<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
あつまってみた

無事ゲットできました。

しかしわたしの頭が痛ーい。

そして左のjoy-conの調子が悪く、プチ花ちゃんのイーブイjoy-conを借りているので、変にスプラトゥーン&ポケモンコラボみたいなことになっています。スティックもボタンも押せば押すだけ暴走してしまうので、これはもう寿命かもしれない。新しいjoy-conを買わねば!と張り切って検索したら、どうぶつの森コラボの水色&ペパーミントグリーンjoy-conが単体で発売されているではないですか。今はまだ売り切れ中ですが、追加製造予定と書いてある。これは待つしか!

それまでは、このスプラモンSWITCHで頑張ります。島と自キャラまではわたしが設定したけれども、先に進むのはプチ花ちゃんになりそうです。今日の夜から痛いから復帰できるのは月曜日夜かな。こうも律儀に毎回3日ずつ痛みが続かなくてもいいのに。早く治れー。

野鳥とカメラ

幼い頃から頑張っていた(というより、ヌイグルミほしさにせがまれて始めた)通信教育のポイントを貯めてもらった双眼鏡。それを持ってお散歩に行き、野鳥を見ることを熱望していたプチ花ちゃんの夢がかないました。

その名も東京港野鳥公園へ。

いつもはまばらな駐車場も今日はいっぱい。みんな日光と風を求めて広い場所に来ているに違いない。とても広い公園なので、混み合うこともなく、静かに自然を楽しみ鳥を愛でられました。

15m3.jpg

 

普段は望遠鏡が置いてあって湿地の鳥が覗けるようになっていますが、感染の危険をさけるため撤去されていました。施設も閉鎖されていたけど、いっそ入れないぐらいほうが諦めがつくので良い対策。

プチ花ちゃん、念願の双眼鏡で鳥を覗いています。良かったね。

15k.jpg

 

カメラを持ってきていなかったので、2台持っていた大きなゲッシさんからSONYを借りました。いい!とってもいい!今まで大きなゲッシさんのカメラを触らせてもらって「このカメラはすっごく気持ちいい!」と思ったのはMARK ll 5D以来です。実はPENTAXも自分が買った*istD以来、何台買っても買っても(買うなよw)気にくわず、壊れるまでずっと*istDを使っていました。

そのカメラの感想を大きなゲッシさんに伝えたら「どこがいい?」と聞かれたのですが「よくわからないけど、撮ってて気持ちがいい」としか答えようがありませんでした。好み好みじゃない、なんてもんは感覚的なものだし。

15m.jpg

 

とはいえ、錆を撮らないとカメラの真価がわからない。

おお……これは、好み。

強いて言葉にすれば、華やかなのに死者の国のように静謐であり、甘い香りなのにそれは致死性の毒であり、透明感があるのにどこか歪んでいる、ってどこの厨二だよおいというイメージが写真に現れてくれれば、それが好みです。

15m2.jpg

 

そうなんです。わたしは本当にカメラがわからない。好きなイメージの写真があるだけで、カメラの機能も方法論もわからない。きっとわかろうともしていない。もちろん絞りとかそういう機能も何のことやらだし、スペック表なんて見たこともない。クルマ会社にいた時にカタログの文字校しすぎてスペック表はもう見たくないw

自分で好きと思える写真が撮れるまでいろいろダイヤルをいじって撮ればいいじゃないかと思っているので、そのお供をしてくれるカメラが好きです。*istD、MARK ll 5D、LeicaQときて、また新しい相棒候補と出会えて嬉しい。

英語のノート

英語。いろんな言い訳をしてやらせてこなかった英語。わたしが苦手な英語。

自分が苦手だから小さなうちから始めさせておこうというお母さんがいる。わたしもその波に一瞬のろうとしたのだけど、プチ花ちゃんの断固反対にあい、無理にさせるものではないだろうと完全にスルーしてきました。

小学校には一応、英語の授業があります。英語を習っている子は生き生きと、習ってない子はそれなりにしているそうな。もちろんプチ花ちゃんは後者。基本90%以上の子が受験すると言われれいる学校なので英語は後回しになる家庭も多く、さほど気にならないようですが「あー、わたし英語はわからないからね!」と、なぜかやや誇らしげに言うようになってきてしまい少し不安になっていました。

そんな中での休校騒ぎ。登校最後の日、落ち着かないまま「休校になったら(外出禁止も想定)家で何をしよう」といろんな場所をまわっていたのですが、見つけたのがこちら公文のCDつき英語教材です。ちょうど30弱の項目があるので、1日1項目やっていったら楽しいかも!で、ひとつプチ花ちゃんが食いつきやすくするように予めCDをプチ花ちゃんのiPhoneに入れておきました。自分のiPhoneで英語が勉強できるというというトラップにまんまとハマってくれるプチ花ちゃん、素直だ!

