<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
グーグル電話

昨日は大きなゲッシさんのお母さんでしたが、今日はうちの母のお話です。腰を痛めて自由に動けない母のコミュニケーションの支えは携帯電話。それが壊れたーと半泣きで電話してきました。さぞ心細かろう。

プリペイド電話がほしいというのですが、そんな根本的な解決にならないことをしても仕方ない。しかも借りたら返さなければいけないので二度手間。なので即刻Docomoショップに馳せ参じ、ケータイの機種変更をすることになりました。

取り出したりますは、大きなゲッシさんがもらってきた楽しい玩具GooglePhoneの匣。で、スマホに機種変更をしちゃおうと思ったのですが、立ち上げて触っているうちに気がつきました。絶対に無理。アプリという概念が絶望的に理解できない母には、単独の機能しか持たないものを渡したほうがいい。電話をしてみると「同じケータイがいい」とのこと。古い機種だから同じのはもうないと思いますが、後継機はあるはず。

 

さっそくDocomoショップに行って事情を話してみると、本人が当該の電話番号に出られて、わたしの身分証明さえできれば、代理人でも委任状なしに即日、機種変更ができることがわかって、ひと安心。

夕方、新しいケータイをゲットして病室に届けると、同じシニア向けガラケーの後継機にも関わらず、電話をかけるのも受けるのも手こずっている母。よかった、スマホにしなくって。

ちなみに母の頭はまだピンシャンとしていて、ベッドのうえの起きられない状態でも大きなゲッシさんの困りごとを「それはわたしがやってあげるから」と解決したりするゴッドマザーぶりを見せつけてくれるので、機械そのものが苦手なよう。

自分が使っていくテクノロジーが少しづつ変化するのには遅れなければいいだけですが、突然、出現してきたテクノロジーを1から理解するのは大変だろうな。わたしの場合、仕事でパソコンがあって、iPadがあって、そこからのスマホだったので使えるけど、おばあさんになって全く知らない、畑違いのテクノロジーが日常の中に出現してきて、それを普通に使えと言われても難しそう。ちなみにはわたしはクラウドを使いこなせていません。明日はわが身w

ポケモン剣盾

ポケモンソード・シールドの発売日。

朝からママ友たちと飲みに行き(わたしはお茶w)帰りに予約していたソフトをピックアップしました。今日ポケモンのために学校を休んでいるポケ友も何人かいて、学校から行きせき切って帰ってきたプチ花ちゃんが彼らから最初に選ぶポケモンを聞くついでに進行具合も教えてもらい「くー!出遅れてるー!」と叫んでいるのがおかしい。

今回はポケモンが巨大する「ダイマックス」という現象が起こるのですが、ものすごくそれが面白くて臨場感があって楽しいです。息が長いソフトだけに初代のポケモンを遊んでいた世代が今、作り手の中心なのでしょうが、きちんとポケモンの良さを残しながらも、新しい要素を入れ、世界観も変えて進化できているのが素晴らしいと思います。わたしもすっかり剣盾ワールドにはまってしまい、おそらく当分は戻って来られないでしょう。ポケモン、毎回すごい。

悔やまれるのは直前まで遊んでいたバイオ4のこと。最終ステージまで行ったのに、クリアができないままポケモンを始めてしまいました。ポケモンはプチ花ちゃんをはじめ、みんなで遊ぶソフトなので遅れをとるわけには行かない!とはいえ、どんどん先に進む小学生と違って、ねちっこく同じ場所に留まりねちっこくレベルを上げるタイプなので、いつもみんなよりだいぶ遅れてクリアするのですがw

なにがともあれ、本日を持ちましてちょっくらポケモンワールドへ行ってきまーす!

