<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゲゲゲの妖怪 | main | 那須旅行 >>
旅行のお連れさま

島に行く時にもLeicaを持っていくかいかないか、ずいぶんと悩んだのですが、次の旅行はどうしよう。

もちろん重い!とかバッグの場所とる!とか物理的な理由もあるのですが、それよりも気になるのはその貴重品具合。「貴重品だけはお手元に」と言われた場合、たいていお財布とケータイと鍵と、3つばかし小さなバッグにポイと入れれば済むのですが、Leicaを持っているとそうはいきません。むしろ他の貴重品より高価なので貴重品度が高いとも言えます。そんなLeicaを旅に携帯、いや、むしろ人間が随行させていただくことになるので、ひと段階うえの警戒心や緊張感を持たねばなりません。大事にしている分だけ、土地勘のない場所で(たいていはプチ花ちゃんにも気をとられつつ)ドキドキするのが怖いのです。

しかも大きなゲッシさんが懸念していたのが、雨。うーん。今回はゼルダと(後ろ髪ひかれてるw)お留守番していてもらおうかな。いっしょに旅したいんだけど、今度、大きなゲッシさんのクルマで行ける時まで待っててね。

強引に旅と赤色つながり。

今日のお夕飯は「ここは本当に日本か?」というカフェでいただきました。世界の旅行者が集まるこのカフェでは周囲を見渡すといろんな国の人がいます。3人で各国のお料理を頼みました。プチ花ちゃんはフランス、大きなゲッシさんはアフリカ、わたしは英国。ピンクグレープフルーツジュースを頼んだらストローが紙製で意識高いのかな、と。

COMMENT