仲良しのお友達が幼稚園のころから公文の英語に通っていて短期留学したり英検にトライしているのを見てたので、テキストを見た瞬間「これ、知ってる!●●もやっているくもんの英語だー!」と受け入れる気持ちにつながりました。

してして、鬼トレとともに「お母さん、早くやろうよー」と言ってくれる勉強に。一個一個の単語がわからなくてもいい。文法もまだいい。なんとなく楽しめればいい。という気軽さで毎日すすめています。曜日や月を毎日、英語で書いているので、アルファベットを少しでも覚えておいてくれるだけでいい。

なーんて長々と書いてみましたが、言いたいことは結局ひとつ。見てください、英語のノートがプレーリードッグなのですよー。本当それが大事♪

休校中の毎日

プチ花ちゃんの休校中。おだやかに毎日を過ごしています。

今はきっとプチ花ちゃんとゆっくり過ごす最後の長いお休み。小6の長期休暇は塾の講習でつぶれるし、中学校に入ったら休日は部活でつぶれるというし、きっとお出かけも友達とするようになるでしょう。だからこの1ヶ月(実質2/29〜3/27)の時間はプチ花ちゃんの人生にとって幸せで実のある時間にしたいと心から願っています。

てなわけで、基本、外出してはいけないわたしたちが家で何をしているか、のちに読み返して懐かしがれるようメモしておきます。

●カラオケ

文ストや鬼滅の刃のテーマソングを歌っています。歌はとってもストレス解消になります。

●kindle

キッズ向けにバンドルされている本のほかに、青空文庫で文豪たちの名作を読んだり、ちょいちょいわたしが購入する文スト小説や漫画をおすそわけしています。

●iPhone

おもにポケ森をプレイ。

●タブレット

各機関や各書店が提供してくれているサービスを満喫中。

科学技術広報研究会 臨時休校対応特別企画> キッズ向け科学の各種動画が観られる。我らが博士も出演!

KADOKAWA児童書ポータル「ヨメルバ」> 児童小説が200冊以上無料で読める。

朝日ソノラマ サバイバルシリーズ> サバイバルシリーズが無料公開。
などなど。

●工作・実験

こちらは完全にプチ花ちゃんにお任せして放置していますが、ねだられたアイテムは「ミツロウ」「指輪型のレジンモールド」「レジン着色料-色ドロップ-」。作ったもので見せてもらったのは、練り香水とレジンの指輪です。他にもラベンダーが入ったサシェとか作っているようですが、工作・実験ワールドにはあまり口出ししないようにしているので不確かです。

●勉強

午前中は9時半からお昼まで基礎や復習を反復的にやっています。漢字、計算、理科と社会の覚える系の問題。午後は適当に。

●英語

今まで完全にスルーしていた英語を始めてみました。英語教育は小学校でもやっているのですが、アルファベットの小文字も書けない状態です。とはいえabc……とひとつひとつ書いて覚える性格でもないので(たぶんそれだと双方ブチ切れ必須)、テキストを導入して流れで覚えていくことにしました。詳しい話は後日また。

●ゲーム

ちょうど今やっているゲームがなくて欲しいものがないかふたりで探していたら、むかし「脳人格壊れるほど厳しいけど楽しい最強脳トレ」と友人が言っていた「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」を発見。プチ花ちゃんいわく、この間、友達と遊んだSWITCHの脳トレが面白かったそうなのですが、数年前に友達のママに遊ばせてもらった鬼トレを覚えていて「あれがやりたい!」とご所望。さっそくダウンロードしてみました。良き時代!

そして、まんまとハマるわたしたち。大きなゲッシさんも始めてみたけれども「左利きだから字を認識してくれない」だの「タッチペンが本体につながっているのが邪魔くさいので取っていい?」だの言い訳侍だったので、きっとやらないと思います。自分にとってどんなマイナス要因があってしても、ひたすら提示されたルールに従うのがゲームってもんなんだよ。誰にとっても公平なゲームなんかあるもんか。はっはっは。

そんなわけで、いま目新しくハマっているのは3DSの鬼トレです。1日にできるステージが決まっているので、毎日がゆっくり過ぎれば願っている反面で、早く明日になって新しいステージをやりたい!と思ってしまう相反する気持ちが楽しい♪

