<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅の中の小さな旅 | main | コジュートー族の襲来 >>
旅は続く
写真はお茶の道具で「旅箪笥」というものだそうです。
その名も千利休が豊臣秀吉の小田原の陣に同行した時に考案した、お茶の道具を入れておく箪笥とのことですが、旅する箪笥という言葉がとても可愛いらしいと思いました。
そして今ちょうど読んでいる短編小説「団地船」という名前もとても好き。
わたしが旅するのに必要なのはプチ花ちゃんとポピコとカメラとMACとケータイ。
戦国時代とは打って変わって充電やwi-fiが必要だったりするので、箪笥を持って出かけるより、波にたゆたう団地船に乗り込むほうが現実的かな。
というわけで、今だ旅の途中です。

木といえば齧るものだよね?旅箪笥も齧っていいのかな?
もちろんポピコはお茶室に入ったことがないのですが、もし入ったらどれほど喜んでいろんなものを齧ってしまうのだろう。まずは何を齧るかな。やっぱり旅箪笥は角っこから行くよな。それに掛け軸もカーテンみたいに飛びついて齧るだろうし、畳も掘っちゃうかも……。
ついお茶を点てていただいていても、そんな不埒なことを考えているダメな嫁のピピですが、おおらかで面白いもの好きなお母さんなので「じゃあ、ポピコ放して実験してみる?」なんて言われたりしてw
COMMENT