<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鉱石だらけ | main | 散漫おべんと >>
菊目石のカバー

週末、おばあちゃんの手術につきあう時間の中で、わたしのほぼ日手帳を読んで思ったらしい。「記録って読み返すとおもしろい」

そんなこんなの成り行きで「やっぱりわたし来年はほぼ日手帳、復活してみる♪」との言質が取れました。わたしもまずは中身だけでも入手しておいたほうが安心、と思っていたので、プチ花ちゃんの気が変わらぬうちに、さっそく2019年版の手帳を買いに、いそいそとお出かけ。

カバーも好きなのがあったら買うつもりだったのですが、わたしとそこは性格が違うらしきプチ花ちゃん、前に使っていた一番のお気に入り「カラフルな菊目石のような模様」のカバーをもう一度使いたいんだそうな。わたしと違ってプチ花ちゃんは手帳をあまり持ち歩かないので、外も中も綺麗。なにより(わたしと違ってagain)気に入ったものを大事に長く使うプチ花ちゃんの性格に憧れます。

わたしの場合、何年はこの表紙だった、と、常にいっしょだったビジュアルのイメージ込みで思い出にしたいので毎年のように買い換えていますが、大きなゲッシさんのアンリ・クイールの育ち方を見ると「さすが」と感服します。物に対する気持ちは、大きなゲッシさん寄りかなー。

COMMENT