<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バター匣 | main | かわいい銘菓 >>
Pがつくカメラ

昨日は食器棚の奥からバターケースを取り出していましたが、今日はカメラ庫の奥からわたしの初号機を見つけてみました。父からもらったOLYMPUS-PEN。

先日のゲーム内カメラ日記に書いた記憶に引っかかる金色のカメラを探していたのですが、探していたカメラの後ろに鎮座しておりました。久しぶりの再会を祝い、レンズケースを外して一番大好きな箇所・レンズ周りのガラスのプチプチを見せながらの記念撮影です。このガラスのプチプチを指でなぞるのが本当に好き。

 

で、もって。本丸であるところの記憶の中の金色カメラは、こちら。全然、金色じゃなーい。の、茶革貼りのPOLAROID SX-70でした。これをどうして金色と分類して記録の脳内棚に収納したのやら。革の色が明るいからかな。動物の毛の色だったら確かに「金」と称されそうではある。キンクマとかキンクマとかキンクマとか。

金色ではなかったけど、夏休み中、自分の写真をチェキで撮ってもらってそれを集めてスタンプラリーにするというイベントに参加したプチ花ちゃん、「クリスマスにはインスタントカメラが欲しい」と言っていたので、これを見せてみようかな。

興味を示すこと間違いなしだけど、フィルムが高い。そして使い続ける気がしない。やっぱりカメラは毎日のように触って、手に馴染んで親しんでこそ楽しいと思っているので、やっぱり今の生活にはデジカメが最高だと思うのです。でもチェキの楽しさはわかる。いろいろ相談してみよう♪

COMMENT