テレビランチ

テレビを観ながら豚の角煮丼でお昼ごはん。テレビディナーならぬテレビランチですが、いつか食べてみたいアメリカのテレビディナー。きっと美味しくないんだろうけど、それがまた楽しそう。マカロニチーズやミートボールなぞ入っていたら悶絶です。

それにしても、昔はテレビをゲームモニターとしか思っていなかったわたしがドラマを観ているなんて!その変換期となったのはNHKの「あまちゃん」でした。朝が楽しみという初めての体験。その前は大河の「秀吉」まで(1996年……23年前!)遡るぐらいドラマは観ていなかったような気がします。

さて今、観ているのは「シャーロック」「ニッポンノアール」「俺の話は長い」♪

シャーロックは佐々木蔵之介が演じている刑事さんが「パトレイバー」のカミソリ後藤かっていうぐらい昼行灯でいいっ!

ニッポンノアールは捜査本部の荒れ方と部署間によって刑事同士が殴り合う感じが高村薫の小説か、映画版「マークスの山」みたいで興奮する!

俺の話は長いは「ごめん、それわたしか?わたしなのか?」というぐらい主人公の屁理屈が似ていて親近感を覚えます。

なんてドラマのことを書くのは何となくこそばゆいものですが、ちなみに少しヒヤヒヤとするような関係のママ友の集まりだと、ドラマの話が中心になって、子供の話はでません。そんな効果もあいまってドラマ観てます。

 

BIO発売日!

『ゼルダの伝説 夢をみる島』をギリギリ午前中に終わらせて、買いましたとも、今日発売のBIOHAZARD トリプルパック。4と5と6が入っています。4は独身時代だったので、どっぷりと堪能しましたが、5はプチ花ちゃんが産まれたての時に発売され、一応はXbox360で買ってはいたのですが、どうにもこうにも集中できず、また殺戮にも気がのらず5,6は遊んでいませんでした。

で、もって今なら色々あって相当に荒れていて好戦的なわたし。どんどん撃ちたいし、がんがん戦いたい。まずは一度やりこんだことがある4をサクサクと進めています。終わったら5と6に行きますが、できるかな。ドキドキです。

それにしてもSWITCHが可愛い。ふたりで共有していた時にはさして何とも思っていなかったのですが、プチ花ちゃんがピカチュウイーブイ限定版SWITCHを買って、わたし専用になってからは愛がつのるばかり。任天堂筐体の愛されキャラっぷりに、早数十年とらわれておりますw

 

ツートーン×2

まっこさんがアランチャさん×シエロさんカラー(推定)の素敵2台目SWITCHをゲットされたとINSTGRAMで拝見し、そして我が家も新家具導入のため整理の途中、SWTCHを2台並べてセッティングすることに決めたため、記念に?わたしとプチ花ちゃんSWITCHーズの写真をアップしてみます。

奥のピンク&グリーンがわたしのスプラトゥーン限定版で、手前のピカチュウ&イーブイカラーがポケモンサン&ムーン限定版♪ 任天堂のゲーム機はカラーが可愛くて限定版があるから複数所持はいたしかたなし!必然ともいう。

そんな SWITCH、いまは「ゼルダの伝説 夢をみる島」でラスボス戦のまっさいちうです。GBでやっていたあの難解炸裂モードに恐れおののき(当時、ゼルダは難しいゲームとして有名でした。主にマップのからくりが難しいのだけど戦闘もなかなか)今の反射神経ではきっとクリアできないだろうとイージーモードにしたせいか、なんともノンビリした道中でしたが、さすがにラスボス戦はややキツイ。でも来月のポケモン発売前にプチ花ちゃんに渡したいので頑張ります。

そして今月末には、BIOHZARDの4,5,6が入ったトリプルパックが!待望の……というより、待望すらしていなかったそんな夢のようなパックを発売していただけるなんて。しかもSWITCHで。最高です!4はみったり楽しんで、5と6はプチ花ちゃんが産まれてからのことで、どうにも集中できず。でも、今なら大丈夫かも。BIOHZARDはキャラの動かし方が特徴的なので、不器用なわたしは他のゲームと並行してプレイすることができないので「夢をみる島」を終えて「ブレス オブ ザ ワイルド」に戻って発売日を待ちます。嬉しいな。

