<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
文豪のクレープ

太宰治、芥川龍之介、江戸川乱歩、梶井基次郎、中島敦、与謝野晶子、谷崎潤一郎、泉鏡花、小栗虫太郎、夢野久作……一見、文豪たちの名前がズラリと並んでいるだけのように見えますが、今覚えばわたしの厨二病の原因はここにあると言っても過言ではないラインナップです。ここに三島由紀夫と永井荷風と中井英夫と下村湖人と井上靖と金井美恵子が入っていれば完璧に10代のわたしの脳みその出来上がり。

で、もって時に10代なのはわたしではなくプチ花ちゃん。塾のテストにこの時代の小説のタイトルと作家名を組み合わせる問題が出てきました。うーん、読んでもない小説のタイトルと作家がわかることに何の意味があるのかはわからない。わからないけどテストに出るものは仕方ない。

そこで取り出したりますは、1巻から読んでいた「文豪ストレイドッグス」♪前出の小説家たちが異能力者として登場する漫画です。マフィアに所属する「芥川龍之介」の技名は「人間失格」。これで覚えて、プチ花ちゃん!まずは漫画を渡さずHuluでアニメから観てもらうことにしました。で、プチ花ちゃん、ドはまりです(笑)

 

そんな中、昨日会っていた武蔵美時代の友達からLINEが届きました。

「プチ花ちゃん、クレープパラダイスの文ストコラボに行った?うちの娘をテスト帰りに連れて行ったよ。明日までだよん♪」

ナイス情報!だが繁華街こわい。人混みこわい。そんなわけで大きなゲッシさんに近くまでクルマで送り迎えしてもらって行ってきました。池袋のオトメイトビル1階の文豪ストレイドッグスとサンリオのクレープコラボです。

1k.jpg

 

友達に「来れたよー」LINEをしていたら、向こうの娘ちゃんよりプチ花ちゃんに質問が来ました。「プチ花ちゃんは誰推しですか?」あーーー………それな。実はプチ花ちゃんとわたしにはなかなか難しい質問でありまして、推しといえばキャラより技名が出てきそうな戦闘好きは遺伝。プチ花ちゃんに至っては「推し」を聞かれて、人を小馬鹿にしたギャグシーンを答えていたので、きっと物語派なのでしょう。ここがプチ花ちゃんの難しいところでもありますw

とはいえ、久しぶりに何かのコンテンツにハマって、知らない場所の知らないお店に行って、キラキラのコラボドリンクをいただいたりするのが、とても楽しい!中学生になったら親となんか一緒じゃなくて同じ好事家のお友達と行くんだろうなあ。ああ、寂しい!あと1年、勉強のあいまを縫っていろいろ行きたいな。

手帳とデザート

facebookにほめ交換日記のことを書いたら同じ年の娘ちゃんを育てている大学時代の友人が「わたしもやる!」と言ってくれたので、行き場を失っていたほぼ日手帳をもらってもらうことにしました。ありがたいー。

大学卒業後はあまり会っていなかったのですが、高齢で産んで同じ年の娘を育てていること、中学受験のために塾通いさせていること、受験生ママをしつつ20年以上勤めていたインテリアデザイン会社から仕事を受けているフリーランスなこと、などなど共通点がたくさんあって、数年前の同窓飲み会からこっち連絡をとりあっています。中・高の時の人間関係もだけど、卒業して数十年たってからできる新しい人間関係が楽しいです。年をとるのも良いものだ。

手帳は使っていないカバーがネイビーの渋いものしかなかったので、可愛いカバーオンカバーをつけてもらってもいいし、LOFTで娘ちゃんと好きなカバーを選んでもいいし、手帳を楽しんでくれれば幸い。

ほめ交換日記を始めてから、無駄にケンカが長引いたり激化することが減りました。もちろん小さなケンカはあるけど、でも全て前に進むためのもの。

31m3.jpg

 

ブツのお渡し場所は大好きなフレンチレストランで。安くてたっぷりと食べられて本当に美味しい。ゆっくりコースをいただきながら美大話、娘話に花が咲きました。

つい先日、美術の予備校の先生から最近の美大・芸大事情を聞くことができたのですが、なんと東京芸大のデザイン科は今やセンター試験60%取れていないといけないとか。わたしたちの頃はどの教科も1問でも◯だったらOKと言われていたのに。東京藝大だけは、どんなに勉強ができなくとも、どんなに人格が破綻していようとも、どんなに日常生活が送れなくとも、そこが逆に絵が極めている天才の所以とされていたのに……。藝大美大は学科の成績と絵のうまさが反比例される世界だと思っていて、勉強ができなければできないほど絵がうまい証明みたいみたいな認識だったので、ふたりして驚いてしまいました。

