<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カメラinゲーム

SWITCHでバイオハザードを始めたものの、やはりプチ花ちゃんの学校が始まってからでないと集中できない!

というわけで、ちくちくとiPhoneのアプリで遊んでいるのですが、まだまだ楽しみ続けているのは「Hidden City」です。同じメーカーから出ている、同じシステム、似たような妖しげな世界観のアプリはいっぱいあるのに、Hidden Cityの圧倒的な作り込みと、絶妙なバランスが他の追随を許しません。ゲームディレクターの腕スバラシイ。

そんなHidden Cityに煌びやかなセレブが素敵なカメラを持って登場。西洋のもののけが跋扈する濃霧ただよう影の街に観光に来たのでしょうか。なんと恐ろしく物見高い。そう思ってみてみると、この人ももののけの一人に見えるw

しかし革ストラップ好き、クラシックカメラ風デザインのデジカメ持ちとしては「デスヨネ〜」と握手を求めたい気分です。Hidden Cityには撮影ポイントありすぎだもの。各館の古びた家具を撮っているだけで、1年ぐらいは過ごせそう。問題なのは現実の世界への戻り方がわからないことだけど。(それがゲームの主目的)

 

今度は、その名もカード詐欺師というキャラクター名の男からカメラを見つけるよう依頼がきた!

名前からして「詐欺師」であるこの男の言うことを信じるのも、その手先になるのもどうかと思うのだけど、でもカメラを見つけないと市長が過去を思い出せないと言うのなら仕方あるまい。カメラを見つけようではないか。

 

こちらは大好きな場所のひとつ「アンジェラの公園」

作家アンジェラ・クローリーが屋敷の近くに自分の公園を作り、そこのテーブルに置いたタイプライターで小説を綴っていた、わけですが、そのテーブルがこちらです。このテーブルの散らかりっぷりが他人とは思えないw

それにしても市長のカメラはゴールド×茶色革のツートーン。こちらもゴールド×黒革のツートーン。うちに古いゴールドのカメラはあったかな。カメラ庫を探してみよう!

 

こちらは、同じ会社の違うアプリの広告です。Hidden Cityを始める前に映像で流れたところをパチリ><

カメラを手にしているのに、カメラを探しているという不思議な1ショットになっておりますが、こちらも楽しそう。Hidden Cityの重々しさに比べて、こちらは軽やか〜。

お仕事準備

昨日はあれから仕事に関係あることを友達に取材させてもらったり、今日も出かけにあった知人に食らいついておしゃべりしたり、少しでもいいから喉を開き、脳みそを動かしてから挑むことができました。結果、感触としては大成功。良かった!

調子にのって、そのまま友達と合流しお茶をして、プチ花ちゃん帰宅後はまた別の友達の家に遊びに行かせてもらい、そこにまた合流した家族とお夕飯までご一緒してもらい、夜にはぶっ倒れているという、いと愚かなりな週半ば。

ちなみに「なんで風邪ひいたの?」と聞かれ、「土曜日の夜、薄着で夜まで我慢しちゃって、で、日曜日も出かけたんだけどその時も上着忘れて寒いの我慢して半袖で、あ、プチ花ちゃんにはカーディガンもたせていたんだけどね」という話をしていたら「で、なんで今日も半袖なのよ?夜まで?」と聞かれ、自分の脇の甘さと学習しなさに愕然としました。バッグの中に汎用性の高い薄手の長袖を常備しようかな。忘れそうだけど。

24m.jpg

森とお祝い

自然の写真を撮るプチ花ちゃん。

仕事が詰まっている大きなゲッシさんが「もう我慢ならん!」となってしまい、午前中に思い立って森と海にやってきました。もちろん3人ともそれぞれのカメラを携えて。

 

わたしがこういう朽ちる直前の植物を撮っていると、プチ花ちゃんも横からパチリ。

いやいや、まだこういうのに魅力を感じるにはまだ早い。素直に綺麗でキラキラしたものを追いかけておくれ。

 

大きなゲッシさんからカメラを借りて、地べたに置いて何やら撮影中。

 

何を狙っていたかというと、穴から出てきた蟹さんを撮っていたのでありました。「イエーイ!Winner!!!!!」言ってますね。

こちらはわたしがLeicaQで撮ったもの。かなり小さく撮れるので拡大して切り抜きしたものですが、ちゃんとピントが来ている!素晴らしい。

3m4.jpg

 

