<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 来年の手帳 | main | 六本木×六本木 >>
花とヨット

チョークアートを描きに行ってきました。

「あと1分で始まる!」というギリギリの時間にすべりこむと「あ、ピピさん!」と知り合いの顔が。以前、ワークショップで知り合って仲良くなりランチをしたママ&女の子がいたのです。ただでさえ興味深いチョークアートの時間がますます嬉しい!

まずは2つ絵柄を選び、それを白いカーボン紙でトレースします。そこに1箇所につき、ベース色+淡いハイトーン+暗い影の色の3本のオイルチョークを選び、色をのせ、指でなじませます。

2k2.jpg

 

できあがりもそれぞれで見ていてとても面白い。

プチ花ちゃんの絵はテクスチャーが荒く油絵タッチで立体感があります。ひまわりの真ん中の部分がメロンパンのように膨らんでいて、個性としては仕事が雑で立体視ができるようになったんだな、と思いました。前は描く絵が平坦だったので、その成長にちょっぴり感動。

またお友だちは2つ選んでいい絵をひとつしか描かず、ママが「やだもう、せっかくだから2個描いてほしいのにー」と言っていましたが、そのひとつをナナメに配置し、複数のオリジナルの絵を加え、一枚の絵としてのデザインを考えていたので驚きました。6年生の中にはボード全体をデザインしようと意識しながら作っている子はいたのですが、中学年でデザインを意識してあえて1個に絞るのは才能としか思えない。

いろんな子の絵を見ながら、まだ評価される絵というものを知らない時期のほうが才能というのはわかりやすいものなのだなーと発見!でも、絵が好きな子が集まっているだけあって、みんな上手♪

2k.jpg

 

出来上がりはこちらになります。

下書きの時点で「チョークで絵を描く!」という目先のことにとらわれて、描きたい絵をボン!ボン!と並列に配置していることがわかります。でも雑ゆえの塗り残しがあえての質感になっていて、わたしは好きだなw

お友だちと一緒にランチを食べたコンサートホールで女の子向けのクラシックコンサートがあったようで、エレベーターで降りようとしたら幼稚園時代の友達が降りてきて、ふたり大喜び。偶然が多い1日で楽しかったー♪

2m.jpg

COMMENT