<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さよなら雛菊 | main | 新しいケータイ >>
雛菊がいっぱい

花ちゃんがPCの向こうからモーレツに可愛い光線を発していました。
首をかしげて、両手をそろえてチョコン。なんでそんな女子オーラを身にまとっているのでしょう。もしかして、それは今日が雛祭りの日だから?


なんだか雛ちゃんの写真を見るのが悲しくて苦しくてフォルダを開けられず、ピピハムの更新が遅れてもうしわけありません。
でもどこかで立ち直らねば!と今日3月3日雛祭りのニッキーで雛ちゃんの最終日に撮った写真をいっぱい載せて通常営業に戻りたいと思います。
下の写真は散歩中、ピピの足の下で毛づくろいする雛ちゃん。ボンヤリ屋さんでわたしのことがわかっているかいないか謎でしたが、ここまで慣れていてくれました。
 

花ちゃんのオヤツカゴに入り、どうにかして甘いクッキーを食べようと頑張っています。昨日のニッキーにも書いたけど、本当、このとき好きなだけ缶をあけさせて食べてもらえば良かった。牧草ボーロもウサギのクッキーもキャロットサンドも、どれをとってもハムにあげてはまずいものはなかったのに(涙)
 

このモッチリとした手が、腕が。
雛ちゃんのホゲーとした愛らしい顔と相まってモッサリプリティ度をアップさせてくれていた気がします。しかし二の腕がムチムチ……。
 

床からソファにへばりついて「上へ!上へ!」としていたので、手ですくってポテンと上に登らせてみました。光が青っぽいのは水槽の光があたっているから。
神妙な顔でブルーグリーンの布の上を歩いていましたが、突然飽きたらしく大きなオシリを見せてプイ!と座りこんでしまいました。この時の雛ちゃんがものすごくスネているみたいで、めちゃくちゃ可愛いかった。
キチンとしたお別れもできず、なにもしてあげられないうちに旅立ってしまった雛ちゃんでしたが、それなのにいっぱいの可愛い思い出を残してくれました。いつもわたしはハムスターから一方的に助けられているなー。
そして最後に、雛ちゃんを可愛いと思ってピピハムを見ていてくださった皆さま、本当にありがとうございます。雛ちゃんに代わって、本当に感謝しています。
 

COMMENT