東京に戻ってから一寝入りして、従兄弟くんの中学入学祝いへ。

プレゼントは「ピピちゃんがキーホルダーにつけているみたいな、ビクトリアノックスのマルチツールがいい!」ということで、ライト、栓抜き、ドライバーつきのクリアブルーを選んでみました。選ぶのを見ていたプチ花ちゃんも2017年限定ものを見て目をハートにして「限定ものだとなくなっちゃう可能性が高いから、今買っておいて中学入学の時にプレゼントして♪」と、どこかで良く聞くようなセリフを言っていました。頼むから、そこはわたしの血を引かないでおくれ。

 

大きなゲッシさんのお友達のレストランでご飯。焼きそば大好きなプチ花ちゃんですが、こういう焼きそばはソースよりも好き!細めの麺がカリカリで醤油も香ばしく美味しかったです。あんまり良く行くお店は増えないのですが、(むしろ閉店で減っていく一方ですが。涙)ここ数年でこことスペイン料理屋さんは定番と化してくれました。お歳を召したからか、性格か、わたしも大きなゲッシさんもいつも同じお店かも。それだけに好きな味のお店じゃないと困りますw

今日も楽しく夜が更けましたとさ。

 

今日のステキロク:可燃ゴミ30L -3(ベッドルームクローゼット)

3写真機で森へ

各自、首から写真機をさげて森の撮影に挑むこと!

なんて誰かに厳命されたわけでもなんでもないのですが、プチ花ちゃんはGXRを、わたしは LeicaQを、大きなゲッシさんはOM-Dという己の愛機をそれぞれ勝手に首から下げて森へとカメラ遠足しに行きました。

31m5.jpg

 

GRX

プチ花ちゃん撮影。蝶は影にさえならなければ逃げないそうです。マクロをずっとミクロと言い続けていたのがおかしかった。ミクロは君であり、わたしだ。

31m.jpg

 

LeicaQ

双頭の龍のようなシダ。もう少しで開いて、いわゆる見慣れたシダになります。この瞬間が好き。

31m2.jpg

 

LeicaQ

山の桜は、大島桜。ソメイヨシノよりも白い。

31m3.jpg

 

OM-D

大きなゲッシさんが撮影した、いっちょまえなプチ花ちゃん。

31k.jpg

 

OM-D

つくし。昔は近所の野原にいっぱいはえていたのに、今では全く見かけないのが寂しい可愛い。思えばもう野原がない。あっても公園。土の筆という漢字も大好き。

31m4.jpg

カメラ小学生

連日のLeica夢中モードを見て心を動かされぬプチ花ちゃんではありません。

「わたしも写真が撮りたい!」

でしょうとも。でしょうとも。そこで大きなゲッシさんがプチ花ちゃんに「使っていいよ」と言ってくれた衝撃・水に強いヘビーデューティなカメラを持参してお花見に行ってきました。今年の桜は神田川沿いで満喫。桜は本当に心を浮き立ててくれて好き。

しかし、ここで問題が。プチ花ちゃんがカメラを手放さなくなり、とうとう被写体不在の家族となりました。これもまた必然なのかもしれませんがw

 

大きなゲッシさんの海用カメラを借りて桜の撮影を楽しんだプチ花ちゃんでしたが、わたしは先回りして、その言葉の裏に潜む本人も気づいていないであろう深層物欲を推測します。

「写真が撮りたい」それはつまり、もしわたしだったら……「カメラが欲しい」だし、なんなら「わたし専用のカメラが欲しい」だし、もっと言えば「お母さんやお父さんのような首からストラップでかけられる一眼デジ(風)のわたしのカメラが欲しい」に違いない。と、勝手に結論づけ、大きなゲッシさんに交渉して、RICHOのGRXをプチ花ちゃん用にプレゼントしてもらうことにしました。

案の定、とっても喜んでくれて嬉しい。しかし、その裏で進行するわたしの陰謀(野望)は止まらない!

LeicaQ Open!