蒼きカバー

プチ花ちゃんのkindleが大活躍!今、はまっているゲームがないようで、となると欲するは読書、バンドルされている1,000冊を消費するのに忙しくしています。

わたしもkindleは持っていたのですが、プチ花ちゃんの開ければ電源が入り閉めれば電源が落ちるカバーがうらやましくて仕方がなくなり、すぐにポチッといってみました。

iPhoneカバーは純正を使ったことがないわたしですが、kindleカバーはamazon純正から選んでみました。いまポケ森の世界では蜂蜜やらパンケーキやらのイベントで黄色まみれなこともあり、明るい黄色の布地にもだいぶ惹かれたのですが汚れちゃうかもしれないのでブルーにしました。ほぼ日手帳に合わせて革ではなくキャンバス地に。サラサラの肌触りが気持ちいいです。

17m.jpg

 

わたしの中でのkindleの立ち位置がまだしっかりしていないのですが、徐々に固まってきそうです。

膨大な量の小説を読むので、とにかく図書館で借りて「これはもう一度時間がたってから読み返したい」「この文章の掃除のシーンを読むとやる気が出る」だのなんだの引っかかる本を買うようにしているのですが、なにせ大きなゲッシさんの図書室の状態では行方不明になること、しばし。で、何冊も買ってしまうことに。

なので、何度も読み返して行方不明になってほしくない小説を買おうかな、と思っています。取っておきたい小説はごく個人的に気に入っている部分がある本が多い、いまは家のコンディションを保つために家のケアをしている人が出てくる小説が好きです。あと荒唐無稽な設定の方向がわたし好みなものが好き。kindle、楽しくなってきました♪

17m2.jpg

チョコ夢と現

バレンタイン仕様のポケ森も明日まで。

去年の今ごろ集めていたショコラティエの家具が大活躍です。ケーキショップのイベントで出たこのガラスの衝立を置くと一気にお店っぽくなるから素敵。ないと吹きっさらしのカフェ。オープンカフェとも言う。

アプリの夢の世界だけでなく現実でも、早い時間に病院に行ったあと、すいてる時間帯のチョコレートフェアでたくさん試食させてもらってご満悦のプチ花ちゃんでした。

13m2.jpg

 

ポケ森のどうぶつたちの中からひとり選んでチョコレートをプレゼントできるのですが、今年はぶんじろうにしました。去年もぶんじろうだったかもしれないw

前はワシのアポロに夢中でしが、今はオオカミ!もちろんロボにも憧れていたのですが、どうしても和風なぶんじろうが好ましい。着流しとか着てほしいけど、我がカフェのマネージャーとして常駐してもらっているのでウェイターの服を着てもらっています。かっこいい。オーナーの特権w

 

気のきくマネージャーぶんじろうからは、もうお返しの準備が!義理プレゼント(涙)だけど、オーナーの顔はデレデレです。

ちなみにプチ花ちゃんは鶴のちとせちゃんにあげたそうです。親子そろって和風好き。
キンドルキッズ

プチ花ちゃんはkindle kids modelを手に入れた!

「ぐふふふ」とても嬉しそうであります。

というのも、塾の問題に太宰治だ芥川龍之介だ中島敦だ文豪と名作が出題されてきて、これはいかんと「文豪ストレイドッグス」で対策に乗り出してみたところ、「やっぱり本物の羅生門や山月記も読んでみたい」と言い出したので、青空文庫が読めるのみならず、キッズ本1000冊がバンドルで入っているkindle kids modelをプレゼントしてみました。


さて、ここからはkindle kids modelの備忘録。

調べるのに時間がかかったので、ここにメモさせてください。

kindle kids modelはハードというより、ソフトの名称で、大人用のアカウントの中の「Amzon Frer Time」というスペースを子供専用としている。

<切り替え方法>

右上の3つの・・・メニューから。

●キッズから大人用アカウントは「Amzon Frer Timeを終了」をクリック。

●大人用アカウントからキッズへの移動は「Amzon Frer Time」をクリック。

プチ花ちゃんの名前の横に「本を読む」というリンクが出てくるのでクリック。

<ストアから書籍の追加>

(1)大人用アカウントで購入。

(2)本の画像を長押しすると「子ども用プロフィールに追加」と出るのでクリック。

(3)名前にチェックを入れて「ライブラリーをアップデート」をクリック。

→キッズページに行くと「ためしてみよう」コーナーに出てくる。

小さいネズミ

晴れの日が続きますが、わたしは偏頭痛です。

前々から気づいていましたが、わたしは低気圧より高気圧に弱い。頭がいたーい。

とはいえプチ花ちゃんのお世話に休みはなし。特に昨日今日のように尋常ではない寒さの日に冷やしてはいけないと、外出には気をつかいます。ああ、こんな時はクルマで送り迎えをしているお母さんたちがうらやましい。

