<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アンチョビがあるのに、あえて代替品を使う心意気 | main | 10月はイベントもりだくさん >>
素晴らしき哉、ライカマウント
とうとう家にやってきました、GXRに装着するライカマウント。
これをつけると、なんとリコーのGXRにPENTAXのレンズをつけることができるようになるです。ああ、これでレンズ庫に眠る数々のレンズたちを起こしてあげられる♪
そして、ずっとずっと小さな一眼デジが欲しかったわたし。
特に激しく気持ちが動かされたカメラは、OLYMPUS PEN E-P2(白×茶革)、PENTAX Q(白)の2つだったのですが、前者はまっこさんが後者はchoiさんが購入されたので、ノドから手が出るほど欲しいFREITAGも友達が持っていてくれれば何故か安心なように、このふたりが買ってくれたなら、わたしは買わなくても大丈夫!と、わけのわからぬ理由で溜飲をさげていたのでした。
25m.jpg

そんなわたしの心の紆余曲折はさておき、ライカマウントを装着したGXRには、大好きなちょっと変わった古いマニュアルレンズをつけてもらいました。
レンズのクラシックな感じがGXRの無骨なデザインと相まって、欲しかったクラシックを模した一眼デジみたいで、本当に可愛いらしい。なでなで。
しかもF1.2の明るくて、ピントが合う範囲が狭い(きっと言い方があるんだと思うのですが、カメラ用語がまったく覚えられなくてw)写り方が非常に気持ちいいです。
ただし、自分でピントを合わせないといけないので、動くプチ花ちゃんやポピコを撮るのは至難の技w
25m2.jpg

ただし、グースカ寝ているポピコなら大丈夫。
GXRで撮ったポピコは、オツムにピントがきています。
(他には昨日のシャンチョビトースト1枚目、一昨日のシナモンロールの写真はGXRで撮っています)
実は、他の小型一眼が出た時に「それでもー!どうしても欲しいー!なんなら勝手に買っちゃうー!」と、ならなかったのには理由があります。それはGXRの色味が恐ろしいほど、わたしの好みだったからです。
なんというか、秋っぽい透明感のある、あっさりした色味なのです。そのままの色でもキレイだし、わたしがコテコテと色をいじるのにも最適な主張のない色味で、それはそれは使い勝手良く思っていたのでした。
このポピコも、なんとキレイな色のことか。ライカマウントさん、ありがとう!
25p.jpg
COMMENT