旅慣れていないせいか旅行日記を書くのが大変に大変で大変なので、先にLeicaQお披露目日記を書かせてください♪

沖縄日記の続きはぼちぼちこっそりと書いていきたいと思います。

26m0.jpg

 

そんなこんな事情から数日。買うと決めたらまずは限定カラーを調べるのがわたしですが、現在発売されている限定色が白。ごめんなさい。白は贅沢すぎて無理です。汚すのが怖いから使わずカメラ庫に入れて、眺めなて暮らしながら経年によって出てくる黄ばみを見て「わああ」とショックを受けている将来の自分が想像できる。まざまざとw

GINZA SIXオープン記念にグレーやオレンジもあったようですが、一番初めてのmyカメラ「OLYMPUS PEN」が「ライカのサブカメラとして使える小型カメラ」として開発されていたと知り、同じシルバー×黒が原点に戻るという意味で一番しっくりくるなーと思い、この一択となりました。

まずは箱です。白飛びしていますが、シルバーでかっこいい。

26m.jpg

 

箱を開けると、パカー!と4方向に倒れます。クリオネの捕食時の口のようです。

シルバーの箱から黒い箱が出てきて、さらにカメラは内蔵されているグレーの箱に入ってきます。複雑で四面体なマトリョーシカ。

26m2.jpg

 

開けてみると、そこにはもちろんLeicaQが!既にストラップがついているという、やらせ写真感満載ですがw

シルバー×黒のLeica Qを買ったら赤いストラップをつけようと思い探していたのですが、まさにライカ純正のストラップの革がとても美しくて圧勝。マークの朱色がかった赤と同じ、ややもすると奥にコーラルピンクも感じる赤で、かさっとした表面の質感もたまりません。カメラも好きですが、ストラップ好きとしては最高です!そんなわけで、あわせてこちらも買ってもらいました。大事に使います。嬉しいな。

26m3.jpg

sweet ten……

新しいカメラで撮った写真はこちらです!

と言いたいところですが、実はiPhone写真。従姉妹の個展が銀座であったので、帰りに両親や大きなゲッシさんと近くのAUX-BACCHANALESでお茶した時の風景です。

従姉妹と言えば、先に多摩美に入ってくれて「そうか!美大って道があるのか!」と先達となってくれたお姉さん。小さい頃から手先が器用で絵が上手で、いつもいろんな手芸や工作を教えてくれて大好きだったのですが、今ではプチ花ちゃんにレース編みや組紐を教えてくれて本当にありがたいです。

でもってAUX-BACCHANALESと言えば、今はなき原宿のパレフランスにあって大好きでした。今のAUX-BACCHANALESは今よりもお客と店員さんの間が近い、チップ制のフランスっぽいギャルソンが多かった気がします。

20m.jpg

 

そして!結婚10周年のsweet ten diamondならぬ、sweet ten CAMERAはこちらになります。

まさか、まさかのライカQです!!!!! 英語で書くとLeica Q!!!!! キャー!!!!!

そうなのです。LeicaQを買いました。もとい買ってもらいました。

明日から旅行なので、いっぱいライカQと仲良くなってきます。色はシルバー、ストラップはいろいろ悩んでライカ純正にしましたが、これがまた可愛くて。でもカメラ及びストラップのお話はまたの機会に♪

OM-D弐号機

ここのところ複数の人物写真を撮ることが多く、その時に巨大一眼デジだとどうしてもピントがあう範囲が狭すぎて「主役はひとり!あとの人はボケの美しい背景」みたいになってしまい、むしろ万が一の備えとして撮っておいたiPhone写真のほうが使えたりしたものでした。いや、あくまでもカメラのせいではなく、わたしの知識のなさゆえなのですが(涙)

そしてここに来て、土曜日のサイエンスショー。終わったあとに出演者の方と写真を撮らせていただけるコーナーがあったのですが、その時バッグから出したるは、その後に街の風景を撮る仕事の要件があって持っていた巨大一眼デジ。出演者の方にも「すごいカメラですね」とおっしゃっていただき、列は限りなく続く中、ゆったりとした気分とは言えない状況でシャッターを押し2枚撮った写真のどちらもがプチ花ちゃんにピントが合ってない。合ってない……っ!!!!!これならiPhoneで撮ったほうが良かった……orz

重い荷物を持って行ってこんな悲しい目には二度と会いたくない。と帰ってから大きなゲッシさんに相談していたら、「ミラーレスのOM-Dを使いなよ!」と写真のカメラを出してきてくれました。でも小さめのカメラはわたし専用のがいいなーと躊躇していたら、「古いほうのOM-Dあげようか?」「おいおいおい、ちょっと待て。OM-D、いったい何台持ってんのよ!(笑)」という話に展開。

