<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
枯れた薔薇

ふとテレビをつけっぱなしにしておいたら、外に咲いている薔薇を切って家の中で飾っても、日光が足りなくてすぐに枯れてしまうという番組が流れていました。

確かに、それなら実家のお庭からつんできた薔薇の花がすぐにダメになるはずだ。そこで日当たりの良い出窓に薔薇を置いていたところ……そのまま忘れて、結果、やはり気づいたら枯れていました。

でも、枯れた薔薇はいい!まさに薔薇の後ろに写っているiPhoneで遊んでいる、hidden cityの探し物を見つけた気分!

 

禍々しいアイテムの中、枯れた薔薇もまたそのひとつ。

こちらは収集家の家。ゲーム内の説明一部抜粋「収集家は姿を消してしまいましたが、まだ彼はここにいます」

どこにいるんだ!?収集家!怖い。そして薔薇はバケツに刺さっています。部屋の雰囲気は収集家というより探偵の部屋のようで、とても好みです。わたしはここに住みたい!(姿が見えない収集家がいなければ)奥の部屋にあるに違いない破けたソファで寝起きして、でもとびきり熱くて美味しいコーヒーを朝から淹れます。あ、行天が淹れてくれるはず。いや、行天は淹れてくれないから、俺が淹れないと!それじゃ探偵事務所じゃなくてまほろ駅前にある便利軒だわ!

12m2.jpg

 

こちらは、邸宅の門。ゲーム内の説明は「邸宅の謎の女主人のために、多くの人がここに贈り物を置いていきました。それらの贈り物はまだここにあります。明らかに、誰かが望まれていない訪問者を呪おうとしたようです」

呪うなよー。収集家の家とは真反対の、そのモテモテっぽい女主人に贈られたプレゼントとおぼしき宝石やアクセサリー、化粧品やチョコレートやお花がちらばっている女性らしい場所です。甘ったるく腐敗している。キラキラが錆びて埃がかぶっている感じ。ここの薔薇は枯れていませんが、その鮮やかな紅色がまた怖い。と、相変わらずHidden Cityに住みついている毎日なのでありましたw

12m3.jpg

 

バナナとゲーム

我が家のキッチンでバナナスタンドの活躍を目にすると、ついつい「おさわり探偵 小沢里奈」のバナナスタンドが置いてある部屋に行きたくなってしまいます。

そこでiPhoneのソフトをダウンロード。国民的人気者になった、なめこちゃんも一緒です。んふんふ。

バナナスタンドがあるのは、里奈の友達であり、探偵事務所の依頼人でもあるまなみちゃんの部屋です。

まなみちゃん、小学生に見えるのに、こんな素敵なアパルトマン「ローゼンハイム夢見崎」に一人暮らし。キャラの年齢は不詳だわ、みんな表情は暗いわ、変人だわ、空間は歪んでいるわ、事件はシュールだわ、何年たっても最高のゲームです!

27m.jpg

 

さてウキウキとヘンテコ世界にひたっているわたしを横で見ていたプチ花ちゃん、初めて目にした推理ゲームをやりたくて仕方ありません。なめこちゃんも知っているので、より身近に感じるようです。

「大人向けのゲームだから、難しい漢字も、わからない言葉も出てくるし、内容もシュールで不条理だけど、調べながら自分で頑張れるならいいよー」と言い渡したところ「不条理って何?」と聞いてくるので「まずはその熟語から国語辞書で調べなさい〜〜〜!」と、どうぶつの森でカタカナを覚えさせたゲーム学習エリートの我が家ならではの怒りの鉄槌が下されましたとさ。初の大人向けゲームがんばって♪

27m2.jpg

偶然ゲームDAY

「さて今日は何をしようかな」予定がない土曜日。でも週末、繁華街には行かない大きなゲッシさんが一緒なので、プチ花ちゃんの大いなる野望「ポケモンセンターに行きたい」は言い出せない。と、そんな大きなゲッシさんは朝風呂に入っていると、プチ花ちゃんのポケ友男子たちのママからLINEが!「いま、●●くんと一緒にポケモンセンターにいるんだけど、来ない?」

ふたりともプチ花ちゃんと仲良しのポケ友男子。ママふたりともわたしと仲良し。これは行きたい!そこでお風呂に入って機動力が落ちている大きなゲッシさんをだまくらかして(すみません)早々に準備してポケモンセンターに向かってしまいました。ひとりお誕生日の子もいて、一緒に絶景を見ながらバースデーパーティ♪