発表会のお花

プチ花ちゃんのバイオリンの発表会でした。

母が入院、フランスから帰国したばかりの父も仕事とお見舞いで体調を崩し欠席なので、ちょっぴり寂しい発表会。でも、そんな時に音楽が大好きな義理の妹さんと姪っ子ちゃんが名乗り上げてくれました!昔はお友だちをいっぱい呼んで、みたいな感じでしたが、今は親族がほとんどの発表会なので、とても嬉しい。こんなに素敵なお花までいただいてしまいました。

教室のお友達と(持参のカードゲームで)遊ぶため控え室にこもってしまったプチ花ちゃんを置いて、近くのカフェで大きなゲッシさんとふたりと4人でお茶。すんごくバイオリンの上手な子や急成長を遂げた子の話から、プチ花ちゃんのあらゆる面に対するヤル気のなさの話になると、姪っ子ちゃんが「わたしと一緒」と言ってくれました。

そういや、わたしも3歳から10年ほどピアノを習っていたのですが、間違えたり手の形が悪いと竹の定規でぶつような怖い先生だったにも関わらず、ピアノの譜面台に小説を置いて読みながら弾いていたエピソードが残っているほどヤル気がなかったそうです。覚えてないけどw

ちなみに今回のお褒めの言葉は「よくピアノと合っていました」でした。以前は「きちんとお辞儀ができていて偉かったです」だったので、少しは成長……してないね♪

20m.jpg

 

さて、映像記録について。JVCのハンディビデオカメラを使っているのですが、この中に保存されるデータ形式「AVCHD」は、Macだと全データを1つのファイルにして表示してきます。なのでビデオカメラ内HDに保存だけしてきて Macに移さず、テレビにつないで観て楽しんでいたのですが、ここらへんでひとつMacにも保存しておきたい。そこですぐに家族会議。電化製品とくに記録系にはごくごく甘い我が家のこと、安易に走ったのが「新しいのを買おう!」でした。

大きなゲッシさんが運動会用のムービーカメラについてfbで聞いてみると、やっぱり子供を撮るには今わたしが使っているJVCが一番メジャーという意見を聞き、いざ新製品を!と調べてみますが、こちらでも保存形式がAVCHDのまま。ADCHDで困っているので、これじゃ買い換えの意味がない(涙)

そんなわけで、購入6年目にして重い腰を上げ、解決策をネットで検索。そして、すぐにわかりました。6年の悩みが1分で解決です。これでMacでもムービーが見られます!本当にネットの海に漂う知識人の皆さまには感謝しかありません。備忘録代わりにメモさせてください。

(1)AVCHDのファイルを右クリックし「パッケージの内容を表示」

(2)BDMVのファイルを右クリックし「パッケージの内容を表示」

(3)STREAMというフォルダを開けてみると分割された拡張子MTSのデータが出てくる。

 

晴れの音楽祭

プチ花ちゃんの小学校の音楽祭だったのですが、なんということでしょう。撮影を始めて数分でムービーの容量がいっぱいになりました……(涙)

運動会での活躍が見込めないプチ花ちゃんの晴れ舞台は学芸祭。音楽祭もまた合奏だと音大幼稚園卒を中心とした小さなオーケストラ本職勢が大活躍でプチ花ちゃんはその他大勢のピアニカやリコーダーを頑張っていました。が、今年は先生の方針が変わって合唱メイン!なんとプチ花ちゃん、ソプラノのソロと最初の言葉のひとりに選ばれていたのです。なので例年になく気合いを入れていたというのに、このテイタラク。どうしたもんやら。

危機を察知した大きなゲッシさんがCANONの巨大デジカメで動画を撮ってくれたので助かりました。とはいえピントを手動で合わせないといけないので、ズームで全体を流して撮ったりができず、ずっとプチ花ちゃんのドアップ。プチ花ちゃんのみならず学年全員が頑張っているところをくまなく見るのが好きなのです。全体のムービーはDVDを買えばいいのですが、終わった直後、興奮さめやらないうちに観られなくて残念。わたしのせいです、ごめん。

