<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おべんとう丼 | main | 水が好きな娘 >>
痛みと本と運動靴

股関節が痛い……。一時は足が痛くて杖なしでは歩けなかったことがありました。リハビリに通っているうちに何となーく痛みが治まり放置していたのですが、さすがに週5も激しく動いていたら、なりを潜めていた爆弾にも火がつくというもの。

その当時、4つの場所で見てもらいました。で、所見は以下の通り。

●AKA(関節運動学的アプローチ)整体:股関節と膝と足首が全部違う方向にねじれている。

●中医学の先生:腰からきている。

●整形外科:骨に異常はないので凝っている筋肉を柔らかくするようリハビリへ。

●整骨院:骨ではなく股関節近辺と腰の筋肉が硬くなっている。

大した痛みではないものの悪化させてしまうと困るので、連休明け火曜日に整形外科に行くとして、こんな「運動への欲求と体の痛みの挟間で悩む」という状況も楽しんでみようと、甘粕りり子さんの「マラソン・ウーマン」を読んでいます。

まさに靭帯の手術から始まり、その痛みと折り合いをつけながらロンドンマラソンを目指すりり子さん。すべてにおいて足元にも及びませんが、ウェアを大人買いしたり、書いてない理由が運動だと人間として進化しているのではないのだから後ろめたくならないとか、運動している時は書かねばならないことがかなり頭の隅っこの方まで追いやることができるとか共感できることばかり!

 

そんなこんなで明日のプールは歩くだけにしておこう、と思うわけですが、とりあえず、どの先生もおっしゃっていたのは「ヒールと重い荷物でしょうねえ」。わたしも「そうでしょうねえ」と、うなずくしかありません。

ので、最近はとにかく足の裏を平らにして歩けるよう、ヒールスニーカーか前も高いウェッジソールにしています。で、導入したのがAGILEのスニーカー。昔風に言うと運動靴w 派手なところでシルバーのスパンコール、地味なところで真っ黒のものを2足ゲットしました。歩きやすいし、いま着たい洋服にも合ってて嬉し♪

COMMENT