そして娘のはまっているものが同じ。というかプチ花ちゃんの上をゆくオタクさん。「鬼滅の刃」の話をすればお誕生日ケーキは禰豆子のデコ、「文豪ストレイドッグス」の話になれば聖地巡礼した時の写真を見せてくれる。そしてプチ花ちゃんの「けもフレ」コスプレ写真を見せれば、東方プロジェクトのコスプレ写真が出てくる。しかも衣装はママ手作り。参りました!完敗です!(笑)

お互いにいろいろなアニメ系の写真を交換しあって、会ってもいないのにすでに仲良くなってしまったふたり。大学同窓女子会に連れて行って会わせよう!という話になりました。楽しみー。

31m.jpg

近場de温泉

「はぁぁぁぁ。温泉に行きたい」

年始、本当は温泉旅行に行くはずだったのですがプチ花ちゃんの発熱により、家こもり『鬼滅の刃』鑑賞会に予定変更。なので温泉欲が高まってしまい、もうこの3連休は居ても立ってもいらません。ああ、温泉温泉。プチ花ちゃんに「どこに行きたい?」と聞いても「温泉」としか返ってこないほどの、親子しての温泉熱。

もう何も用事がない3連休の真ん中の日、いっそ特急電車にでも乗って他県まで温泉がてら小旅行に行ってしまおうかしらん♪と昨日の夜までは目論んでいたのですが、今朝、起きたらまさかの11時。都内決定。

12k.jpg

 

そんな温泉欲の発露、こんなところにも現れていました。

ポケ森のコテージは室内風呂つきの温泉宿になっています。アップルもチサトも気持ちよさそうー!どうぶつたちもこのウットリ笑顔です。

12m2.jpg

 

巣鴨の東京染井温泉や後楽園のラゾーナはプチ花ちゃんのお気に入りなのですが、今日はお正月に行けなかった旅行の代わりなので、初見の温泉に行きたい。できれば宿泊に代わるようなイベントぽいところがいい。

そんな理由で大江戸温泉物語に決めました。お台場は電車だと行きづらいので、仕事で一緒にはいられない大きなゲッシさんがクルマで送ってくれました。ありがとう!

12m.jpg

 

大江戸温泉物語、見るなりプチ花ちゃんは気に入りました。

多数の温泉、足湯にサウナ、縁日、駄菓子屋、休憩処、畳のお部屋、フードコート、レストラン、全部楽しい!美味しそう!

たくさんの縁日のイベントの中から型抜きを選んでいました。別にやりたいのがあれば遊んでいいのに、これだけでいいとは随分とお姉さんになったものです。ポケモンカードの当たる射的がなかったからかな。(いつもそこで散財でしているw)

座敷で休んだり、ひとりひとりのリクライニングシートでテレビ観ながら寝そべったり、温泉につかっては休んで食べて、また温泉に使っては遊んで飲んで、とても楽しかったです。館内のみんながウキウキしているのがいい。

帰りもクルマでお迎えしてもらいました。電車に乗らないのでお化粧しないでいいのが本当に助かります。そして家にわたしたちがいるとウルさくて仕事にならないので終日外出してくれるのはありがたいそうです。つまりこれはwin winの関係!これからは「出ていってほしい時には温泉まで送ってね」というのが合言葉になりそうです。

12k2.jpg

和コンテンツ

プチ花ちゃん、元旦の夜から風邪で発熱です。そんなわけで日中はお出かけできずHuluで『鬼滅の刃』三昧の1日となりました。

午後遅めの時間に浜松から大きなゲッシさんが帰ってきてくれたので、電動自転車に乗って、区をまたいで自転車散歩してきました。冷たい風が顔に当たって気持ちいいー。最初のミッション「ホームセンターで茶色のペンキを買う」だけ設定して、あとは適当に流れされてみました。

『きのう何食べた?』お正月スペシャルのしろさんとケンジん家(25,000yen/月の食費。絶対に無理だけど気分だけ)に影響されて行ってみた安売りりスーパーはお休みで、急遽、小日向さんとワタルくん家という設定に変更し(お豆腐すらお取り寄せしているようなおうちで、こっちも絶対に無理w)、同じ道沿いにある高級スーパーに向かったらそこは閉店……orz ショックのあまり通りすがりのスーパーマーケットに入ったら思いの外、手書きのPOPが楽しい活気のあるお店でいろいろ買い込んでしまいました。


