<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ナチュラルスノードームな部屋 | main | 歯医者4回目 >>
はじめての一眼レフたち

大きなゲッシさんが写真特集のBRUTUSを買ってきてくれました。
表紙にもなっている、この子が可愛い。


「わたしも写真の子みたいな写真を撮って!」
こんなに雰囲気のある素敵な写真は撮れませんが、とりあえず両手で食べ物を持っているところだけは同じという意味での「写真の子みたいな」でよろしいでしょうか?


しかし良く見るとポピコが食べているのは食べ物ではなくて、ビーズの丸い玉でした。
口のサイズがあわないので赤ちゃんでいうところの誤飲はなさそうですが、しばらく楽しそうに口もとで遊んでいたので見ていてハラハラ。


写真つながり。今はどちらも使っていないのですが、写真に写っているのが大きなゲッシさんとわたしの1st一眼レフです。もちろんデジカメなんて陰も形もない頃のものです。
左はわたしのCANON A-1、右は大きなゲッシさんのPENTAX ME super。大きなゲッシさんは中学生の時にどうしても一眼レフが欲しくて、頑張ってお小遣いを貯めて買ったものだそうです。
わたしのは大学入学時、写真の授業に必要で学校で買ったカメラです。親からカメラ代をもらった時に「あああっ!このお金、ほかのことに使いっちゃいたい!」と身悶えしたという、購入動機もありがたみも違う出だしでスミマセン。
でも使ってみれば意外に面白かったカメラ。今は二つとも使っていないので、並べて本棚に飾っています。

COMMENT