<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コーヒーカラー

このカラーチャートが何だかわかりますでしょうか。

米国スペシャリティーコーヒー協会がコーヒーの味を規定するために作ったカラーチャートだそうです。

内側の「ROASTED」「SPICED」「GREEN」「SOUR」「FRUITY」などから、「PEPPER」「NUTTY」「BERRY」を経て、外環の「WINNY」「APPLE」「 CHOCOLATE」等々と細分化されているのですが、これがコーヒーの共通言語だそうです。なんというデザインが生かされている世界。

 

さて、最近、いただいたり買ったりしたコーヒー豆です。

どちらも東京は右のほう、方角でいうと東の東京、今どきな呼び方だとイースト・トーキョーのお店です。谷中珈琲とブルーボトルが清澄白河が初出店だったせいかもしれませんが、千住やら日暮里あたりの焙煎となると、なんだかとても美味しい気がしてしまいます。楽しみに飲もう♪

クルーゼ・シェフ

友だちのおうちにシャトルシェフがあって、物欲をいたく刺激されたのですが、ご存知の通り家にはル・クルーゼがたくさん。

そこでエコポトフを作ることにしてみました。エコポトフとは、かつてプチ花ちゃんがやっていたZ会の教材にあった「エコポトフを作ろう!(で絵日記を送ろう)」という課題で教わった保温調理の方法です。

まずはスープを作り10分ぐらい火を通します。

 

新聞紙と毛布を敷いた上に熱々のお鍋をのせ、プチ花ちゃんが買ったけれど使わないペンギンの顔つきタオルで包みます。

 

さらにその上からケーキが入っていた底の大きな保温バッグをかぶせる。

 

で、下に敷いていた毛布で包み、

 

最後にリビングのソファの上からブランケットを持ってきて上からかけて、ル・クルーゼ・シェフの出来上がり。

3時間後、ほくほくで崩れていないお野菜と、柔らか肉のスープができあがりましたとさ。めでたしめだたし。(備忘録)

焼き肉まん

そうそう。こういう焼きになって欲しかった。Vitantonio de 肉まん。

今までは真ん中で三角に切れるタイプの型を使っていたため、ちょうど餡の入っているあたりがギュッと押しつぶされてしまい何だかなー状態だったのですが、これなら表面パリパリ中身ジューシーでいける!

と思いながら焼いてみたところ案の定、いけました。最近、気に入っていて良く行く中華料理屋さんの焼き小籠包に似ています。(そのお店では焼き小籠包をつまみに烏龍茶をガブガブ飲んでいます)そして肉まんだけでなく、ピザまんとかチーズまんも試してみたい。バター醤油でこんがり焼いてもいいかもしれない。

頻出はしないけれど、またホットサンド熱が出てきてくれて嬉しいな。最近はチーズとチョコをはさんで焼くのがプチ花ちゃんのお気に入りです。

18m.jpg

りんご蜜の秘密

今週の……というか、今月のお弁当(笑)

オクラの肉巻き、蓮根のきんぴら、りんごとサツマイモのバター煮、ブロッコリー、プチトマト。

8ma2.jpg

 

プチ花ちゃん弁当は、たってのお願いでチーズ&ハムのサンドイッチ。おかずはご飯のおともばかりだけど、どうしてもサンドイッチがいいらしい。

8ma.jpg

 

ゲームをしながら残りのりんごを食べるプチ花ちゃん。蜜たっぷり。

知らなかったのですが、りんごの蜜って時間の経過とともにどんどんなくなっていくそうなんです。なんと蜜はりんごの栄養で、置いておけば置いておくだけ成長するので、その糧として消費するそうな。なので成長をゆるやかにするために冷蔵庫に入れておけば蜜がなくなる進行は遅くできるとな。ひとつ勉強になりました。

9ma.jpg

しかくい焼き型

ホットサンドや肉まんをプレスする時、いつもの型だと斜めに切れ目が入る焼き方になってしまい「なぜ、こうなるの」と思っていたのですが、じゅりがーZさんが真四角の型を使っていて「これかー!」と開眼。(わたしよ、気づけ)

ホットサンドを作る型は斜めに線が入ったものしかないと思っていたのですが、探してみたら同じものがありました。やったー!で、焼いてみた。中身は普通にハムとチーズです。シンプルだけど美味しいクロックムッシュ ホットサンド版。

 

最後にまた可愛いVitantonioくんの写真を。コロンとした形も色も本当に可愛い。とってもセンスがいいメーカーだと思います。

このページに行くと、過去の限定版やカラー総選挙が見られるのですが、「あ、この年の色かわいい!どこかに新品おちてないかな」「うわ、このカラーが総選挙に勝って発売されればいいのに」など、いろいろ妄想してしまいます。ピピハム選挙では1.ピスタチオ、2.チョコレートブラウン、3.コーラルピンクかな。ネイビーもクリームもいい。この総選挙のピンクはじゅりがーさんちのピンクVitantonioさんのかもしれないから、もしかして総選挙第1位だったのかもしれない。