年末からプチ花ちゃんがポケ森に復帰して、引きづられる形でわたしもやり始めて、またハマっています。

ものすごーくカユいところに手が届く仕様になっていて、ちょっとヌルすぎ!?と思いつつも、課金なしでここまでのクオリティを提供してくれているポケ森に文句のひとつも云っちゃあならねえ。口調が江戸っ子なのは、コテージが和風仕上げになっているから♪

こちらは新年バージョン。



こちらは年越しバージョン。ちゃんと除夜の鐘もあります。

この時はまだ背景が工事中だったり、クリスマスのカフェが建てられていたり脇の甘さが目立ちましたが、今は背景は稲荷神社、手前は甘味処になっています。

キャンプは向かって右は季節ごとに変えていますが、必ずやカフェしばり。今は和カフェになっています。

なーんもしないお正月になりそうですが、ポケ森を和にし、そして鬼滅の刃でも鬼の世界で和を楽しんでいます。

盛りだくさんイブ

さて、クリスマスイブ。

まずは母のお見舞いに行く前にお友達のhamaさんとランチです。本当に今回の再入院で心の支えになってもらっています。今日はすでにお休みに入っているプチ花ちゃんに合わせてチーズハンバーグとステーキのお店に連れて行ってもらいました。

さすが美味しいもの大好きなhamaさんのチョイスだけに、チーズハンバーグのソースが食べたことのない味がするー。最強に美味!プチ花ちゃんも隣りで勢いよくステーキを平らげています。昔は少食を超えて無食と言われていたプチ花ちゃんがパクパクと食べているのを見て驚いてもらえて嬉し。外だとなかなか食べないので、お店のチョイスを考えてもらったおかげです。

しかも帰り道、先日、連れていってもらったパン屋さんに寄ったら、柔らかいパンしか食べなかったはずのプチ花ちゃんがチョコレートリュスティックを選んでいました。固いパン、挑戦してみるんだ!びっくり。

24k.jpg

 

母の病院の受付時間は14時からなので、そのあたりをぶらぶら。

クリスマスイブですが、靖國神社に入ってみました。

24m2.jpg

 

中でおみくじを引きたがるプチ花ちゃん。

普通のおみくじとストラップつきのおみくじがありましたが、もちろん後者をチョイス。桜の花をかたどったストラップで、中吉でした。希望のつぼみ、少しずつふくらむといいね♪

靖國神社だけに関わらず、たいていの神社ではお金を入れる箱の横に自由におみくじが取っていけるように置いてあって、よく盗まれないものだな、と思います。やっぱり神様の前では悪いことはできないのかな。ちょろまかしたおみくじで大吉が出ても大凶が出ても目覚め悪いか。

24m.jpg

 

神社にはお昼休みらしく休憩している人がたくさん。

プチ花ちゃんとわたしも池のほとりのベンチに座ってパンをいただきました。さっきステーキとハンバーグをそれぞれ食べたばかりなのに!

焼きたてのチョコレートリュスティックを平らげてからも、まだ温かい栗のリュスティックをぱくぱく食べています。すごい食欲!hamaさん効果ばつぐんです。

24m3.jpg

 

その後は母のお見舞いに行ってから、夕方からは義母のたっての希望である教会のクリスマスミサに行きました。歌うのが大好きなプチ花ちゃん、10曲以上を歌いあげ(最後のグローリアでは高らかに歌いあげすぎて周囲の人たちが口をおさえて笑いをこらえていました)毎年1回だけここで会える幼稚園時代の友達を探して一緒にミサあとのお菓子と温かい飲み物の会に参加しました。とても楽しそうで何より。

夜になって大きなゲッシさんと合流して、メキシカンなクリスマスイブを迎えました。

さて今日の夜中にサンタさんは来てくれるかなー。

24m4.jpg

病院とMAC

母の手術でした。回復に向かうための命に別状がない手術なので、さほど心配はしていなかったのですが、麻酔してメスを入れる母自身はやはりナーバスになっていたので、手術前から手術が終わるまでわたしが付き添いすることになりました。

5時間ほどの手術なので時間はたっぷりあります。でも万が一のことや、意外に早く終わることも鑑みて病院からは出ないほうがいい。

というわけで病室を借りてたまっていた原稿作業をさせてもらいました。都心のど真ん中で借景も最高なホテルライクな病院なので、居心地がよくて筆が進みます。

17m2.jpg

 

やり始めると終わるまでは止まらないほうで、最初に設定していた目標をクリアしたのがちょうど手術終了時間の1時間前。

せっかくなので最上階のフレンチレストランに行ってきました。同じく患者さんの付き添いでしょうか。隣りには一人で座っている同じ年ぐらいの女性がいたのですが、お料理が来るまでニラメッコしているアイテム・iPhoneと手帳がわたしと一緒で親近感を覚えてしまいました。

