<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 焼きナシそば | main | 果物と痩身 >>
500yenコート

自転車屋さんでタイヤに空気を入れようと順番待ちをしていたら、となりのオシャレな今どきお洋服リサイクルショップの店先に飾ってあるコートが目にとまりました。

「へー、好みのコート♪新品タグつきなんかも売ってるんだー。あ、新品だから店先に出して一推ししているのかな……え!? 500って字が見えるけど、まさか500yen!?」

自転車に空気を入れ終わって一度は通りすぎたものの、頭の中に「500、500……500か!」と数字がグルグル。戻ってみてみても、やっぱり500yenってタグがついている。正規の値段のタグもついていたのですが、その約80倍です。(最初間違えて8倍って書いちゃったけど、80倍だ!8倍でもなく800倍でもなく、80倍。数字を見ると脳が朦朧)えーーー………。

お店のお姉さんに「この500はなんですか?」と聞いてみると「もちろん、値段です!」と鼻息も荒く教えてくれました。そのショップのほかの洋服に比べてもべらぼうに安いので「ま、まさかの事故物件。。。」と聞いてみると「いえいえ!他社と経営統合して自社ブランドを廃止するアパレルブランドのものなので」というようなことを教えてくれました。そういうことか!(ネットで調べてみたら、まさに正解!)

着てみたらサイズもピッタリで、なんと500yenコートめでたくお迎えです。あまりの安さに「ありがとうございます」と言って買ってしまい「こちらこそありがとうございます」と奇妙な会話になりました。いや、でも可愛い。昔、安野モヨコさんが美人画報で「安くて可愛い服ほど大切」みたいなことを書いていらして「そう!高いのも素敵だけど、安くて可愛いと思えるものは出会えたー!て感じがするから特別感が強い!」と、ものすごーく納得した覚えがあるのですが、このコートも普通に気倒す予定です!あー。ビックリした。良き出会いかな。

COMMENT