<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BALMUDAライト | main | 憧れのミスド >>
3つの黒ブーツ

長年、重宝してきたショートブーツがご臨終されました。もはや殉死と言ってもいいレベルの潔い天への召され方でした。

服が破れたらガムテで補強が一番かっこいい(リリーさんたちがやってた)、ジーンズはリキテックス(リキ、と呼ぶ)で汚れてないと未完成な気がする、と美大音系サークルの精神をまだまだ心の奥底に持ち続けているわたしですので、女性らしい服(当時はガーリーなワンピース)にゴツい靴とイカついアクセサリーが基本!そんなわたしのコジれた思い込みによりそって、これひとつで全体を好みのテイストにしててくれる有り難いブーツでした。

当時履いていたのは、A store RobotのラバーソールとかDr.マーチンズソールで(いま姪っ子ちゃんも履いてる!)だから必然とボッテリと重ためのが好きで、例えばサイドゴアブーツなんかだと、ちょっとかっこよすぎると気が引けてしまうのです。こんな年になってもw

 

で、いろいろ探していたのですが、似たようなのはナーイ!

なので色々気持ちを全部チャラにしてこの2つの黒いブーツを導入してみました。これはこれで、魔法のブーツのように見えてボートネックのワンピースに合いそうなのでお迎えです。

 

こちらは最初のブーツと同じブランドのもので汎用性が高そうなデザインと歩きやすさで決めました。

うん、でも合点はいってない。と、ここまで書いて思ったのですが、最初のブーツ、このままご臨終させないでソールの手術に出してみようかな。

上の革やファスナーの具合などを鑑みてどうしたらいいか靴の修理屋さんで相談してきめよう。靴の話、書いてみて良かった。心がまとまった。

……と、思ったけど。(追記)いままでお気に入りだから、高かったから、と壊れたところを大枚はたいて修理しても、そのあとポロポロと違う箇所にも経年による不具合がでてきて、それでもせっかく直したからと騙し騙し使うも使いづらく、存在としてかえって気が重たくなっちゃったことが多発していたので、やはりこのままお見送りの方向かな、とも考えてる。

COMMENT