<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小5スマホ事情 | main | 水と光と霧 >>
恐怖の体脂肪率

この恐ろしい数字を見てください。

In Bodyが出した大きなゲッシさんの体脂肪率です。8.3%って、なに!

もともと運動してようがしていまいが、細いのに筋肉質な大きなゲッシさん。なのでパパ友たちから「かっこいいっす!どんな筋トレしてるんすか!?」と言っていただけているのですが、答えは「いや、なんも……」
普通に体を動かすのは好きなようですが筋トレはしていないのです。しかも常に超絶激務なのでさほど運動に時間がとれるわけではなし。自分の体にも興味なし。で、体脂肪率8.3%とは……!ナチュラルボーン筋肉マン。

わたしがしている運動は大きなゲッシさんの10数年来の居場所に入れてもらっているので、そこの現プロ・元プロの先生たちに「大きなゲッシさんの体脂肪率8.3%なんだって!」と言いふらしたところ「自分の現役時代の体脂肪率と同じ。すごい!」「今日イチの驚き!」と感動されていました。や、8.3%っておかしいもん。

そういえば以前もほかの先生から「旦那さんのような筋肉の逸材みたいな人っているんですよ」と言われたっけ。でもそれを聞いた大きなゲッシさんが「筋肉は重いから、本当はオレ柔道のほうが向いているんだよ」と逆に落ち込んでいました。

なのに、わたしは……!くうう。見た目よりずっとずっとずっと脂肪率が高いのです。それはもう20代の痩せていた時代から会社の検診で「測り間違いじゃない?」と言われるほど高い。In Bodyで見てもらうまで「この数字はきっと内臓脂肪があるからなのね」と思い込んでいたのですが、違ったようです。それはそれで大問題。

まあプニプニなことは自分としては好ましいのですが、こうも数字に出されちゃうと挑戦状をつきつけられた気分になります。動きが良くなるようにするため筋力は増やしたいけれども、見た目はあんまり筋肉質にはなりたくない。顔にもキャラにも合わない。今は「かくれ肥満」ですが、がんばって「こっそり筋肉質」になるのが目標です。

COMMENT