<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金魚のお引越し | main | ぬいon手帳 >>
お菓子隠し場所

皆んなが寝静まってからも仕事をしている大きなゲッシさん。夜中、頭を使っていると甘いものやスナック類が食べたくなるようで、キッチンのパントリー(という名の木の棚)に置いてあるお菓子を片っ端から食べてしまいます。それはプチ花ちゃんが大切にとっておいて名前を書いておいても目に入らない様子で食べます。冬眠前のリスのようなものかもしれません。(それで体脂肪8.3%の体質がニクイ)

それはそれでわたしとしては微笑ましいものですし、仕事が佳境に入ると人のお菓子だろうがお構いなしになる感じは理解でます。でも学校から帰ってきておやつの時間に食べようと、親に頼んで買ってもらった、そして大事にしていたお菓子がない!と泣くプチ花ちゃんの気持ちもわからなくもありません。

そこで、対策を練ることにしました。その対策とはプチ花ちゃんのベッドの階段下に置かれた六花亭の箱のことです。

20m.jpg

 

開けてみると……ジャーン!お菓子が入っています。

ばしこさんからいただいたお菓子はちょびっとづつ出して自分の采配の下、おすそ分けしてくれます。メロン味のパチパチキャンディが入っているチョコレートは大人気だそうで、塾でしているお友達とのお菓子交換にも使わせてもらっているようです。ありがとうございます!

20m2.jpg

 

わたしのお菓子避難場所は、この缶です。まっこさんとオソロ気分でリビングに置かれた机に座っていることが多いので、ここに独り占めしたいお菓子を入れています。

プチ花ちゃんの理由「せっかく買ってもらった大事なお菓子をお父さんに食べられたくない」に比べて、わたしの理由「好きなお菓子を選り好みして隠しておこう(プチ花ちゃんが苦手なお菓子に限る)」が醜いことをお許しください。

ちなみに入っているのはウエストのヴィクトリア、ゴディバのクリスマスサブレショコラの抹茶味、そしてkojutoさんからいただいた甘くて辛いスナックです。頂き物の箱から抜いて最初からなかったことにしてしまってスミマセン。

父がイギリスで買ってきてくれたハロッズのビスケットの缶、そろそろ20年ぐらいたつので錆もだいぶ良い感じ。そして花ちゃんやポピコのお菓子が入っていたこともあるので爪と歯の跡がまたよろし。そんな缶を横目に見ながら今日も机に座っています。

20m3.jpg

COMMENT