普段は棚に縦に置くことにしましたが、使う時はここ。でも最近はずっとここ。ちゃんと使うかしまうかしなければ!とりあえず肉まん買ってこよう。

水を飲もう

だいぶ前より、血液検査の結果を見たお医者さん達から言われているのが「水を飲め」です。しかも一気に飲むのではなく、1日中ちびちびと飲み続けたほうがよいらしい。

この結果は家族性の体質なので若いうちは「はーい」と言いつつ、あまり気にしないで水分と言えばコーヒーばかりだったのですが、最近では水の入った大きなグラスを横に置いてちびちび飲んでいます。

今日の大きなグラスは樽の上で膝を抱えて座る寂しげなスカルさん模様です。酒屋さんで見つけたのですが、アメリカはオレゴン州のクラフトビール屋さんローグの「デッド・ガイ」という商品についていた景品だそうな。ちなみにメーカー名のローグもゴロツキという意味なので、なんという革ジャン着てハーレーダビッドソンに乗っている不良っぽいビール!と思ったら、実は死者を敬うネーミングだったそうです。深い!

家では日によってグラスを変えて楽しんでいますが、外でもちびちび飲んでいたほうがいいのかなと、水筒にお水を入れて持ち歩く日もあります。うちには大量に水筒があるのですが、冷たい水ならコップ付きでなくてもいいし、ワンタッチで開くタイプは構造が複雑で洗うのが面倒、単なる蓋がついているだけのごくシンプルな内部構造の水筒が欲しくなってしまいます。持ってるけどね(涙)水筒欲は火がつくと止まらない。注意!

27m.jpg

テッパンの甘さ

おうちお昼ごはん。と言っても昨日の残りのタネを焼いただけの豚玉お好み焼きです。

昨夜はうっかりお好み焼きに普通のソースをかけてしまい、その酸っぱさにビックリしました。コーヒーかと思ってコーラを飲んでしまったぐらいの驚きです。同じソースなのに。どれだけ、おたふくソースが甘くてお好み焼きに合うのか良くわかった出来事でした。

ちなみにマヨネーズは松田の甘口タイプ。どれだけ甘口好きなんだろう。ところでまだピピハムビヨリだった頃の松田のマヨネーズは蜂蜜が入っていてマヨネーズの規格からはずれるから、という理由でマヨネーズタイプを名乗らされていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。いつのまにか「タイプ」が取れていて、美味しさが古いルールに勝ったのかしら、と嬉しくなりました。

お好み焼きにはおたふくソースと松田の甘口マヨネーズがテッパンです!お好み焼きだけに(笑)

18m.jpg

Vitantonioコラボ

じゅりがーさんが可愛いピンクのVitantonioさんを買っていらしたので、うちの水色も出してオンラインコラボです♪

実はうちのVitantonioさん、だいぶ放置をされておりまして、ホットサンドよりも楽チンなバルミューダ de トーストを選びがちな毎日でした。その間、キッチンのすみっこでメインカラーであるところの水色メンバーとして彩りをそえてくれていたのですが、ふと心配になったのが「このままでは、油とほこりをかぶってしまう」。

放置しておきながら言うのも何ですが、大のお気に入りなので、落ちない汚れがついたりプラスチックが劣化したりはしてほしくない。しかも時同じうして、わたしの部屋をプチ花ちゃんに譲ったので、Vitantonioさんを置いていた場所にアイロンを置くことにしたのです。

そんなこんなが重なって水色Vitantonioさんは箱に入れて眠っていてもらっていたのですが、今こそアイドルユニットwith ピンクのVitantonioさんとして世に出ずる時!

と、その前にキッチンを大掃除しました。何かする前には全て掃除しないと気がすまないのは、面倒ですがお得な性分だとは思っています。高校生の時も試験勉強の前に部屋の大掃除していたっけ。あれは勉強する時間をできる限り遅くしたいだけだった気もするけど。多忙のバタバタでキッチンがだいぶアレな状態でしたが、じゅりがーさんとピンクVitantonioさんのおかげで大掃除できました。ありがとうございます。コラボばんざい!

 

おべんと1ケ

お弁当作れておりません。しょぼん。

ハンバーグ、キャベツとにんじん浅漬け、煮卵、ブロッコリーとパプリカのオリーブオイル炒め。中のご飯はのり弁。

お弁当を作るのにはリズムが必要だから、不安定なスケジュール同士の間で綱渡りみたいな毎日を送っている今のわたしには無理だー。もっと日常にお料理とかお弁当が組み込まれている人だと、普通にお弁当作れちゃうんだろうな。

だからこそ、うっかり昨日仕込んでおいたものを朝、焼いてくらいでお弁当ができあがると嬉しい。自分は外食のほうが好きなのだけどw

おやつクラブ

今年のグッドデザイン賞の大賞「おてらおやつクラブ」をご存知でしょうか。おてらおやつクラブはお寺にお供えされるお菓子や果物、日用品などを神様のおさがりとして頂戴し、子供たちや家庭におすそわけする活動なのですが、これをデザインと考え大賞にするセンスがさすがです。

さて、今日も実家に帰ってお菓子やらお肉やら果物やらを大量にもらってきたのですが、いただきものをクルマに運びながら大きなゲッシさんがひとこと。「おじいちゃんおやつクラブだ……」確かに!

そんなわけで、頂戴したおやつは胡桃の砂糖衣。ほんのり胡桃の苦さがふわっとしたお砂糖の味とあわさって美味しかったです♪

10m.jpg