午後も遅い時間になり「そろそろ帰ろうか」という話になったところで、一番仲良しのママ友から着電。「いまポケモンセンターにいない?わたしたち行こうと思っているんだけど」「いるいるいる!超いる!なんなら住んでる!」と張り切って答え、第2回戦の始まりです(笑)今度は幼馴染くん登場。これまた3DS大会に。

結果、1日中、友だちと一緒にポケモンやらMiitopia三昧になれたプチ花ちゃん、至福の土曜日でした。わたしもママ友たちとだらだら過ごせて楽しかったー。家でひとりの大きなゲッシさんはつまらなくなってボクシングに行ったみたいで、申し訳ない。けど、たまにはいいよね。普通の(笑)子供の休日でした。

青いお財布同盟

まっこさんと青いお財布のマリアージュに心を奪われてからというものの、にわかにお財布が気になり出し始めました♪もちろん、Hidden City ~Mystery of Shadowsの中で。相変わらず、妖しい世界の住民をしております。

こちらは、ちょっぴりハードボイルなカフェのテーブルに投げ出された二つ折り財布。男物かな。ポーカーをしていて、さらに負けたっぽい。銃が置いてあるところがゾワゾワします。「カードは賭けても命は賭すなよ」と言いたくなる。(言いたいだけw)

13m.JPG

 

こちらは占い師の部屋に置いてあった赤い長財布です。赤か!わたしたちは青なのに!レベルをあげて、いろんな部屋に入れるようになり、青いお財布を探さなければ。

まっこさんと青いお財布について盛り上がっていたら、choiさんから「青いお財布同盟」という素敵なお言葉をいただきました。同盟国、求ム〜♪

13m2.JPG

 

iPhoneと練習

プチ花ちゃん、仲良しの友だちのお母さんからバイオリンを習っています。でも自分が3歳から習っていたピアノがつらくてつらくて、練習の意味もわからなかったし、先生は怖いし、受験のために晴れてやめてよくなった日には「二度とわたしはピアノの蓋を開けることはないであろう。あーっはっはっは!スッキリ!」と思うほどに憎んでいたので、プチ花ちゃんにはそうなって欲しくないと思い、「練習しなさい」と1回も言わなかったら、とうとうレッスンの30分以外1分たりともバイオリンに触らない状況になってしまいました。

もちろん、どんどん下手になっていきます。でも「音大を目指すわけでもないし、本人がやりたくなったらやるだろうし、それまで忘れないように習っているだけだし、まーいーや」と思っていたのですが、とうとうママ友先生に諭されました。「ピピさんの気持ちは良くわかるし、わたしも子供に全く強要できないけど、もう少し練習しても大丈夫ですから」と。デスヨネー!

 

プチ花ちゃんが楽器を習うことに対し、わたしはとにかく「嫌いにならせたくない」という気持ちばかり先行していたのですが、むしろ発想の転換で「好きにさせる」というのはどうだろうと考えました。

そこでのiPhone6 plusの登場です!いま、4Sを使っているプチ花ちゃん、6 Plusに興味しんしん。そこで、先生のお手本のwavデータを送ってもらいRadwinps、ももクロ、「ようこそジャパリパークへ」等と一緒に6 PlusのiTuneに入れて「これ、使っていいよー」と渡してみたところ、iPhoneで音楽を聴くという行為に憧れて、とうとう自発的にバイオリンを弾いてくれるようになりました。良かった〜。先生ありがとう!iPhoneありがとう!何よりノリやすい性格のプチ花ちゃんありがとう!

Au Temps Jadis

最近、目にうつる全ての風景がHidden City ~Mystery of Shadowsに見え、全ての生けし生きとしものがフレンズに見えて仕方がないピピです。

そして、いま挑戦している(そして今後は入れなくなりそうな予感の)「トロールの市場」が可愛くてなりません。特に好きなアイテムが「バスケット」です。

28m.jpg

 

バスケットの中に入っているカラフルなドットのついた丸い謎の物体は何なのでしょう。

わたしには裁縫セットに見えます。昔、Au Temps Jadisで買った楕円のケース入り裁縫セットのような。または可愛い待ち針がささった針山でもいいな。でもカップケーキかな。イースターエッグも入っているし。

28m2.jpg

ケースの話

そろそろプチ花ちゃんの春休みが始まります。休みに入ると当分、大人だけの会話ができなくなるので連日のママランチモード♪前倒しの息抜きタイム〜!