彼女の手帳をちらりチェックさせてもらうと、小型で革カバーにレフィルを差すタイプ。カバーの革がこなれていて、当たり前のことなのだけど人はひとりひとり違う時間を過ごしていて、結果それが人生となり、病院で誰かの手術とか入院の付き添いをしたりする時間にこうして名前も知らないまますれ違ったりして面白いものだな、と思いました。

なーんて感慨にふけっていたら、予定よりも早く手術が終わったと電話が入って食後の熱いコーヒーを一口で諦めてHCUに向かいました。手術は成功。あとはリハビリして元の生活に戻れるよう努力するのみ。母、がんばりました。

17m.jpg

ポケモンXmas

「お友達の家でのクリスマスパーティ楽しみー!」「でも夕方からは今日もミネラルショーに行きたい」「なんならポケモンセンターにもよってお誕生日月の特別プレゼントをゲットしたい」と午後からの夜にかけて希望が目白押しのプチ花ちゃんです。

お出かけ前の午前中だけでもとせっせとお勉強。とはいえ、その姿。どう考えてもクリスマスパーティとハロウィンを間違えているのではないかと思いますが、今日のコスチュームはブラッキー(ポケモン)です。「メリークリスマス!」の代わりに「トリックorトリート!」と言ってしまわないか心配極まりない。

 

宿題が終わったあとは、家の各所でブラッキープレイ。写真は進化前のイーブイを寝かしつけながら自分も寝てしまったという設定です。細かい。

クリスマスパーティが終わった頃に迎えに行くとサンタさんやワンピースやクリスマスらしい格好をした女子たちに混じってブラッキーが走り回っていました。うん、アリというほどではないがナシではない。ちびっこで良かった。

パーティをおいとまさせていただいてからは、まさかのわたしの希望でミネラルショーAGAIN!昨日はプチ花ちゃんのおつきあいが精一杯で、わたしが何も買っていないではないか!という強い物欲に背中を押してもらって行ってきました。もちろんプチ花ちゃんも大喜び。でもでも石の話はまた今度にでも♪

ミネラルの祭典

プチ花ちゃんが待ちに待ったミネラルショーです。

自分のお小遣い枠(1,500yenまで)と、わたしが買ってあげる枠(1個だけ/値段は要交渉)があるのですが、こちらはわたしのお財布枠でゲットした人工結晶です。美術館でも博物館でも何ひとつ見逃したくないタイプなので、2つの会場を目を皿に足を棒にして観察し、選んだのが人工結晶というのが面白い。でも同じ種類のいくつもの子と見比べて「この子にする」と選んでいました。

自分の枠ではグラニュー糖の塊みたいな水晶(500yen)と、ガチャ2回(500yen×2)で合計1,500yen。ガチャではガーネット(3,200yen相当)とルビー(小さいもの/2,000yen相当)を当てていました。

 

4日間、通しチケットなので何度でも来られるのですが、明日はクリスマスパーティの予定が入っているし、最終日の月曜は16時半までなので学校から帰ってきてからではとても間に合わない。つまり今日がプチ花ちゃんにとっての真のミネラルショーDAY!

プチ花ちゃんがガーネットを当てたガチャの前にずっと立っている男の人がいて、わたしたちが足を止めて見ていると「●●とか○○とかいい石が入っているからガチャをやったほうがいいですよ」とまっすぐな目でオススメされたので店員さんかと思ったら人にガチャをさせて次のレアカプセルを狙っている人でした。なんという(笑)

プチ花ちゃんが1個ガチャを出して中身をチェックしている瞬間、ささっとやって金色のカプセルを出しダイヤの原石を当てていました。次が金色のレアカプセルだと知っていて、もう1回まわしてくれる人を待っていたようです。隣りのガチャでは次の次に出てくるのがレアカプセルだったようで、プチ花ちゃんや通りがかった女性に「このガチャやったほうがいいですよ」と勧めていて、その妙な賢さと欲望に忠実すぎる目と図々しさが怖かったです。

プチ花ちゃんもレア好きなだけに若干くやしそうでしたが、ズルいけど別に悪いことではないし、そもそもほしいのはガーネットだからいいんだ、という結論に達していました。エライ。ミネラルショーでひとつ人生勉強をしました。持って帰れたのはお店の前にずっと立っているからといって店員さんとは限らないという教訓と石4つ。

