<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
花や鳥や春よこい
冷たい風がふく日が続いているので、お外に行けず。その代わりにお庭があって良かったプチ花ちゃん。
小石をすくってバケツに入れたり、石段があって登れるようになっている小さな山に入り込んでみたり、ギミックたっぷりな日本のお庭は公園とはまた違う楽しみがあるようです。
おうちの窓をガラリとあければ、そこに楽しめる場所があるというのは、わたしにとっても楽ちんでありがたいw

お庭に咲いているお花。
お茶室のお花は和風なものばかりですが、お庭には洋風なお花もあって可愛い。
さすがコジュートーさんのお母さん!な、素敵要素が満載で、おうちに帰ったらさっそく真似したいことがたくさんです。
自分ちを離れ、人さまのおうちにお邪魔していると思う。もっとちゃんとキレイに暮らそう(笑)

お茶室の床の間に飾ってあった掛け軸です。書いてあるのは唐太宗の句「春遂鳥声開」、「春は鳥声を追って開く」という意味だそうです。
早く春らしい陽気が来ればいいなーと思います。想像できぬほどの多大な苦労されている被災地の方たちが、せめて寒さという苦痛からは解放されてほしい。

「プレーリードッグが鳴いても春が来るかしら……」
真剣な顔で悩むポピコ。
わたしが咳をするたびに「キャーポ!」と答えるポピコに「歩ぴちゃんって鳴くんだね!」とビックリされています。そう、返事をするんですw
ピピの一部が破損

今までポピコにお留守番を頼んできていたので、1泊が限度だった大きなゲッシさんのおうち。
今回はポピコも一緒の旅情篇ということもあり、わたしと花姉妹はおばあちゃんおじいちゃん孝行という意味も含めて、こちらに残ることになりました。
しかし問題が!グズグズと、しかも原稿に追われながら荷物を積めたのでカメラを忘れた!持ってきたPCがここに来て内蔵モデムが壊れたらしくオンライン不可能に!(いま、こっそり大きなゲッシさんのお母さんのPCで打っていますw)
カメラは大きなゲッシさんがGX100を置いていってくれたのですが、電池がなくなりそうなのでケータイで撮った写真が当分は主力になります。でも、駅前のこども館で撮ったプチ花ちゃん写真、なかなか綺麗でケータイカメラ、あなどれん!と思いましたw


「カメラとPCと言えばピピの一部みたいなものじゃない」
ポピコ、目線だけじゃなくて発言もするどい!
ネット中毒のわたしにとって、この二つは大事を通り越してなくてはならない必要なもの。
今週末、MACを買う予定です。

和のおうちで

大きなゲッシさんのお母さんがおうちでお茶の先生をされていることもあり、お庭も中に門があるような和風の作りで素敵です。ピピ実家の庭は薔薇の棘だらけというプチ花ちゃんに優しくない庭なので、こちらの小石をしきつめたお庭では大はしゃぎ。
何せ執拗に石を愛するプチ花ちゃん、お庭の手入れをするおばあちゃんを手伝ってスコップとザルで八面六臂の大活躍……と言いたいところですが、実は単に小石のシャワーをまきちらし邪魔しているだけという。


おばあちゃんちムードを盛り上げてくれる小花柄のそばがら枕。白いカバーつき。乙女だ。


さて、ポピコin和風なおうちの1シーン。
キッチンから廊下に続くガラスをはめこんだ引き戸があるのですが、このガラスの材質がなぜか息をうきかけると一瞬、写真のように白いケバが消えて黒くなるのです。
で、この点々。好奇心いっぱいにガラス戸をクンクンかいでまわったポピコの鼻息です。鼻先がどう移動したかマークされています。か、可愛い……。

美術館に行きました

プチ花ちゃんもお会いしたことがある藤森照信さん建築の美術館に行ってきました。
坂道をあがった山の上にあるのですが、山の風景の中に美術館が少しづつ現れてくる様子は、ただ単に素敵な建造物があるというだけではなく、あの美術館へ行くんだー♪という気持ちをどんどん盛り上げていってくれる楽しい仕組みだと思いました。
プチ花ちゃんといえば、ところどころに盛ってある石を蹴り飛ばして藤森建築へのアンチテーゼを提唱しています。うそです、建築そのものに参加しているのでしょうw


大きな木の株にしがみついて登ろうとするプチ花ちゃん。
相変わらず果敢としか言いようがありません。
久しぶりに気持ちのどこかを緊張でこわばらせることなく、大笑いした気がします。ガソリン不足等いろいろ問題はありますが、電車でもなんでも週末だけ少し遠出してみるのは気分転換にいいかもしてません。
(と言いますのも、ここに着くまではそんな気分にまったくなれず、ビービーメソメソ東京を離れるのをいやがっていた自分なので、その効力にビックリしたのです)


さて。初の旅行を楽しむポピコ。
着くなり地元のペットショップで小型のウサケージを買ってダイニングに置かせてもらうことに。
こんな時はポピコの環境適応力に大感謝です。来てその日にお腹を出して寝ていて、大きなゲッシさんの家族に笑われていました。人の出入りが多い暖かい場所なので、楽しんでね。

ポピコ旅情篇のはじまりはじまり

「ポピちゃん、話があります。ここに座りなさい」

「はい、プチ花姉ちゃん」

「今日から花姉妹は大きなゲッシさんの実家に遊びに行きます」

「え?わたしも一緒に?」

「そうです。でも大きなゲッシさんのおうちは元モルモット飼いのおうちです。ポピちゃんのこともきっと可愛がってくれますよ。三連休、良い子で楽しく遊びましょうね」

「はーい!!!!!」

というわけで、静岡県に行って参ります!
pipiham from SHIZUOKA、ポピコ旅情篇、楽しみにしていてください。