そんな中でiPhone7 Plusに変えた友だちがいて、ケースについての話で盛り上がりました。やはりケース、大事!でもケースによってiPhoneのせっかくのピンクが見えなくなるのが残念ですが、ほんの少しのチラ見せを眺めて溜飲を下げます。

22m.jpg

 

そういえば、iPhone4Sまでは後ろ側だけのカバーで全く不安はなかったけど、plusになると大きさとの比例か薄さが際立ってしまい、手帳型ケースでないと怖くて持てません。カバーなど何もつけずに持っている人を見ると(大きなゲッシさん)「すごい度胸だな、きみ!」と尊敬してしまいます。

とはいえ、iPhone7に変えた大きなゲッシさん、どうやら大きくてすべりやすいらしくボヤいていたので、シリコン製のすべりにくい背面だけのケースをプレゼントしよう。

22m2.jpg

ゲッシアプリ

Hidden City ~Mystery of Shadows」の絵がツボでツボでたまりません。(と、Macを横からのぞきこんでいるプチ花ちゃんに「ツボでツボで、って何?どういう意味?」と聞かれました。そろそろブログをやっているという行為がバレそうで怖い)

このスクリーンショットは「サンタクロースの作業場」にいるリスさんです。クリスマスの雰囲気全開ですが、もちろんMystery of Shadowsだけに、サンタクロースは行方不明だし、登場人物たちがお願いした玩具は全て錆び、壊れ、お酒はお酢になっているという不気味な場所です。ジャン=ピエール・ジュネの「ロスト・チルドレン」に出てきたようなサンタクロースが突然、現れても不思議はありません。

21m2.jpg

 

そして、こちらが「トロールの市場」

夢や幻想が現実になる場所だそうですが、可愛く古びた雑貨が多くて、わたしの一番のお気に入りの場所です。そして、こんなに可愛い琥珀ちゃんが覗いています。奥にはヒヨコも!こっち見んなーーー!(涙目)

そんなわけで、相変わらずハマっています。世界には同じような趣味の人がいっぱいいるのですね。いったい幼少期のどこでどういうフラグが立つとこのような趣味になるのでしょう。違う国で、違う人種で、違う文化で育っているはずなのに不思議です。開発者の方々に市川崑金田一を観てみてほしい〜。

21m.jpg

ラズベリーカラー

新iPhone&ケースの披露目です♪pipihamという世界の片隅でw

今回のBONAVENTURAはパープルにしてみました。パープルと言っても6 plusのケースの紫とは違ってラズベリーのような色をしています。紫でもワインレッドでもなくマゼンダの勝ったラズベリーピンクが持っていてウキウキします。春らしげ。

BONAVENTURAの革は表面に人工的な感じのツヤ出し加工をしていないようなので、いっぱい持って手になじませていく楽しみもあります。前回のピンクも「こんなに薄い色なのに、なぜ汚れがつかないの?」というぐらい、汚れに対して強い革だったので(同時期に手に入れた違う薄いピンクの革製品はiPhoneケースよりずっと使用頻度が低かったのに茶色い薄汚れが全体についていますが、そちらが普通だと思うのでBONAVENTURAの革は本当に素晴らしい!)今回のラズベリーさんも汚れることなく、しっとりとなじんでくれるはず。楽しみ!

15m2.jpg

 

お財布→ iPhone6ケース→ iPhone7ケースのグラデーションが好きです。

これを見ていると、自分の好みの色が良くわかります。でも、このiPhone6 plusの紫カバーが、夜空色とラズベリーの間に入ってくれてこその相性な気もします。この3連コンボこその美しさとなると、iPhone6 Plusが解約できなくなるー。しますけどねw さすがにiPhone2台持ちはしない。

16m.jpg

 

ゲームの中の手帳

iPhoneを新しくしたと同時にはまっているアプリがあります。それは「Hidden City ~Mystery of Shadows」

サイレントヒルのような霧がたちこめた妖しくも暗い異世界に飛ばされ、元の世界に帰るべくその謎を解き、陰鬱な建物の中のアイテムを探すゲームなのですが、その世界観が好みすぎて震えます。まずは部屋が大好きで、サイレントヒルの廃墟アパートメントの各部屋を行き来しているだけで悦びで卒倒しそうだったのに、その細部まで見られるとは!というか、その細部を見るゲームだなんて!

 

特に「手帳」や「ノート」を見かけると、ほぼ日手帳が好きなわたしとしては「キタコレー!」と興奮し、拡大してスクリーンショットを撮ってしまいます。

16m2.jpg

 

こんなところにひっそりと隠されている手帳w 水に浸かってしまっていて革の状態が不安です!w

16m3.jpg

 

こちらは刑事さんのノートだったかな。

指で広げて拡大して探すので、駅で人と待ち合わせをしているプチ花ちゃんが探す時に、指で拡大しているポーズを取るのがおかしいです。また部屋がグチャグチャだと「ここはHidden Cityかっ!」と思うようになりました。楽しいです。

16m4.jpg