癒されランチ

反抗期の入り口に入り、受験のストレスもありなプチ花ちゃん、自分を最優先にしてほしい甘えた気持ちと放っておいてほしい自立心ふたつの相反する感情に挟まれて少し苦しそうです。そこへもってきて50日間入院して一度退院したにも関わらず再入院になってしまい大ショックな母の間で、今までゲッシとキッズにしか使ったことのない異能力(要は優しさとか献身とかw)を全方位に発動せねばならなくなり、時間と身体がかなりすり減り気味になってきてしまいました。

自分の危機は自分で救え!ここはひとつご無沙汰している好きな人に会ってもらおう!と10代からの友人に突然LINEして「ランチしてーーー」と泣きついてみました。

美味しいものを作るのも食べるのも大好きなお友だちが連れて行ってくれたお店はパンのお店。まずはコーヒーと食べ放題のパンとバターがきますが、もうこの時点で美味しい、お店の雰囲気も最高♪です。

 

で、もってランチはこちら。ランチ時間をはずして行ったにも関わらず最後の1席ギリギリで入れる人気のパン屋さんの大きなキッシュとオープンサンドです。どっちも「何これウマッ!」という言葉しか出ない美味しさです。いろいろ説明しようかと思ったけどパンへの造詣が浅すぎて書けませんでした。パンて深い。

そこで10代の頃のバイト先でいっしょだったお友だちと三茶と中目黒に住んでいて歩いて行き来していた頃の思い出話やら、共通の知り合いの最近のお話やら、お互いの家族のことなど笑って話して1時間、本当に楽しい時間をいただきました。会うのは8年ぶりぐらいだと思うのだけど、一瞬、変わってない顔を見ただけで空白の時間が埋まり、楽しい時間で癒してもらいました。なんという有り難さ!

また美味しいものを食べに行く約束もできて嬉しい。長く生きて色々あってそれもおもしろいなーな思わせてくれてありがとう!パンもキッシュも美味しかったー。

ゲッシ分充填

やってきました。年賀状の季節です。

来年の干支は子!ネズミということで、ゲッシつながりで井の頭自然文化園 分園(動物園)のモルモットさんにご登場いただくことになりました。本当はお昼ぐらいに行きたかったのですが、いろいろとあって到着したのはモルさんと一緒に写真が撮れるふれあい広場が終了するギリギリの時間。

朝から「早い時間には到着したい」とさんざん言っていたにも関わらず、それが叶わず「写真が赤黄色くなるまでに到着したかった!わたしは写真の青みをはらうのは好きだけど、黄みや赤みをはらうのは得意じゃないんだ!」と怒ってしまったのですが、それを聞いたとある人が「人が怒る理由って、本当に人それぞれだね……太陽が赤っぽくなったじゃないかって怒っている人、初めて見たよ」と言っていました。わたしもそんな理由で怒ったのは初めてです。

怒っていたけど、モルさんを見た瞬間、もう怒りなんぞは雲散霧消。もうデレデレです。光は黄色いけどね!

7m.jpg

 

わたしはCANON、大きなゲッシさんはLeicaで撮影していたのですが、もう我慢ならず、途中で撮影を切り上げてわたしもモルさんを抱っこです。

わたしの膝の上にいる巻き毛のモルさんとプチ花ちゃんの膝の上にいるツートーンのモルさん、顔が近くにきたら「きゃー!」「ひさしぶり!」と何らかのアクションがあるかな?と思っていたのですが、鼻をフゴフゴさせて匂いを嗅ぎあった後は素知らぬ顔でスルーしていました。クールだね、君ら。

7m2.jpg

 

幸せモルさんタイムが終わったあと、次はリスの小径に行こうと思っていたら、途中でも「ねずみ」発見!ピカチュウです。後ろ側がコインで動く乗り物になっているようで、撮影中、ピカチュウがぐるんぐるん回るのが面白かったです。

こちらも年賀状に使うことに!すなわち今回は写真は2点。

7k.jpg

 

リスの小径は寒すぎたようで、みんな巣箱にいるのか出勤していないのか1匹しか会うことはできませんでした。残念。その後は水に住む生き物がいる水生物館に大きなゲッシさんとプチ花ちゃんだけで行ってもらって、公園で紅葉を楽しみながら写真を撮ったりベンチで座ったりしてゆっくり。

行きの怒りはどこへやら……というのも12時半には吉祥寺についてランチを食べてから行こうと企んでいたので腹ペコだからスニッカーズだったのかもw この時点では夕方だけど焼肉に行こうということが決定していたので、ご機嫌でした。お腹がすいたら邪悪になるポケモンはモルペコです。

これで写真の準備はOK!ハガキを作って宛名をプリントアウトしまーす。

7m3.jpg