でもわたしには強い味方がいます。それは待ち時間に寄るカフェの熱いカプチーノ。そしてAir Mac!外でも仕事(または遊び)がしやすいようにミニミニマウスを買ってみました。小さなマウスを使っていると嬉しくなってしまうのはハムスターのようだからかな。でもマウスを使う民は我が家ではわたしひとり。今に「マウス使っているよ。ぷ」と笑われる時代遅れな人になるのでしょうか。いや、もうなっていたりして。

 

海底格闘カフェ

ポケ森でどうぶつの願いを聞いてサンドバッグをクラフトしてみたら、住民たちがすごい勢いで打ちまくっています。

動画はこちらをクリック。動きがバッチリです。井岡か!井上か!

そして、そんなにストレスたまっていたのか。うちのキャンプ場で、わたしというオーナーにw

そんなわけで従業員 皆さまのウップンをはらす福祉コーナーとして、カフェのはじっこにサンドバッグを置いてみることにしました。海底の死後の世界みたいなゆるやかな世界が、突如としてスパルタな世界に早変わりです。

3m.jpg

 

精魂つきはてて、キャンプ場のはずれで灰になるマネージャーのぶんじろう。

3m4.jpg

 

花ちゃんやポピコに一番似ている気がしている、ご贔屓ウェイトレス長のドレミちゃんも打って打って打ちまくっています。

いつも真面目でちょっとおとぼけなドレミちゃんの顔がキリリとひきしまって、いっそう可愛いらしい。

ジャブ!腰を入れて……

 

ストレート!きれいなワンツーです。

ドレミちゃんも動画で撮ってみたのですが、改めて見ると本当にかっこよくて、見ているだけでウキウキ。今はソーイングカフェに間借りさせてもらっていますが、ガーリーな格闘カフェを作ってみたいものです。ああ、楽しい。

こうしてポケ森から出られない毎日が続く……w

 

ポケ森の世界

ソファの前に小さなカフェテーブルがあれば便利だろうな、と思いながら「必ずつまずいて転ぶ。わたしのみならず大きなゲッシさんも」という強い確信があるため、ワゴンをサイドテーブル代わりにずっと使っています。

大きなゲッシさんが独身時代に目黒通りの家具屋さんで見つけてきた、このワゴンテーブル、とても使い勝手がよいです。上には家族全員の詰み本(読んでない本ではなく、直近でちょいちょい開きたい本)、観覧車型の写真立て、セロテープが常時置いてあるけど、それでもスペースがあるので、大きなゲッシさんがPCをしていることもあれば、わたしがプチ花ちゃんとわたしのポケ森を同時進行させていることもあります。

そう、ワゴンの話と見せかけて実はポケ森話がしたかった♪

プチ花ちゃんが学校に行っている午前9時、正午、そして寝ている深夜24時の3回はわたしがどうぶつたちのお願いを叶える担当となっています。1日3回、2台のiPhoneを使って同時に両手を使い、釣りや昆虫採集をしているのですが、これがとても楽しい!反射神経が鍛えられているような気がします。

 

そんなプチ花ちゃんのポケ森インテリアをご紹介。

今までゲームや本の趣味、インテリアや洋服のテイストは、わたしの後を追いかけてきていたプチ花ちゃん、金魚のお世話をしながらポツリ。「わたしってお母さんの金魚のフンみたいだねえ」とそんな自虐的なことを言い出しました。お、自覚はあったのか。以来、意識して違えようとしているようです。えらいし、成長してる!

そんなわけで、うちがカフェなら、プチ花ちゃんのキャンプ場は「星の妖精さんの世界」です。

 

うちがキャンプ場のどうぶつ達にそれぞれマネージャー、用心棒、ウェイストレス、パティシエ、コックと役割を分担させているところは真似て、プチ花ちゃんなりに考えて妖精さんの格好をさせています。

イメージは変えて、いいと思ったことを取り入れられるのもすばらしい。

 

キャンピンカーはこちら。妖精さんの森にピッタリ。

 

写真は、キャンピングカーの1階です。プチ花ちゃんのプライベートスペース。

うん、君はゴシックに育ちそうだね。あんまり洋服には興味がないのですが、今度ゴスっぽいのをオススメしてみようか。

 

そして深夜12時の回が終わったら、2階のベッドにプチ花ちゃんの分身を寝かせておきます。

朝、ベッドの中で起きてポケ森をやって一緒に起き出したら楽しいかなと思って。ちなみにわたしの分身も寝る前にベッドに寝ていて起きる時に一緒に起こします。一蓮托生。