29m.jpg

夢を見るさかな

昔の生活の憧れへの延長線上に、ゲームの中のおうちもあります。

ゲームに登場するのは、たいてい1部屋、多くても2部屋しかない狭くても完結しているチリやホコリのひとつもないおうちです。超ミニマム。

無人島にたったひとつゲームを持っていいと言われたら、FF7、バイオハザード、メタルギアソリッドをおさえてこちらかもしれない、と思う『ゼルダの伝説 夢をみる島』のリメイク版が出ました。予約していたのですが、プチ花ちゃんが2日ほど溶連菌で寝込んでいたので今日やっと取りに行けました。

可愛い二頭身キャラからは想像できないほどの、胸がひん曲がるような悲しみと切なさとやるせなさに襲われるこのシリーズは、実は物語の構造が「天気の子」と同じで、結末は逆です。いざ、島に泣きに行きますかな。

バッテリー交換

2011年に買った電動アシスト自転車。ちびこいプチ花ちゃんなので、夜のお出かけや眠い時など何かと理由をつけてはまだ後ろに乗っています。

さて乗りに乗って8年目。とうとうやってきました、バッテリーの寿命が。満タンを表示しているはずが、突然ゼロになる現象が続き、(1)新しい子乗せ電動アシスト自転車を買う (2)バッテリーを新しくする、この2択で悩みながら毎日充電をして乗り切っていました。が、ここ数日バッテリーがものの5分ももたなくなり、本当に終了。長らくお疲れさまでした。

最初は新しい自転車を買おうとワクワクしていたのですが、さすがに子乗せなのはプチ花ちゃんの小学校卒業と同時に終わりにしたい。つまりその1年半のために、あえて子乗せを買う意味があるのかと悩むと同時に、とても好みの色と形の自転車があったら「子乗せでもOK!」と、そんな気持ちでおりました。で、好みのはあったのかというと、あるにはあったのですが好みの色の自転車と好みの形の自転車が別で「ああ、この形でこの色があればいいのに」という残念な結果に。

そんなわけでバッテリーを新しく購入してみました。ネットで買ったので届いてビックリ。「サイズが違う!デザインも違う!」よくみればデザインが違うのはデカールが貼ってないだけとわかり安心したのですが、奥行きのサイズが違うのはいったい……と思い調べてみたら容量が少ないタイプのようで、そうなると必然的に小さくなるそうです。こんなにサイズが違うのに自転車や充電器にはまるのか?と不安になりましたが、なぜか平気。接着面となる底が同じサイズなのかな。

なんにせよ、出先で突然バッテリーが切れる心配がなくなり、とっても快適。そしてわたしの子育てを支えに支えてくれた思い出深い愛機を最後まで使うことができそうで本当に良かった。これからも、もう少し頑張って。

素敵な台湾土産

イーブイがカパーッと口を開いてiPhoneをくわえています。

否、プチ花ちゃんiphoneの充電コードを可愛く演出してくれています。

3m2.jpg

 

こちらはお友達からの台湾旅行のお土産セットに入っていたプチ花ちゃんへのプレゼントです。何とお可愛いらしい。

お菓子からお茶から美容グッズ、オモチャまで、とってもたくさんのお土産をいただき「お土産ってこんなにすごいのか!」と、同じく那須土産を持っていたわたしは渡すのが恥ずかしくなりました。わたしはご当地の美容液シート「ルルルン」と駄菓子ぐらいなので。今回は那須なので、どちらも苺。苺の香りのシートと苺風味のミルキーです。

そして美味しい台湾のパイナップルケーキがまた食べられて嬉しい♪わたしも台湾に行きたいなー。とりあえず台湾スイーツ食べに行きたい!

3m.jpg