いや、でもわたしミラーレス買うならPENみたいなクラシックカメラ風のビジュアルのカメラが欲しい……。しかし、覚えているでしょうか。まっこさんのPENに憧れて「可愛いから欲しい!」と言ったところ「落ち着け。PENが可愛いんじゃない。まっこが可愛いんだ」と説得力のある言葉で打破されたことを。いや、まっこが可愛いのは周知の事実ですが、PENも可愛いよ!やっぱり!と思って、今さらながらPENを推してみたら、大きなゲッシさんが「いっそのこと&((&%GK00="~)'&%$にすれば?」「は?」「だから、もう>O#)(#'"%(!=~|}にすればいいじゃん?結婚10周年記念にプレゼントするよ」ごめん、そのカメラの名前、宇宙語に変換されて脳内に入ってくるのですが……。以下、次号を待つべし!

見知らぬカメラ

我が家には突然、見知らぬカメラが出現します。

結婚したての時には一眼デジはPENTAX、サブ機はRICHOのGRシリーズだったはずが、いつのまにか一眼デジはCANON、サブ機はOLYMPUSに。しかも、本当に知らぬ間に!テーブルの上にピカピカの知らない大きなカメラがあるとビックリします。

たしかにCANONの導入は覚えています。プチ花ちゃんが爆誕する前日、愛育病院の面会時間20時ギリギリまで病室にいた大きなゲッシさん。さんざんMARK ll 5DとEF24-70mm F2.8Lを欲しがっていたのですが、さすがに20時まで広尾にいたらカメラ屋さんには行かないだろうと思っていたら、我慢できずに21時まで開いているカメラ屋さんに行き、ほくほくと出産日を迎えたという(涙)そんな経緯のお迎えでしたが、いつのまにRICHOがOLYMPUSに!?

iPhone&画像加工アプリを覚えてからはサブ機を使う機会もなくなっていたので、いつのまにかOLYMPUSが増えていることに気づきませんでした。このカメラにしても触ったことない〜。すっかりピピ家カメラ事情にうとくなっていたのでありました。そんなわたしの今の愛機は60Dです♪

素晴らしき哉、ライカマウント
とうとう家にやってきました、GXRに装着するライカマウント。
これをつけると、なんとリコーのGXRにPENTAXのレンズをつけることができるようになるです。ああ、これでレンズ庫に眠る数々のレンズたちを起こしてあげられる♪
そして、ずっとずっと小さな一眼デジが欲しかったわたし。
特に激しく気持ちが動かされたカメラは、OLYMPUS PEN E-P2(白×茶革)、PENTAX Q(白)の2つだったのですが、前者はまっこさんが後者はchoiさんが購入されたので、ノドから手が出るほど欲しいFREITAGも友達が持っていてくれれば何故か安心なように、このふたりが買ってくれたなら、わたしは買わなくても大丈夫!と、わけのわからぬ理由で溜飲をさげていたのでした。
25m.jpg

そんなわたしの心の紆余曲折はさておき、ライカマウントを装着したGXRには、大好きなちょっと変わった古いマニュアルレンズをつけてもらいました。
レンズのクラシックな感じがGXRの無骨なデザインと相まって、欲しかったクラシックを模した一眼デジみたいで、本当に可愛いらしい。なでなで。
しかもF1.2の明るくて、ピントが合う範囲が狭い(きっと言い方があるんだと思うのですが、カメラ用語がまったく覚えられなくてw)写り方が非常に気持ちいいです。
ただし、自分でピントを合わせないといけないので、動くプチ花ちゃんやポピコを撮るのは至難の技w
25m2.jpg

ただし、グースカ寝ているポピコなら大丈夫。
GXRで撮ったポピコは、オツムにピントがきています。
(他には昨日のシャンチョビトースト1枚目、一昨日のシナモンロールの写真はGXRで撮っています)
実は、他の小型一眼が出た時に「それでもー!どうしても欲しいー!なんなら勝手に買っちゃうー!」と、ならなかったのには理由があります。それはGXRの色味が恐ろしいほど、わたしの好みだったからです。
なんというか、秋っぽい透明感のある、あっさりした色味なのです。そのままの色でもキレイだし、わたしがコテコテと色をいじるのにも最適な主張のない色味で、それはそれは使い勝手良く思っていたのでした。
このポピコも、なんとキレイな色のことか。ライカマウントさん、ありがとう!
25p.jpg