいことを言っていただけているので、あえて紫色を欠かせません。飲み会で「奥さんのあのお弁当はどうやって作っているの?」と聞いてもらったそうなので「紫のものを卵焼きの横に置いて、あとは白か白に近い色が入れば完成」と言っておきました。本当そんだけ。あとは大きなゲッシさんの「どんなお弁当が好き?」「いろんな料理が入っているお弁当♪」に何とか応えるだけです。それが大変で、かつ楽しいのだよよよ。

果物と痩身

昨日、実家に戻ったら弟が食後「オレ、走ってくるわ」と言い出しました。「いま結構なリバンダーだからさ」と。「うそ!わたしも超リバンダー!」つまり、ふたりして一度は痩身に成功したもののリバウンドしているということです。変な造語は家族用。

でも弟が同時期にやってくれるならやりやすい。心の支えてになってくれる。まずはデザートをケーキやチョコレート、クッキーではなく果物にしてみました。カゴに盛ると『どうぶつの森』ぽい♪

 

母が入院していて消費できなかったので林檎を何種類かもらってきていたのですが、一番ピカピカできれいな林檎がフカフカタイプだったというショック。見栄えが良かったのでお友だちにも渡してしまった。フカフカ林檎、好きじゃなかったら申し訳ない。

伯母のひとりはインド林檎を始め超フカフカファンなのですが、わたしはあまり得意ではありません。そこでフカフカ林檎を使ってプチ花ちゃんとアップルパイを焼きました。プチ花ちゃん、ずっと「パイ生地ねりたいー」と叫んでいたので、ちょうど良い機会。本当はクッキーの型抜きのほうがしたいらしいのですが、ちょっとわたしにそこまで余裕がありません。でも自分ひとりでできると思うので、どれを作るか決めてもらって材料だけゲットしておく方向にしよう。

 

焼き上がりはこちらです。一応、わたしは小さめで我慢します♪ って、もちろん食べていますがw

でもお夕飯もプチ花ちゃんがミニカレーライス&帆立とほうれん草のバターソテー&ワカメスープなところを、イクラの醤油漬け丼&豚バラ大根&とろろ昆布とワカメと葱スープと、なんというか少しコッテリをさっぱり化しようとは努力しています。食材の品目も量もあんまり減らしたくなーい。大家族用のごはんは作れないけど、一人分作るの好きで良かった。あと母がまだ起きられないので、向こうで作ってきたご飯をプチ花ちゃん用に持って帰れるのもラッキー。あ、でも日曜日はカルビとギアラ三昧だった(笑)まあ、今回は運動込みでやっていくのでゆっくりゆっくり。